1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. ドラレコにペダル踏み間違い対応装置などドライブの安全対策

ドラレコにペダル踏み間違い対応装置などドライブの安全対策

  • 2019/07/18 UP!
夏の長距離運転前にチェック! ドライブのもしも…に備える安全対策
 帰省や旅行などロングドライブの機会が増える夏。リビングWebのアンケート(※)では、20代~60代の女性117人のうち「自分の運転でひやりとしたことがある人」が77.4%に。安全対策を調べてみました。
※6月13日~19日にリビングWebで実施した「車の安全対策」アンケートから。有効回答数193人
画像
ドラレコはいざというときの証拠として心強い味方です 読者の河嶋みどりさん(豊中市)
多彩なドラレコや居眠り対策商品も登場
 アンケートでは、車を所有している158人のうち、6割が未装備のドライブレコーダー。「2017年度には数量ベースで前年比約1.5倍、以降も購入が増えています。事故対策以外にも、旅の映像の記録という楽しみとして活用されていますよ」とオートバックスセブンIR・広報部の石井匠さん。
 撮影範囲は前方▽前後方▽360度の3タイプ。商品選びでは、画質のよさ、急ブレーキや衝突事故など、クルマの速度の大きな変化を検知してくれる「Gセンサー」搭載の有無、正確な時間、走行速度、位置情報を記録できる「GPS」機能の有無など、必要に応じて選択が必要です。金額の相場は前方カメラのみで1万円~3万円台(要別途工賃)。
 そのほかの安全対策商品では、「ダッシュボードなどに取り付けたセンサーカメラが、ドライバーの目の動きを捉え、居眠りや脇見運転時にアラームとLEDライトで注意喚起を行う装置も注目を集めています」と教えてくれました。
画像
ドライバ―の目の動きを捉えて注意喚起する「居眠りウォッチャーひとみちゃん」※写真はオートバックスセブン提供
オートバックスセブンIR・広報部の石井さんに聞いた
ドライブレコーダー プチ情報
“ドラレコ”の画質
高画質になればナンバーの読み取りもできる
 “HD”か“フルHD”が多くなっていますが、メーカーによってはフルHDを超える画質の商品も出てきています。高画質になれば、ナンバーの読み取りなども容易になり、いざ、何かあった時の証拠として、提示しやすくなります。
 また、最近は逆光を補正する機能(HDR・WDR)もあり、夜間もきれいな映像が残せます。例えば、暗いトンネルから外に出る瞬間、視界が真っ白になることがありますが、これは人間の目だけではなく、カメラにも起こる現象です。HDR・WDRつきのドライブレコーダーはこの映像が真っ白になってしまう現象も抑えてくれます。
“ドラレコ”にあるGセンサーって?
これがあれば事故の瞬間を確実に映像に残せる
 “G”は「加速度」のこと。急ブレーキや衝突事故など、クルマの速度の大きな変化を検知してくれる機能です。
 ドライブレコーダーはSDカードの容量がいっぱいになると、古い動画から上書きされていきます。しかし、Gセンサーつきのドライブレコーダーであれば、衝撃を感じたその前後数十秒間の録画を、別のフォルダに保存してくれるので、確実に事故の瞬間を残せます。
“ドラレコ”にGPSがあれば
証拠能力が高まる
 事故発生時は詳しい状況が分かるほど証拠能力が高まります。GPS受信ができるモデルは、正確な時間や走行速度、位置情報を記録できます。
後付けできる踏み間違い加速抑制装置も話題
画像
トヨタ「踏み間違い加速抑制システム」 5万5080円 ※取り付け費など諸費用は別途
 トヨタ自動車では、ペダル踏み間違い事故への対策として、後付けができる「踏み間違い加速抑制システム」を、年内に12車種まで拡大することに。
 このシステムは、車両の前後4カ所に取り付けた超音波センサーが、約3m内の障害物を検知して、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまうと、加速を抑制して衝突被害の軽減を担うもの。
 同社広報によると「今年4月末時点で販売実績は1660台に。高齢ドライバーや、運転に不安のある若いドライバーの家族が購入されていると聞きます」。
 そのほか、国産車に対応した急発進防止装置もオートバックスなどで販売中。ちなみに、オートバックスで販売している「ペダルの見張り番」および「ペダルの見張り番Ⅱ」は、非常に多くの問い合わせがあり、今年6月の販売数量は前年比の35倍だったそう。安心・安全への意識の高まりが、広がりを見せています。
JAFに聞きました
夏のドライブの注意点
夏に多いトラブルについて
JAF(日本自動車連盟)広報部の秋本安香さんに聞きました。
画像
高速道路の救援要請のトップはパンク
 「昨年のお盆期間中(8月11日~19日)、高速道路での救援要請のうち最も多いのが“パンク”(1292件・全体の36.48%)、次いで“燃料切れ”(381件・全体の10.76%)でした」と秋本さん。出発前に、タイヤのすり減りやひび割れがないか、また空気圧が不足していないかの確認を。燃料切れを防ぐには、早めの給油を心がけて。パーキングエリアにガソリンスタンドがなかった、閉店していたなどのケースもあります。車内熱中症事故にも注意を。2017年8月の1カ月間で、「キー閉じ込み」の救援のうち、子どもやペットが車内に残されたままのケースは全国で170件に上りました。
ウォッシャー液やライトのチェック方法なども紹介
JAF「私にもできるマイカー点検」を参考に
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. ドラレコにペダル踏み間違い対応装置などドライブの安全対策
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更