1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 【北摂のお金2.0】豊中・池田・箕面での買い物・ふるさと納税の取り組み

【北摂のお金2.0】豊中・池田・箕面での買い物・ふるさと納税の取り組み

HOKUSETSUしあわせ2.0

【北摂のお金2.0】
地元貢献ができるお得マネー

 消費税10%が導入されて1カ月。北摂では、地元での買い物促進、自治体は税収アップを目指して奮闘中! 北摂マネーの今を紹介します。

写真

多くのお店でメルペイが使える岡町・桜塚商店街

キャッシュレス、豊中の商店街でも

 増税の緩和策として、国が進めているキャッシュレス決済。岡町・桜塚商店街(豊中市中桜塚)では、今夏、メルペイを一斉導入し、75店舗が参加しています。メルペイはチャージ(入金)をして使用するほか、メルカリの売上金を、メルペイが使える市内のお店で支払いに使うこともできます。実は豊中市は、大阪府内でメルカリの売上額が1位。「市内には高齢のメルカリ利用者も多い。保有ポイントを地元で使ってもらえれば」と導入のきっかけを話すのは、同商店街広報担当の藤野秀樹さん。7月には、キャッシュレス決済ができる全国初の夜店イベントも開催し、利用促進に努めています。

 同様に、商店会としてキャッシュレス決済の導入を進めているのが「せんちゅうパル」(豊中市新千里東町)。事務局の呼びかけで、各種電子マネーなどを20数店が導入しています。「当初は消極的だった店主も、界隈で導入が進む中、前向きに」と事務局の十亀弘さん。

各種手数料も電子マネーで

 豊中市では、キャッシュレス決済を、2020年3月から開始予定。一部の証明手数料などが、電子マネーでも支払えるように。

 箕面市は、今年4月にメルカリ、メルペイと包括連携協定を締結し、現在、具体的な内容を検討中。締結時には、キャッシュレス化の推進や、行政サービスの効率化などを掲げています。

“池田市産”の購入促進にスタンプラリー

 池田商工会議所では、池田市産の商品やサービスをPRする「池もんフェア2019」を12月31日(火)まで開催中。今年は市制施行80周年記念、そして、増税後の買い控えを打破し、地域経済を活性化させるため、新たにスタンプラリーを導入しました。

 市内参加店(48店舗)を利用後、店頭の二次元コードを撮影してスタンプを取得。3店舗分で全員にランチトート、4店舗分を集めると抽選で100人にオリジナルブランケットがもらえます。「利用者にはお得感と地元への愛着を、店にとっては新規客の開拓につながれば」と、同商工会議所の岩尾俊明さん。

電話072-751-3344(池田商工会議所)。

写真

商工会議所のHPからアクセス。スタンプラリーを楽しんで

写真

プレゼントの同市観光大使ひよこちゃんオリジナルランチトートとブランケット。※両商品、後日郵送

北摂の魅力を「ふるさと納税」で再発見

 6月の法改正で注目された「ふるさと納税」。支援したい自治体やその取り組みに直接寄附ができ、地域ならではの返礼品や所得控除などのお得感を味わえるのも話題です。地元でも魅力ある取り組みが始まっています。

豊中市は約100品を一挙にラインアップ

 9月末、ふるさと納税の返礼品約100品を発表した豊中市。「全国に豊中をPRし、さらに寄附金を確保できる絶好のチャンス」と、話すのは、同市財政課の長尾元明さん。豊中商工会議所と連携し、事業者に働きかけ、魅力的な返礼品がそろいました。

 目玉はコラボ。市内のミセスが開発したヒット商品「ルカコ」の抱っこひも収納カバーは、「クロックワークスタジオ」の革と帆布のバッグや母子手帳ケースがセットに。また、「鯖や」の焼きさば寿司、「太鼓亭」のきつねうどん、「玄華屋」のコロッケがタッグを組んだ「豊中専門店特選セット」も。返礼品の拡充で、昨年度の倍額5000万円の寄附を目指します。

豊中市財政課 電話06-6858-2124

写真

豊中専門店特選セット

写真

ルカコ、クロックワークスタジオのコラボセット

7月には猫の去勢・不妊費を応援

 同市では、地域課題解決のための寄附にも大きな反響が。のら猫の去勢・不妊費助成を応援する寄附を7月~9月に呼びかけ、100万円の目標額を上回る約140万円を達成。助成金5000円を1万円に増額し、200匹の猫を対象に支援を行います。

箕面の豊かな自然を楽しむ体験モノも

 返礼品の拡充に注力する箕面市では、4月以降、7件の返礼品が仲間入り。箕面大滝がある明治の森箕面国定公園内の料理旅館「音羽山荘」のディナーペアチケットや、市内北部にあるスノーピーク箕面での一泊二日の手ぶらキャンプといった、箕面を体感できるものも。

 セレクトショップ「アーバンリサーチ」の収納バッグ(写真)も、ニューフェイス。廃棄衣類を加工したアップサイクルで、市内の就労困難者を支援するNPO法人「暮らしづくりネットワーク北芝」が縫製・仕上げを担当しています。「箕面ブランドとして返礼品に選ばれたことは、作り手の励みになります」と、同団体の尼野千絵さん。

箕面市箕面営業室 電話072-724-6905

写真

北摂のふるさと納税News

 法改正で池田市の返礼品から除外された「チキンラーメンセット」を復活させたいと、市民が立ち上がりました。9月には、5942人の署名を集めて市議会に提出、関係機関への働きかけを要望しています。「発祥地の誇り」と市民が愛するチキンラーメン、今後の動向に注目です。

写真

返礼品から除外された池田市の「チキンラーメンセット」。返礼品の希望7割を占めていたほど人気

 吹田市のふるさと納税は、市民活動や子育て支援、地域福祉、環境まちづくりなど、分野ごとに基金を設け寄附を募集しています。今年度は、建物が国の重要文化財に指定されている「旧西尾家住宅」の修繕を目的とした基金を設立。5000万円を目標に、寄附を呼びかけます。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 特集
  3. 【北摂のお金2.0】豊中・池田・箕面での買い物・ふるさと納税の取り組み
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更