1. 北摂トップ
  2. くらしの情報
  3. 〈vol.3 JR西日本の「e5489」〉Web限定のオトクなきっぷがあります

〈vol.3 JR西日本の「e5489」〉Web限定のオトクなきっぷがあります

osk_column-kurasupo_logo

JR西日本・九州・四国エリアのきっぷが予約可能

これから使ってみたい人は6割以上

vol.3 JR西日本の「e5489」

読者の声を交えて、暮らしをサポートする企業やサービスについて取り上げる「暮らサポ」。今回は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」(いーごよやく)について、同社の足立大士さんに聞きました。

写真

 「e5489」で予約できるのは、山陽・九州・北陸新幹線や、JR西日本・九州・四国エリアの特急列車などのきっぷです。
 アンケート(※1)では、きっぷをインターネットで予約する人は約26%でしたが、今後利用したいと答えたのは約66%。関心の高さがうかがえます。

Qe5489を使いたいと思う理由トップ5(複数回答)

1位 駅に行かずに予約できる
67人
2位 おトクなきっぷが買える
61人
3位 今持っているクレジットカードで支払える
47人
4位 列車の変更が可能(※2)
36人
5位 会員登録が無料で簡単
31人

※1 大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・和歌山県のリビングパートナー対象「JRの特急きっぷ予約・購入」に関するアンケートから(2018年1月9日~12日、回答数126)
※2 インターネットのクレジット決済・きっぷの受け取り前なら、インターネットで何度でも変更可(対象外のきっぷあり)
※3 関西エリア1日乗り放題、大人3600円。利用期間は3月1日(木)~ 5月31日(木)。前日までに購入

QJRの新幹線・特急の予約・購入方法は?

JRの新幹線・特急の予約・購入方法は?(グラフ)

きっぷの購入で重視するのは、やっぱり割引やおトクさ

 読者が「e5489」を使ってみたい理由の第1位は「駅に行かずに予約できる」、2位は「おトクなきっぷが買える」こと。
 そんな声に対して、「通常のきっぷのほかに、例えば新大阪~鹿児島中央の“スーパー早特きっぷ”など、駅では取り扱っていないWeb限定のおトクなきっぷも増えています」と足立さん。
 さらに、そんなリビングミセスにおすすめのおトクなきっぷの1つとして、教えてくれたのが、「おとなび」会員限定きっぷ。「e5489」利用時の会員登録(無料)で、50歳以上なら、誰でも「おとなび」会員に。山陽新幹線のぞみや特急列車が3割引、山陽新幹線こだまが6割引の「おとなびWEB早特」などが利用できるそうです。
 利用日時や区間を入力したあとの検索結果の画面には、通常のきっぷやおトクなきっぷなど、複数種類が表示されることも。「きっぷによって、購入期間や利用条件などが異なるので、比較検討してご自身に合うものを選んでください」

東海道新幹線なら「スマートEX」も

 足立さんからは、東海道新幹線利用時のアドバイスも。「e5489では、東海道新幹線を含む予約もできますが、例えば新神戸~東京の新幹線に乗るような場合は、『スマートEX』を利用する方が便利です」。
 「スマートEX」とは、昨年秋から始まったインターネット予約サービスで、東海道・山陽新幹線を、ICOCAやPiTaPaなどの交通系ICカードでチケットレス乗車できるもの。こちらも年会費などは不要で、おトクな料金設定があります。

コンビニや金融機関でも支払いOK

 また、「e5489」を使ってみたい理由の第3位は「今持っているクレジットカードで支払える」こと。インターネットでの決済が気になる場合は、駅での支払いや、コンビニエンスストアや銀行のATMでの支払いという選択肢もあります。

座席表を見ながら自分で好きな席をチョイス

 読者からは“窓口で係員に予約してもらう方が簡単”“インターネットが苦手”という声もあり、使いやすさも気になるところ。ほかにも、下の別項のような疑問や意見がありました。

「e5489」についての読者の声

  • 好きな席が取れるのか知りたい(大阪市・39)
  • インターネットの必須事項を入力するのに手間取ることが。もっと簡単に入力できたら・・・(神戸市・44)
  • いつも電話で説明を聞きながら操作しています。丁寧でありがたいです(吹田市・49)

 「なるべく簡単に使っていただけるようなシステムを心がけています。帰省などで、頻繁に利用する区間がある方なら、『よく使う区間の登録』をしていただくと、初期表示されるのでスムーズ。また、座席は基本的に、シートマップ(座席表)を見ながら、ご自身でゆっくり選ぶことができます。車両ごとにお手洗いなどの設備の位置も表示されるので、ご活用ください」

「春の関西1デイパス」もe5489に新登場

 今春からは、これまで駅販売が主であった「関西1デイパス」(※3)の取り扱いもスタート。「この春は、遠方の旅行だけでなく、京都・奈良・滋賀など近場の日帰り旅も、気軽に楽しんでいただければ」
 ますます便利になりそうです。

(編集1部 草場葉子)

西日本旅客鉄道 鉄道本部 営業本部 担当課長
足立大士さん

プロフィル●あだち・ひろし。兵庫県出身。1999年入社。福知山支社企画業務課、IT本部などを経て、2017年から現職。 e5489やEXサービスなどインターネット予約の開発・運営、駅の券売機などのサービス改善を担当

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. くらしの情報
  3. 〈vol.3 JR西日本の「e5489」〉Web限定のオトクなきっぷがあります
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更