1. 北摂トップ
  2. くらしの情報
  3. 2期目がスタート 吹田市長・後藤圭二さんに聞く「これからの吹田市について」

2期目がスタート 吹田市長・後藤圭二さんに聞く「これからの吹田市について」

  • 2019/06/27 UP!

HOKUSETSU しあわせ2.0 ロゴ

2期目がスタート 吹田市長・後藤圭二さんに聞く

健康で文化的なまちを目指す

 4年前、吹田市職員から市長に就任し、JR岸辺駅前の「健都」のまちづくりの推進、中核市移行への準備、子育て支援の充実、公園や駅前開発によるまちづくりを行ってきた吹田市長・後藤圭二さん。2020年の市制施行80周年を前に、これからの吹田市について聞きました。

写真

吹田市長
後藤圭二(ごとう・けいじ)さん

1957年吹田市生まれ。東京水産大学(現 東京海洋大学)卒業後、吹田市役所に入庁し、市長室参事、環境政策室長、道路公園部長などを歴任し2014年依願退職。2015年吹田市長に就任。現在2期目。2男1女の父で、息子はお笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平さん。「実は、家族で一番面白いのは娘(笑)」

国立循環器病研究センター移転、来年度の中核市移行で健康保健に注力

「“かかりつけ”をキーワードに、高度医療との連携を」

― 新しい4年間が始まりました。これから吹田市が目指す姿を一言で。

 「命」です。普段気付かないことですが、医療、予防、保健、介護という命を守るシステムが、社会の基盤にあります。
 例えば循環器病は、もっとも緊急を要するものですが、吹田市には国立循環器病研究センターや大阪大学医学部附属病院といった高度医療機関があり、しっかり対応することができます。その上で、今後は“かかりつけ”がキーワードに。かかりつけ医から、段階を踏まえて高度医療という流れを作らないと、高度医療が機能しません。そのモデルプランを吹田市で作っていきたいですね。

― 7月には、国立循環器病研究センター(国循)の移転が控えています。

写真国循には企業・大学などと共同研究を行うオープンイノベーションセンターも整備

 「循環器病の予防と制圧」は、国循の小川久雄理事長の言葉です。今、“健康寿命の延伸〟が世間で言われ、そのために必要なことが多く説明されています。でも、吹田では、真ん中にあるのが「循環器病の予防と制圧」で、そのために大切なのは食、運動、喫煙の見直し。結果、健康寿命が延びる。国循があることで、説得力が増します。
 吹田ではすでに、国循・市民病院監修の公園や、職員を対象にしたスモークフリープロジェクトなどを実施しています。これからさらに、国循と具現化していきたいです。

― 来年4月からは中核市移行の予定も。

 準備に3年間をかけました。中核市に移行すると、吹田市立の保健所で市民の健康を守ることができます。本市の保健師たちは、吹田オリジナルの取り組みができると、手ぐすね引いて待っていますよ(笑)。

北摂の自治体、事業者と手を携えて

「柔軟に新しい考えを取り入れて」

― 2月、千里南公園にカフェがオープンし、話題になりました。

 吹田市には、ポテンシャルが高い、市管轄の公園が6つあります。でも、真夏と真冬は利用が少ないし、春と秋も紫外線が気になるでしょ。公園を365日楽しんでもらえるのは、どんな空間だろうと考えました。
 特に計画的に開発された千里ニュータウンは、集会所や公民館を借りないと、隣近所の人と会える場がない。それなら公園に空間を作ろうと考えたら、カフェ以外思い浮かばなかったんです。

写真千里南公園にできたカフェレストラン「bird tree(バードツリー)」

― これから、まちの表情が変わってきますね。

 現在、市内6つの公園を、それぞれの性格に合わせて色分けしてもらっています。それによって、展開する空間も変わってきます。こちらが企画を立てて、市が事業者を募集し、コンペをする。千里南公園のカフェで吹田市がしたことは、地面を整備しただけです。
 行政が門戸を開いたら、世の中にはなんぼでもアイデアがある。行政だけで、デザイン性が高いことをするには、限界があります。これは、今後のまちづくりのヒントになると思っています。
 また、北摂の自治体連携にも注目を。各自治体の強みを持ち寄って、さらにいい北摂エリアにしていきたいですね。

― 来年は市制施行80周年を迎えます。

 10年後に見直したときに「80周年のときにクサビを打ったね」とわかる、あとに残せることを、この機会にやりたい。市民と一緒に考えていきたいです。

(編集部 柄谷智子)

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. くらしの情報
  3. 2期目がスタート 吹田市長・後藤圭二さんに聞く「これからの吹田市について」
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更