1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 小型充填機器メーカー「ナオミ」代表取締役社長 駒井亨衣さん わが子の不登校をきっかけに、居場所づくりで社会に貢献したい【北摂しあわせ2.0】

小型充填機器メーカー「ナオミ」代表取締役社長 駒井亨衣さん わが子の不登校をきっかけに、居場所づくりで社会に貢献したい【北摂しあわせ2.0】

SONY DSC

<Profile>
株式会社ナオミ代表取締役・駒井亨衣(こまい・ゆきえ)さん
1958年兵庫県生まれ。大阪府立春日丘高等学校卒業後、ダイキン工業に入社。結婚を機に22歳で退職、一男一女の母に。専業主婦を経て、38歳のときに株式会社ナオミに入社。2009年から社長に。二人の子どもの不登校と2年間向き合った経験ををきっかけに、2014年「学び舎 傍楽(はたらく)」を設立。血液型はA型。

- ナオミでは、社員のことを〝ナオミビト〟と呼んでおられますね。

はい。親しみを込めた大切な存在であるということを伝えたいと思って。というのも、父がとってもワンマンな社長だったので、そのときの社の雰囲気があまり好きではなかったからなんです。そこで、9年前に会社を引き継ぐことになったとき、もっともっと社員を大事にする会社にしたいと考えました。

- 駒井さんが社長になられてから、小型充填機器の分野で、国内シェアナンバーワンに。経営についてお聞かせください。

理由はいろいろとあります。例えば、使いやすさと安全性を追求して、数々の特許を取得し、企画から開発・製造までワンストップでできることや、大阪・埼玉・北海道、九州に拠点を持っていることも全国展開をする上での強みです。何より大切にしていることは、お客さまの利便性を優先したときに、必要なことをスピーディーに行える体制であること。そういう意味でもナオミビトは「社長、こういうことをしませんか」「ここはこのほうがもっとお客さまに喜ばれます」などと、私にいろいろな提案をしてくれます。私は、「ふんふん」と話を聞き、いいと感じたものは、「じゃあやろう!」と(笑)。結果的にそういう体制が売り上げやモチベーションに繋がっているのではと感じています。

SONY DSC
充填機の実験室では、毎日さまざまな〝材料〟が充填機にかけられます

SONY DSC
充填機を製作中。棚には、数々の部品がぎっしり

- 社会貢献活動として、不登校の子どもや保護者のための活動をなさっていますね。

娘が高1、息子が中1のときに、不登校になりました。ちょうどナオミに復帰したての頃で、学校へ行かない子どもたちを残して職場に行くときの気持ちといったら。その頃は相談できる場所が少なくて、本当につらかったんです。
あるとき、同じような悩みを持つ母の会があることを知って、参加しました。そこで、自分の気持ちを共感してもらえたことで、心が軽くなりました。だんだん「まあいっか、これも成長の一部」と考えを変えられたことで、子どもたちへの接し方もずいぶん変わってきたのでしょうね。不登校は、2年ほどで自然に解消されました。今では二人とも大学を出て、社会人としてがんばってくれています。

このときの経験から、「人には居場所が必要」という思いが強く生まれました。何らかの形で、私も悩んでおられるお母さん方の力になれないかなと。
4年前、不登校の子どもや保護者と、働くことや生きることに向かい合う若者が集える場所として、京都市中京区に〝傍楽(はたらく)〟を立ち上げました。京都の古い町家を改装して、「不登校のおはなし会」をはじめ、お母さんたちが集まって話し合う「ママらく」などを開催しています。いずれの会も、私の経験を語らせてもらったり、みなさんのお話を聞いたり。毎回30人ほどの参加してくれてますね。
この10月には、箕面でも「不登校のおはなし会」を始めました。一人親家庭の中高生を対象に、学習支援を行う〝NPO法人あっとすくーる〟さんとご一緒に、あっとすくーるさんの事務所をお借りして始めました。まだまだ参加者は少ないのですが、徐々に増えていったらなあって思っています。ちょっとおしゃべりするだけで、心って本当に軽くなるもの。経験者ですから(笑)。これからも地元でもできることからやっていきたいです。

w傍楽
京町家をリノベーションした「傍楽」でのおはなし会

- 駒井さんにとっての〝しあわせ〟を教えて下さい。

今回このインタビューのおはなしをいただき、考えました。「私のしあわせって何だろう」って。それはナオミビトのみなさんに働いていて〝しあわせ〟と思ってもらえることなんです。そのために職場環境を整え、一人一人の思いに耳を傾けてきました。また、私が行っている不登校のおはなし会や居場所づくりも、会社の業務ではないのですが、みんなが協力してくれています。ありがたいことです。

SONY DSCナオミの本社入り口前で。駒井さん(左)とマーケティング・広報室の田中ナルさん。取材に伺うと、右側のボードの「いらっしゃいませ! サンケイリビング新聞社様」の文字が目に飛び込んできました。こういう心遣いが会社の隅々に感じられました

ナオミ
https://www.naomi.co.jp/


11月29日(木)〝傍楽〟で不登校のおはなし会・就活イベント実施

不登校のおはなし会
日時:11月29日(木)13:30~16:00
https://hataraku703.com/event/kyoto-futoukou/futoukou-201811/
就活イベント
日時:11月29日(木)18:30~21:00
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeIL4HpGMlJyUOlt4mx_B3ZASQJaWXwpmTWNkCAJox0euF5Lg/viewform?usp=sf_link

会場:学び舎「傍楽」京都市中京区六角油小路町345-2(最寄駅▶︎阪急 烏丸駅、京都市営地下鉄 四条駅)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 小型充填機器メーカー「ナオミ」代表取締役社長 駒井亨衣さん わが子の不登校をきっかけに、居場所づくりで社会に貢献したい【北摂しあわせ2.0】
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更