1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 話題の「チーズティ」をJR大阪駅構内で。パイフェイスの新商品を食べてみた、飲んでみた!

話題の「チーズティ」をJR大阪駅構内で。パイフェイスの新商品を食べてみた、飲んでみた!

話題の「チーズティ」をJR大阪駅構内で。パイフェイスの新商品を食べてみた、飲んでみた!

ダスキンが運営する、オーストラリア生まれのパイ専門店「パイフェイス」の新商品を持って、広報さんが事務所に来てくれました。さっそく、編集Kが実食レポートをお届けします。

角煮がゴロリ、ピリ辛パイはビールがほしくなる!

06_パイ イメージカット▲6月の新商品はスパイシーな「麻辣(マーラー)ポーク」421円(写真右)と、さわやかな味わいの「ソルティレモン」345円(同左)の2種類です(写真提供 ダスキン)。

今回は「麻辣ポーク」をいただきました。カットすると、存在感のある豚の角煮が現れます。写真通り、期待を裏切りません。
角煮と花椒のピリ辛風味が絶妙な肉みそ、インゲンが入った麻辣ポークパイは、1つで大満足。ビールにぴったりの味でした。編集部では「この味とボリュームで、1個421円はお値打ち」という声も。

「ソルティレモン」は、クリームチーズベースのクリームに、イタリア産のレモン果汁とスペイン産のレモンピール、そしてアクセントに塩が少し入っているそう。編集Kはパイフェイスのスイーツパイが大好きなので、今度お店で食べてみたいと思います。

 

07_パイ イメージカット▲7月1日(月)からは、「夏野菜とベーコンのサルサ」421円(写真左)と「ゴールデンパインパッションクリーム」345円(同右)がお目見えします(写真提供 ダスキン)。

「夏野菜とベーコンのサルサ」は、ダイスカットにしたズッキーニとナス、そして大きめにカットした厚切りベーコンを、サルサソースであえた具が中に。「ゴールデンパインパッションクリーム」は、大きなゴールデンパインとパッションフルーツクリームがイン! 7月の新商品も、今から発売が待ち遠しいですね。


タピオカ入り「チーズティ」を飲んでみました

今回の新商品で、実は一番気になったのは「チーズティ」。

download
▲「チーズティ タピオカミルクティ」(写真左)、「チーズティ タピオカ抹茶ミルク」(同右)どちらも561円(写真提供 ダスキン)

タピオカ入りのミルクティと抹茶ミルクにチーズクリームをトッピングしたもの。チーズとお茶を組み合わせると、どうなるの!? 「飲んでみると、違和感ありませんよ。パイフェイスのチーズティは、チーズクリームに濃度があるのが特徴です」と広報さん。

そこまで聞いたら、飲んでみたい! というわけで、JR大阪駅構内にあるエキマルシェ大阪のショップに行ってきました。

★DSC05244今回はミルクティをチョイス。 広報さんから聞いていたおいしい飲み方は…。
〈1〉まず、チーズクリームをそのまま味わう
〈2〉ストローを奥までさして、タピオカドリンクを味わう
〈3〉チーズクリームとタピオカドリンクを混ぜて味わう

というわけで、まずはチーズクリームから。ストローでクリームだけ味わうと、少し塩気があるチーズの味が口にひろがります。あら、おいしい。
お次はタピオカドリンクを。ちょっと甘いミルクティに、食べごたえのあるサイズのタピオカがたまりません。そしてチーズクリームとミルクティを一緒に飲むと、チーズの風味が控えめで、新しいスイーツに出会った感じです。混ざりあった具合で、味わいが変わるので飽きませんでした。次回はチーズティ タピオカ抹茶ミルクかな~。

Pie face エキマルシェ大阪ショップ
住所:大阪市北区梅田3-1-1、エキマルシェ大阪 Marche’s Kitchenゾーン
https://www.facebook.com/piefacejp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 話題の「チーズティ」をJR大阪駅構内で。パイフェイスの新商品を食べてみた、飲んでみた!
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更