1. 北摂トップ
  2. 教育
  3. 大阪府立北千里高等学校校長 西山兆子さんに聞きました

大阪府立北千里高等学校校長 西山兆子さんに聞きました

大阪府立北千里高等学校校長 西山兆子さん
充実の教育環境で学び・体験し・感じて、挑戦できる人へ【北摂の教育人】

SONY DSC
北千里高校学校校長の西山兆子さん
中間・期末考査にみっちり2週間の学習サポート
阪急北千里駅から北へ約1㎞。閑静な住宅街に寄り添うようにたたずむ、大阪府立北千里高等学校。1978年創立、今年で41年目になる同校で、2017年に初の女性校長に就任したのが西山兆子さんです。
「自然に恵まれた落ち着いた環境で、週2回の7時間授業、探究学習への取り組み、学習強化週間の実施と、充実した教育を実現できています」と西山さんは話します。

学習強化週間とは、中間・期末考査の前の1週間と、試験中の1週間の合わせて2週間に、質問会・補講習を開催し、教員や大学生が自習のサポートを行う、土曜学習会を開催するというもの。
「この期間は、かなりの数の生徒が質問にきます。2週間の間には土・日曜もはさむわけですが、土曜日は『土曜自習室』として自習ができるよう環境を整えています。多くの教員も出勤し、質問に答える風景が見られます。食堂は冷暖房完備ですので、教室だけでなく食堂を利用して実習する生徒も多く、グループでわからないところを教えあったりしています」


北千里エリアでできる連携を積極的に

 wクリーン作戦
千里けやきロード・正門付近を清掃する生徒たち。地域連携の一環で恒例となっています。
長年にわたるこの活動が認められ、平成30年度「こころの再生」府民運動@スクール表彰の表彰校になりました

地域連携への取り組みも非常に盛んで、参加する生徒の数も、数百人規模にのぼります。
「本校運動部、文化部の部員がクリーン作戦を行ったり、北千里の駅前の商店街とディオスさんの秋祭りに参加したり。お祭りにでは、吹奏楽部、ダンス部、科学部などクラブごとに演奏、ダンス、実験といったパフォーマンスを披露しています」
このほか、吹田市のイベント「千里の竹あかり」にも参加。
「ちょうど北公園で行われている優美なイベントで、竹を設置し、薄暗くなったところで本校のダンス部・吹奏楽部が参加させてもらっています。昨年は台風の影響でイベントが中止になってしまい残念でした」
さらに、国立循環器病研究センター(※)に入院する子どもたちに付き添う家族のための宿泊施設〝ドナルド・マクドナルド・ハウス・おおさか・すいた〟でのボランティアにも参加。
※1977年6月、北千里に開設された国立循環器病研究センターは、2019年7月にJR岸辺駅前移転。これに伴って、ドナルド・マクドナルド・ハウス・おおさか・すいたの移転も決まっています

w地域貢献マクドハウス
ドナルド・マクドナルド・ハウス・おおさか・すいたで吹奏楽部が演奏
wイルミネーション作成風景

wイルミネーション
2017年冬の「スノーナイトイルミネーションdios北千里」では、吹田環境学習協会と北千里高生が協力し、竹のイルミネーションを設置しました


台湾やイギリスとの国際交流も

地域との交流のほかに、国際交流も力を入れています。
「台湾の永春高級中学校と姉妹校提携をしていますので、毎年6月に30人ぐらいの生徒が本校に来られます。歓迎行事や授業への参加で交流し、ホームステイ体験をしていただく。そして、12月には本校の生徒が永春高級中学校へ行き、授業を受け、ホームステイをさせていただく。これをずっと継続してやっていますね。本校での授業は日本語で行いますので、スクールバディを募集して、永春生に英語で授業の内容を説明します。生徒は一生懸命です。慣れない英語ですが、こういう体験から、言葉を伝えるためには英語を勉強しないといけないというモチベーションが高くなると思います。ホームステイもそうで、日本文化を紹介したり、台湾の文化について教えてもらったり、流行の音楽とか、漫画の話とか、やはり高校生ならではの会話があると思うんですね。お互いに交流するなかでつながりが生まれています」

さらに、夏休みにはイギリスへの語学研修を実施。
「これは2週間と長めなんですが、世界各国から英語を母語としないイタリア・フランス・中国などの生徒が集まる学校なのがいいんですよ。スポーツや音楽、ダンスなどのアクティビティーもあり、滞在はホームステイです。英語力の強化はもちろんなのですが、異文化理解も図れるので、これからも続けていきたいですね」

w永春高校来日記念写真
永春高級中学校の来校を記念して

探究活動のための部屋や図書館改革にも着手
昨年は、探究学習ができるように、環境整備を行いました。
「チームで探究的な取り組みができるよう、可動式の机と椅子を入れて、探究教室をつくり、WiーFiも整備しました。本年度は、図書室ですね。これまでは本を貸出しするだけでしたので、あまり活用できていなかったんです。Wi-Fi整備と大型スクリーン、プロジェクターを導入し、可動式の机や椅子を入れ、書架の整理をして、多機能な学習スペースに変えていきたい」

西山校長からのメッセージ

10代の頃に、クラブでもめたとか、友だちとうまくいかないとか、こうしたいんだけどなかなかみんなついてきてくれないとか、そういうちょっと苦しい体験をするのって、いいことだと思っています。そうした経験があるのとないのでは、社会に出たとき同様のことが起こった場合のダメージが少ないと思うからです。
本校では、「自らの個性を磨き、激動する社会に対応できる活力ある人材」を育成することを学校目標としています。そういう自らの能力をしっかりと自分で切り開く力、これを育てたいと思っています。人生は一度きり。引っ込んでばかりいて「私できない」「僕はできない」とできない世界にいるよりも「こんなんできるかもしれない」「あんなんできるかもしれない」とチャレンジして、自分の道を切り開いた方が人生楽しい。そういう人であってほしいなと思っています。

校長先生お薦めの本

青い鳥重松 清著
これから教師を目指す人には、ぜひ読んでもらいたいです。生徒との向き合い方も素晴らしいし、生徒への愛情にあふれていて、こんな先生がいたら!と素直に感動できる一冊です。

自分の小さな「箱」から脱出する方法アービンジャー インスティチュート著、 金森 重樹 著、冨永 星著
ビジネス書ではありますが、どんな立場の人が読んでも何かしらのヒントを得られる本です。対話が多く、読みやすく理解しやすいので、高校生や若い世代の方々にお薦めしたい。これからのキャリアや生き方を考えるうえで、きっと役に立つ一冊になると思いますよ。

府立北千里高等学校
https://kitasenri.ed.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 教育
  3. 大阪府立北千里高等学校校長 西山兆子さんに聞きました
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更