1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 【川床料理をプレゼント】音羽鮨・田舞喜八郎会長「北摂しあわせ2.0」

【川床料理をプレゼント】音羽鮨・田舞喜八郎会長「北摂しあわせ2.0」

IMG_324<Profile>音羽代表取締役会長 田舞 喜八郎さん。 昭和22年生まれ。長崎県佐世保市出身。昭和45年9月、音羽鮨創業。昭和50年11月、 株式会社音羽設立、取締役就任。平成9年、代表取締役社長就任

創業、昭和45年。阪急沿線を中心に、京阪神に26店舗を構える音羽鮨。今回の「北摂しあわせ2.0」は、代表取締役会長の田舞喜八郎さん。
兄である田舞徳太郎さんと二人三脚で歩んだ激動の半世と〝しあわせ感
〟について聞きました。

実家の借金返済のため 15歳で丁稚奉公へ

私は長崎の出身で、父が、炭鉱関係の事業をしていました。しかし、炭鉱不況で事業が失敗、その後も、色々な事業を行ったのですが、うまくいかずに負債が増加。借金の肩代わりのために、大阪へ丁稚奉公へ行くことになりました。

中学を卒業してすぐ、先に大阪に来ていた、2つ上の兄が働いていた庄内にある寿司屋に就職。2人が働いて得た給料は返済にまわすという生活。当時はそうすることが当たり前だと思い、疑問も持たずに働いていました。
しかし徒弟制度が厳しく辛いことも沢山ありました。何度もやめようと思いましたが、借金が私たちを縛ったのです。

4年間働いて、兄が21歳、私が19歳の時、なんとか借金を返済することができ、「とうとう、仕事をやめることができる」と、兄と夜逃げをする計画を立てました。準備も整え、いよいよ当日の明け方になり「さぁ行こう!」と2人で出発しようとしたその時、兄が急に、私に向かって言ったのです。

「やっぱりお前は残ってくれ。二人ともいなくなると、お店の営業ができなくなる。厳しいし辛かったけど、長い間、お世話になってきた訳だし」。
私は出鼻をくじかれた思いでしたが、結局は兄の言葉に従って、店に残ることにしました。

緑豊かな、箕面 音羽山荘

それから2年後、私が21歳の時に、福岡の博多で働いていた兄から「一緒に商売をしないか?」と連絡が入りました。

そこから、独立するために、お金を必死にため始めたのです。兄は、博多から大阪に戻って仕事をしていたのですが、私は、毎月給料袋をもらうと、封を開けずに、兄のところに持っていきました。
すると、兄がその中から1000円だけ抜いて、私に渡すのです。昭和43年の頃で、貨幣価値は今と違いますが、1カ月1000円で生活するのは厳しくて、「あと1000円欲しい」と伝えました。

すると兄が、1000円札をだして「これいくらにみえる?」と言うのです。
私が「1000円」というと、「これはな、今は1000円だけど、将来、1万円にもなり、10万円にもなり、100万円にもなるんや、その1000円を持っていくのか」と…。

そこまで言われると、黙って1000円だけ持って帰るのですが、帰り道「俺の金やのに何で?」と思っていたものです。
なにしろその頃は、お金がないものですから、パンの耳と少しばかりの野菜を買い、アパートの管理人さんに、フライパンと油を借りて、炒めて食べる。そんなことも多々あったのです。

しかし、後になって思えたことなのですが、あのお金は「自分が貯めたお金ではない」「兄に貯めてもらったお金」だったのです。たぶん私だけなら貯金をすることは出来なかったと思っています。

「旨くねえなら銭はいらねえ!」の奇策で勝負

商売を始めるなら阪急沿線がいい、ということで、池田の五月山に上りました。そこで兄が、「あの辺りがこれから開けていきそうだ」というので、物件を探したところ、池田市の姫室という場所で、最初の店舗との出会いがあったのです。

そして昭和45年の9月25日、「音羽鮨」を開業することが出来ました。兄が24歳、私が22歳の時のことです。
少しのお金を貯めてはいたものの、創業のための潤沢な資金がある訳ではなく、借金を抱えての船出でした。ここでもし失敗したら、中学を卒業してから何年間も、借金を返すために働いてきたのに、今度は、自分たちの借金のために、また働かなければならない…。
絶対に失敗はできないと、背水の陣で考えたのが、何か少しでもインパクトを与えようという策でした。

〝旨くねえなら銭はいらねえ〟というキャッチフレーズを掲げ、看板と鮨桶に書いたところ、これが多くの人に興味を持っていただけたのです。万博が開催された年で、景気も良かったですし、今とは違って時代もよかったのでしょう。お金を払ってくださらないお客さまは、一人もいませんでした。

時の運と、池田市という地の利を得、寝る間もないくらい忙しく、一生懸命働いたお蔭で、その年の大晦日には、店舗の借金を完済することができました。それから、阪急沿線を中心に、北摂地域、北新地、三宮とお店を増やしていくことになったのです。

その後兄は、父親の事業の失敗や音羽鮨の店舗経営の苦労の体験から、中小企業は多くの問題を抱えながら経営に苦しんでいる。そのお手伝いがしたいという想いで「日本創造教育研究所」という、中小企業の人材育成の会社を設立しました。

水の詩

「人に良い」食べ物と、心の栄養を提供

私たち音羽は、〝食べ物づくり、人づくり〟という理念があり、経営ビジョンは”お客さまとともに、感動、幸せ、成長をつくる”です。

食という字は「人に良い」と書きます。だから、安全なものを提供することはもちろん。人間にしかできない、心の栄養を提供していきたいと考えています。
私も、お客さまに「美味しかった、ありがとう、また来るね」と言っていただくと、じーんと胸が熱くなる時がありました。また、あるお客様が「小さい時、父母によく、音羽鮨に連れてきてもらい、今でも良い思い出が残っています」という”喜びの想い出”を語ってくださいますが、そうしたことが、わが社のビジョンにつながることなのだと思います。

ちょっとした気配りで、お客さまに「ありがとう」と言っていただけるのが、社員さんの幸せであるし、お客さまも「ありがとう」という言葉を発する時には、幸せを感じておられると思います。そんな関係をこれからも創っていきたいですね。

スマートフォンが普及し、動かなくても、人とリアルに接しなくても、文字と文字でコミュニケーションができる時代になりました。便利になったのは良いのですが、人間と人間、表情と表情のコミュニケーションの機会が減っています。

こんな時だからこそ、人間の持つ本質的な喜びが大切なのではないでしょうか。
時代が変わっても変わらない普遍的なことを、自分自身も実践していきたいと思います。

川床②

秋の紅葉もさることながら…

北摂地域の中で好きなのは、やはり、音羽山荘のある明治の森国定公園です。箕面山は、飛鳥時代に、役行者によって開山された修行の場で、山岳信仰の根本道場として開かれたところです。景観も勿論素晴らしいのですが、なにか厳かな気持ちになって、元気をいただけるのです。

仕事でもプライベートでも悩んだ時は、箕面の滝道をよく歩きます。紅葉の季節が有名ですが、春から夏にかけての深緑の時期も、素晴らしいですよ。

箕面の川床を楽しめるプラチナチケット!
音羽鮨から、抽選で5組10人に豪華なプレゼント

箕面川床 音羽山荘梅屋敷では、7月7日(土)~9月9日(日)の金・土・日・祝日に川床を開催。
こちらでいただける「
川床 松花堂」(1人4500円、2人分)を5組10人にプレゼント。※7月22日(日)締切。発表は発送をもってかえます。予約状況によって使用できない日程があります。
応募はコチラから

20180516川床

 

 

 

 

 

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 【川床料理をプレゼント】音羽鮨・田舞喜八郎会長「北摂しあわせ2.0」
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更