1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 家のコンロで炭火炊き!?宇宙開発にも使われるカーボンの調理器具をキッチンスタジオでチェックしてきました

家のコンロで炭火炊き!?宇宙開発にも使われるカーボンの調理器具をキッチンスタジオでチェックしてきました

宇宙開発にも使われるカーボンを調理器具に応用し、世界のデザイン賞を多数受賞している穴織カーボンのANAORI CARBON KITCHENWARE(アナオリ カーボン キッチンウェア)シリーズ。
そんな製品を、気軽に見てさわって体験できる、ショールーム&キッチンスタジオが、5月10日、茨木市畑田町にある穴織カーボン本社2階にオープン。オープニングパーティーに参加してきました。
●IMG_1580

天井が高くて、レンガ調のオシャレな空間。大型モニターには製品の紹介映像が流れていました。ここがショールームでもあり、キッチンスタジオになるそうです。
IMG_1577
ショーケースの上がキッチンになっています。オープンスタイルで、どんなふうに調理器具を使っているのかよく見えますね。

世界でデザイン賞を受賞する
アナオリ カーボン ポット

穴織カーボンは、工業用カーボングラファイト、カーボンファイバー製品の加工で、50年以上技術力を磨いてきたモノづくり企業。20年以上前から、カーボン素材をいかした調理器具の研究に取り組み、大手家電メーカーの高級炊飯器の内釜に採用され大ヒット。そこから10年かけて独自の開発を進め、完成したのがアナオリ カーボン ポットです。
●IMG_1592
「アナオリ カーボン ポット OVAL(オーバル)」(7万円・税別)。お米2~3合を炊くのにちょうどよい大きさ。底面がもりあがっているので、中でお米が対流するそうです。甘みが引き出されて、ふっくらコシのある炭火で炊いたようなご飯が、家で手軽に炊けるそうですよ。

純度99.9%の炭素体を削り出して成形しているので、カーブがなめらかだし、色もキレイですね。取っ手がないので、このままテーブルに出して食器としても使えそう。2016年の販売開始以来、世界規模のデザイン賞で13冠、国際アワードでは15冠を達成しています。

高い熱伝導性があり、素早くムラなく加熱できるのが特徴。さらに遠赤外線効果も高く、食材のおいしさをギューっと閉じ込めて調理できるのがポイント。
パーティーでは、「OVAL」で煮たお魚を使ったカナッペ料理を頂きましたが、「骨はどこ?!」というくらい柔らかくて、味が濃厚で美味しかったです~。
●IMG_1575

●IMG_1581
こちらは「アナオリ カーボンポット VOL.(ボリューム)」(4万円・税別)。底面がフラットなので、「焼く」「炒める」にも適しているとのこと。密閉性が高いので、素材の甘みや旨みを引き出してくれる無水調理もできるそうです。

お話を伺った社員さんによると「ニンジン嫌いだったうちの息子が、これで調理したら〝おいしい!〟と喜んで食べてくれるようになった」とのこと。無水調理された野菜によって、食材本来のおいしさが感じられたのでしょうか。いい話や~。
ちなみに、なぜ「VOL.」(ボリューム)かというと、デザインがオーディオのボリュームノブをイメージしているからだとか。作り手のセンスをビシビシ感じます。

グリルパンや
ココットも登場

●IMG_1588
こちらはグリルパンで、左が「アナオリ カーボングリル JET」(3万9500円・税別)。右が「アナオリ カーボングリル JAZZ」(3万6500円・税別)です。

●IMG_1597
「JET」で鶏肉を焼いている様子。熱伝導率が良いことで温度が下がりにくく、焼き上がりもあっという間。表面は香ばしく、中はとってもふっくらしてジューシーでした。シェフ曰く、高級なお肉よりもリーズナブルなお肉の方が、焼き上がりの味の差がはっきりわかるそうですよ。

●IMG_1593
少し小さめのカワイイこちらは、「アナオリ カーボンココット RINGO」(2万5500円・税別)。名前の通り、焼きりんごを作ると超絶おいしいそうです。

●IMG_1574
パンやチーズケーキもオーブンを使わずに作れるそうで、「RINGO」全体から熱が伝わり、側面にもこんがり色がついています。こぶりで丸い筒状のパンはサイズ感もいいですね。こんな風にいろんな種類を作ってみたくなります。

調理器具は毎日使うものですし、購入するならやっぱり実際にさわってみて吟味したいですよね。実は最初「お鍋で7万円か…」と思っていたのですが、実際に調理をしているところを見たり、試食させていただくと、「これなら7万円でもほしいかも!」と感じました。また、お鍋やグリルパンに取っ手が無いのは、デザイン性重視の意味合いも強く、確かにこのままテーブルに出すと、華やかになって、「ご馳走感」が盛り上がりますね。
帰りには、「まずはココットから買ってみるか…」とかなり気持ちが傾いていたのでした。

新たにオープンしたショールーム&キッチンスタジオで、今後は調理のデモンストレーションや、特別講師によるパン教室(予約制)などが予定されているそうです。
詳細はHPで確認を

穴織カーボン
ショールーム&キッチンスタジオ
茨木市畑田町6-20
TEL:072-626-1120

https://www.anaoricarbon.com

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 家のコンロで炭火炊き!?宇宙開発にも使われるカーボンの調理器具をキッチンスタジオでチェックしてきました
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更