1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. サクラ食品工業 藤原拓社長 メーカーは商品を喜んでくれるお客さまがいることが醍醐味であり、しあわせなんです【北摂しあわせ2.0】

サクラ食品工業 藤原拓社長 メーカーは商品を喜んでくれるお客さまがいることが醍醐味であり、しあわせなんです【北摂しあわせ2.0】

SONY DSC

<Profile>

サクラ食品工業代表取締役社長。1965年京都生まれ。近畿大学卒業後、大塚商会、Dellコンピューターで営業職に勤務。2000年サクラ食品工業入社後、2002年業務推進室長、市場開発部長、専務社長室長兼経営企画室長を経て、2005年から現職。血液型はO型。

-ポーションのOEMとして発展してこられました。

42年前、私の父がコーヒーシュガーを作りたいということで作った会社です。コーヒーシュガーはホット用ですから、アイス用にポーションでガムシロップの製造を始めたのが、ポーション技術を取り入れたきっかけですね。それ以降ポーション一筋。私が入社したときには、味覚糖さんのゼリー「ちゅるるん」は全部当社で作っていたんですよ。
その後は、商品の幅も広がり、中身がコーヒー・紅茶・ココアなんかになっていきました。これらは夏の飲み物として売り出されていましたので、冬場の商品、なんかないか?ということで、「しょうが湯」を作りました。それから今は当たり前になってますが、一人用鍋のポーションも作ったんです。初めは「一人鍋なんて寂しいな」とは思ったんですけど(笑)。僕らは2種類しかないですがエバラさんは10種類ぐらいあって、組んで作りました。


-前職はIT企業。会社を継いで、OEMからメーカーへ。その思いをお聞かせください。

大学を卒業して大塚商会で営業を経験し、Dellに転職しました。自分としてもこのままIT企業で終わるのかなと思っていたんです。父も、自分が苦労したせいか、僕に継がせようという気はなかったようでした。ただ、70歳を超えてきたところで、周りがどうするのかという雰囲気が出てきまして。結果的に入社することになりました。
最初から食品業界におったらなあと思ったことは正直ありますが、何の知識もなかったから、必死でした。ただ、当時は、森永さん、UCCさん、味覚糖さんといった大手のメーカーさんとのお付き合いが多かったので、経営の考え方から商品の品質管理、マーケティングまで、そこで学ぶことができました。とてもラッキーでしたね。中でも最も心に刺さったのが、メーカーさんの、ブランドへの使命感。ブランドを維持し、発展させ、お客さまへ安心安全な商品を届けること。OEMはどうしても黒子なんですね。従業員が使命感を感じることが少ない。いつか会社の看板背負って、メーカーとしてやってみたいと思いました。

そんなときに、父が脳梗塞で倒れてしまいました。入社して5年経った頃です。そのまま僕が社長を引き継ぐことになったんです。

 

-商品開発は苦労されたんでしょうね。

最初は「黒糖くろっぷ」ですね。これね黒いから、〝しろっぷ〟じゃなくて〝くろっぷ〟。そこから少しずつ、少しずつ商品を増やしてきました。今は16種類ぐらいあります。
商品について、非常にうれしい出来事があって。実は乳酸菌入りのポーションを作っているのですが、無味無臭で、料理にも飲み物にも入れてもらえるんです。ある日、小さいお子さんのいるお母さんから手紙をいただきまして…。「あの商品は製造をやめたのでしょうか」という問い合わせでした。その方はずっと購入していただいていたようで、お子さんの健康のために飲み物に入れて与えておられたのだそうです。すごく気にいってくれていたとのことで、どうしたら手に入るのかと、本当に涙が出るほどうれしかった。
製造をやめたわけではないのですが、当社の力不足で、販売場所の拡大ができていなくて。大変申し訳ない思いでいっぱいになりました。

 

―社長が考える〝会社のしあわせ〟とはどんなことでしょうか?

お客さまがよろこんでくださること、です。お客様が喜んでくださる商品を作れば、その商品を提案し、開発し、製造した社員が幸せになる。社員が幸せになれば、会社はとても幸せです。ですから、お客さまの声が届くメーカーっていうのは、幸せなんですよね。これからもいっぺんにたくさんのことはできませんが、毎年新製品を発売して、みなさんに喜んでいただけるようにがんばっていきたい。

SONY DSC

SONY DSC

―地域への思いを教えてください。

千里ニュータウンで育ちました。千里セルシーは遊び場所でしたよ。これから建て替わるんですよね。
北摂の好きなところは、人が良いところ。東京からの転勤族の方も多く、外から見ても住みよい街なんじゃないでしょうか。(本社がある)江坂も雰囲気がいいですね。新大阪が近くて、空港も近い。インターチェンジも近い。取引先が気軽に寄ってくれるんで、ビジネスにもいい場所だと思います。
どの街も高齢者が多くなってきていますが、北摂らしく、助け合いの精神で労わりあえる街になっていってほしいと個人的には思っています。

 

サクラ食品工業から、抽選で5人にプレゼント!
サクラ食品工業から、冬にうれしいお鍋のだしポーション2種類、ゆず湯、黒糖くろっぷ、しょうが湯、カラダに1ポーション(乳酸菌)、セイロンブレンド紅茶ゼリー、プレミアムキリマンジャロブレンドコーヒーゼリーの詰め合わせ2000円相当分を抽選で5人にプレゼント。
応募はこちらへ↓
2019年1月16日(水)締切。発表は発送をもってかえます

wプレゼント賞品

 

 

 

 

 

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. サクラ食品工業 藤原拓社長 メーカーは商品を喜んでくれるお客さまがいることが醍醐味であり、しあわせなんです【北摂しあわせ2.0】
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更