1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 吹田・ミッション代表取締役の春日英樹さん レトルトカレーの企画開発が誰かのチカラに【北摂しあわせ2.0】

吹田・ミッション代表取締役の春日英樹さん レトルトカレーの企画開発が誰かのチカラに【北摂しあわせ2.0】

●ミッション春日社長

<Profile>

春日英樹さん
ミッション 代表取締役。1970年生まれ、宝塚市出身。1999年に焼肉店「牛角」などを運営するプライム・リンク(現アスラポート)に入社、2006年から事業開発部部長として飲食店約200店舗の出店やフランチャイズブランドの本部構築などに携わる。退職後、2012年にミッションを設立し、2015年からレトルトカレー事業をスタート。現在、約50種類の商品開発を行う。

「北摂ゆかりの絶品レトルトカレー」特集にも登場した、吹田市・江坂に本社がある「ミッション」。ご当地カレーや有名飲食店とタイアップしたレトルトカレーの企画開発を行うほか、自社オリジナルのカレーも販売しています。なぜ、レトルトカレーの専門の会社になったのか? 代表取締役の春日英樹さんに聞きました。

─ ミッションでは、レトルトカレーの企画開発に特化した会社ですが、創業時からレトルトカレーの会社だったのでしょうか?

ミッションを創業する前は、飲食業界に勤めていましたが、40歳くらいまでに自分で何かをしたい、挑戦したいという気持ちがあり、独立しました。

創業時の仕事は、飲食店のコンサルティング。カレーをメニュー化したいというレストランのお手伝いをする中で、業務用の調理食品を手がけるベル食品(大阪市)と知り合いました。

その時に聞いたのが、有名な串かつ屋さんにカレーを提案したら、とても気に入ってもらえたという話。”カレーってみんな好きなんだなぁ。自分がつくるなら焼肉屋さんのカレーがいいな”と、思ったんです。私は焼肉では但馬屋さんが好きだったので、飲食店のカレーを手がけるなら但馬屋さんで挑戦したいと、担当者を紹介していただいたのが4、5年前のことです。

ミッション商品棚
▲これまでに手掛けた商品のほんの一部。最初に企画した但馬屋カレーは、最上段の左側

─ ミッションのカレーにビッグネームの飲食店が多いのは、スタートも影響してるんですね。

ちょうどお店でカレーを出していたほか、但馬屋社内でもレトルトをしたいという話が出ていたようで、タイミングも良かったんです。実際に商品を形にするベル食品とも、但馬屋カレーの開発をする中で、いい関係を築くことができ、次のタイアップに繋がりました。

レトルトカレーは単価が高くないので、たくさんの方に食べていただけるし、海外にもお届けできます。多くの人に”このカレー、おいしかったね”と思ってもらいたい。そんな気持ちがどんどん強くなり、レトルトカレー専門会社になりました。

 

富士山や沖縄・宮古島のご当地”映えカレー”も

─ 飲食店だけでなく、ご当地カレーの開発も多く手掛けています。

今、ご当地カレーはとても人気があります。地域の特産品を使った町おこしや、”大学カレー”、ご当地PRなど、カレーがコミュニケーションツールになってます。いろいろな切り口や考え方ができるのが、カレーの面白く、すごいところだと思います。

当社でも、別府大学(大分県)食物栄養学科の学生が、地元産のもち麦を使ったカレーの開発するのに相談を受けました。カレーを通じて、これまで想像しなかった業界の方と、お付き合いできるのはうれしいですね。

─ 先ほど”海外にも”という話がありましたが、海外展開はいかがでしょうか。

今年から、日本の商社を通じて香港と台湾に、「但馬屋 黒毛和牛ビーフカレー」と「富士山カレー」を出荷しています。海外では富士山は人気ですから。

─ 「富士山カレー」は、ごはんを山の形に盛り付けて、青いカレーをかける商品ですね。最近、カレーも”映え”が注目されています。

富士山カレー ▲「青い富士山カレー」のほか、「赤い富士山カレー」も(写真はミッション提供)

青いカレーは、周囲から”気持ち悪い”と言われていますが(苦笑)、当社では牛乳を使った白いカレーも開発しており、これが青いカレーのベースです。

富士山カレーは、山梨の企画会社から”みんなが知っている富士山がモチーフの商品を作りたい”という話から誕生しました。販売後はSNSでの反響がすごかった。さらに、富士山カレーを見た広告代理店から、宮古島のカレーが作りたいという話があり、実現しました。青いカレーを海に見立てた商品ですが、こちらには宮古島産のマンゴーのピューレを使い、ご当地カレーに仕上げています。

 

オリジナルで健康ジャンルのカレーを

─ 今では、ミッションもオリジナルカレーを企画し、売り場に並びます。特集で紹介した「脂質0なのに旨みたっぷりなノンオイル野菜カレー/きのこカレー」は、どのような経緯で誕生したのでしょうか。

スーパーのバイヤーさんとの会話がきっかけです。ノンオイルのカテゴリーは、ドレッシングやマヨネーズなど調味料は多いのに、なぜカレーはないのかという話から、開発にいたりました。ノンオイルで動物性原料も使わずに、コクを出すことに苦労しましたが、他にない商品なので、スーパーのほかドラッグストアにも置いていただいています。

─ ノンオイルの次は、どんなオリジナルカレーを?

だし系の減塩ビーフカレーを開発中です。ビーフカレーは、カレーで一番よく売れる人気商品です。塩分が気になる人にも食べていただけるよう、商品づくりを進めています。商品を形にするベル食品もノリノリ。こんなムチャなことを言うのは当社くらいのようで、開発者の腕が鳴るのかもしれません(笑)

 

北摂で認められたら全国で勝負できる

─ なぜ、江坂で創業されたのでしょうか。

もともと江坂に住んでいたんです。ミッションは自宅開業でスタートし、その後、オフィスも江坂になりました。

江坂なら梅田まで御堂筋線1本で出られて、ほどよく都会。江坂は大阪市内から、少し距離があるのがいいですね。市内の動きを気にせずに、好きなことができる良さがある。また、知見がある北摂の人にご支持いただけた商品なら、全国で勝負できる気がします。

─ レトルトカレーを事業にする中で、春日さんにとってのしあわせとは?

誰かの役に立つこと、会社でいうなら「ミッションのカレー、おいしかったよ」と言っていただけること。年に数回、お客さまから会社に電話がかかってくるんです。「あのカレーがおいしかったけれど、どこで買えるのか」って。そんな言葉に、私もやる気が出ます。

日清食品のチキンラーメン、永谷園のお茶漬け、そして大塚食品のカレーは、世紀の発明といわれています。この一翼といったら大げさですが、先人が築いた技術を踏襲し、関わらせてもらっているのは、しあわせなことだと思います。

ミッション
吹田市江の木町13-9-303
TEL 06-4860-6550
https://www.mission-int.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 北摂の人・会社
  3. 吹田・ミッション代表取締役の春日英樹さん レトルトカレーの企画開発が誰かのチカラに【北摂しあわせ2.0】
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年1月17日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 冬号

電子ブックを読む

サンケイリビング中学生新聞

サンケイリビング中学生新聞
2020年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更