1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 〝オモロイ〟未来へ 大阪大学・中村昌平さん【北摂しあわせ2.0】

〝オモロイ〟未来へ 大阪大学・中村昌平さん【北摂しあわせ2.0】

IMG_0197henkou

<Profile>

産学連携助教・特任研究員 中村 昌平さん
1985年 三重県鈴鹿市生まれ。O型。豊中在住。2008年 大阪大学工学部卒業。2010年 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程卒業。大阪大学共創機構 産学共創本部で産官学民共創プロジェクトの組成とイノベーション教育に携わる。

近頃なにかとよく聞く「産官学」。日本中の大学で、企業や自治体と共に、社会課題を解決するサービスや、新しい商品が開発されています。

大阪大学でも「共に創る頂」というテーマを掲げ、昨年4月「産学共創本部」を設立。 3本の柱を軸に取り組みをすすめています。

1つめ。 学内シーズの実用化に向けた支援
大学での研究成果の発信や、研究室の公的資金獲得のサポートなどを行っています。

2つめ。 企業ニーズを踏まえたコーディネート
「こんな技術を探している!」という相談や、共同研究、特許ライセンスなどの相談を受け付けています。

3つめ。産官学民共創イノベーションブリッジ拠点の構築
産業界(民間企業)、学校(教育・研究機関)、官公庁(国・地方自治体)、民間(地域住民・NPO)が一体になる架け橋を作り、アイディアやテーマを創出。

色々と難しいことを書いてしまいましたが、大阪大学の共創イノベーションの特徴は、
1対1の連携ではなく、複数の大学、企業、地域社会が連携する点。
国内外のステークホルダーをまとめて、イノベーションを加速させています。

オモロイ未来ってどんな世界? ワクワクする5つのアイディア

こちらの部署で、産学連携助教・特任研究員として勤務をされている中村さん。
「オモロイ未来」を創り出すサロン、「Joyous Future Salon」をコーディネートされています。
Joyous Future Salonは、オモロイ未来(Joyous Future)を創り出すために、研究者・学生・企業人がイノベーションを創る技法を学ぶところ。

 

昨年度のテーマは、「20年後のアクティブタウンを考える」
大阪大学、吹田市、ミズノ、竹中工務店、医療用医薬品のマルホなどが参画して、人と人が話したくなる街「ハイテク縁側」や、車がなく、エネルギーを自給自足する「ジャングルタウン」など〝オモロイ〟アイディアが集まりました。

↓ 成果発表ムービーはコチラ。

テーマパーク構想をカタチに 「池田市研究×まちづくりサロン」スタート

2018年度は、未来共創思考サロンとして「池田市 研究 × まちづくり サロン」を開催します。池田市で策定されているテーマパーク構想を背景に、市民・市職員・研究者・学生・ 企業が参加して、地域課題を共有。池田市でのフィールドワークなども行いながら、まちの未来をカタチにしていきます。

詳細はコチラ → http://www.uic.osaka-u.ac.jp/event/2920/

中村さんも〝オモロイ〟ヒトだった!

中村さんは、三重県出身。大学入学をきっかけに、豊中市に住むことに。
現在は、産学連携助教・特任研究員としての役割をこなしながら、国内・海外のデザインプロジェクトに複数参画。子供向けのデザイン教室もされています。

さらにさらに、サッカー教室の運営、コーチングと、本当にマルチプル! 三足のわらじをはきながら、それぞれの分野へのこだわりと、広がりがあるその姿は、
大阪大学の教育理念、「地域に生き、世界に伸びる」を体現されているかのよう。

ー人生100年時代、中村さんが考えられる「しあわせ感」とはどのようなものでしょうか。

「私にとっての、しあわせは、〝自分が好きなことができること〟〝その好きなことで人と尊重しあえる関係を築くこと〟です。
私は、さまざまな分野で、したいことをさせてもらっています。
とはいえ、デザインでも産学共創でもサッカーでも教育でも、独り善がりでは物事は進みません。人と人が相互に関係しあって初めて完成します。
その時に、尊重できる関係が生まれていることが重要だと思っています。
人生100年時代になってもそれは変わらないのではないでしょうか」

-「しあわせ感」を得るためのヒントがあればお教えてください。

「私は、一番身近にいる人にしあわせを感じてもらうことが、自分がしあわせを感じる近道だと思います。実践していることは、妻に毎日〝愛してる〟と伝えることですね」

-北摂で、好きな場所を教えてください。

「一番は、豊中の自宅です。妻の作る美味しいご飯とふかふかのベッドがあれば、だいたいなんとかなると思っています。
よく行くのは、EXPOCITYの「109シネマズ大阪エキスポシティ」。IMAX次世代レーザーをエグゼクティブシートで見て、〝たまの贅沢〟を楽しんでいます。
シンボリックで好きな場所は、やっぱり太陽の塔。最近、内部公開を見に行きましたが、もう衝撃的でした。あれは、一見の価値があると思います!!」

関連記事

未来の池田市のカタチは? 神山町に学ぶ「池田市 研究×まちづくりサロン」大阪大学

IMG_0202

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 〝オモロイ〟未来へ 大阪大学・中村昌平さん【北摂しあわせ2.0】
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更