1. 北摂トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. ダスキンが洗濯代行の新事業を10月1日からスタート!

ダスキンが洗濯代行の新事業を10月1日からスタート!

ダスキンが洗濯代行の新事業を10月1日からスタート!

ダスキンが新事業として洗濯代行サービス「ダスキンウォッシュ」を10月1日(火)からスタート。江坂(吹田市)の検証店で発表会が行われました。

外観

家庭で水洗い洗濯をする衣類を持ち込むと、洗浄・乾燥・たたみ(プレスなし)までを行ってくれるサービスですが、イマイチ想像がつかない「洗濯代行」に、集まった記者たちも興味津々。

「ダスキンウォッシュ」は、専用のランドリーバッグに洗濯物を詰めて、カウンターに持参するところから始まります。

re2メインイメージ

専用ランドリーバッグは35リットルサイズ。洗濯物は詰め放題で、6kg~8kgが入るそう。目安としては、6kg=成人2人暮らしで2日~3日分。シャツやタオルはもちろん、靴下、下着も対応してもらえます。初回おためし(ランドリーバッグ付き)は1980円で、HPから事前申し込みが必要です。

洗濯は店内で行います。今回は作業スペースも見せていただきました。

re洗濯室

預かった洗濯物は、検品を行ってから洗濯機へ。ランドリーバッグ1つにつき洗濯機1台を使います。ランドリーバッグが混在しないよう、洗濯機にかけて作業。洗濯物が床に落ちる可能性も考慮して、作業スペースにはシューズカバーをつけて入室します(というわけで、記者たちも全員、シューズカバーを着用)。

洗濯が終わったら、ランドリーバッグごとに乾燥機へと洗濯物を移します。乾燥が済んだ洗濯物は、たたみの工程へ。

たたむ

今回、発表会にお邪魔した記者Kは、洗濯物をたたむのが苦手(というか、面倒…)。思わず「たたむ練習は大変だったのでは?」と、担当者の方に聞いてしまったのですが、「洋服の幅や形がさまざまなので、形を揃えてたたむために、もっと練習を重ねたいです」とのこと。さすがプロ…! たたんだ洗濯物は、ランドリーバッグに入れて返却となりますが、その詰め方も重いものを下に、下着は見えないように入れ、しわになりやす物は上に置くなど配慮しているそう。

仕上がりは翌日。朝、出勤途中に預けて、翌日の帰宅時に洗濯済みの衣類を受け取る流れをイメージです。


プロ仕様の道具やコインランドリーもスタンバイ

「ダスキンウォッシュ」は、コインランドリーを併設しています。

コインランドリー▲洗濯代行サービスの利用案内の奥に、広々とした作業スペースと洗濯乾燥機が

スポット利用(洗濯乾燥8kg・約60分)1000円は、営業時間内に利用が限定されますが、1カ月5500円の定額利用会員もあり、こちらは24時間利用が可能。家族が多い人やコインランドリーの利用頻度が高い人には、うれしいサービスといえそう。

コインランドリーのエリアには「洗濯DIY」として、プロ仕様のミシンやアイロン、しみ抜き機械を設置。お手入れや修繕を、自分ですることができます。2019年12月末まで、利用料は無料!

reしみ抜き
▲ダスキンウォッシュの方にしみ抜き機械を実演していただきました

しみ抜き機械は、油性・水性の汚れに対応。洗剤を吹きかけ、下から吸引をして、しみ抜きを行います。その後、洗濯代行やコインランドリーへ。
「洗濯DIY」の一環として、洗濯の基礎、衣類のお手入れ方法などが学べるワークショップも開催予定だそう。開催予定はダスキンウォッシュのHPで確認を。

隣には「ベーカリーファクトリー 江坂」も同時オープン。コインランドリーの待ち時間も有意義に過ごせそうです。

「ベーカリーファクトリー 江坂」の様子はこちら

↓ 気になる今後の展開は下に続きます ↓


デリバリーでエリア拡大も視野に検証スタート

ダスキンが各家庭でサービスをする中で、利用者から聞かれたのが「洗濯が面倒」という声。「多かったのは、たたむのが面倒。また、女性は欲しい服があっても”この服は家で洗濯をするのが面倒”かもという思いから、購入を諦めることも」と、ダスキン 訪販グループ戦略本部の塚本直美さん。その気持ち、わかります! 単身の男性はそもそも洗濯が面倒、共働き夫婦は、とにかく時間がないのが悩みどころ。「年配の方は洗濯は好きな方は多い。ただ、外で洗濯物を干して取り入れる、たたむということが、動作的に大変になってきます」と塚本さん。

塚本さん▲2年前から準備を進めてきたと話す、ダスキン 訪販グループ戦略本部の塚本直美さん

ニーズはあるのに、洗濯を代行サービスは、まだまだ少ないのが現状。同社のサービス利用者5000人弱に実施した事前調査でも、「洗濯代行サービスの存在を知らないと回答した人は62.1%、実際利用したことがある人は2%という結果でした」。これらを背景に「ダスキンウォッシュ」が誕生しました。

料金は初回おためし以降は、スポット利用2530円、月額利用(月5回コース)9900円を用意。「”家事代行サービスはハードルが高い”という方は、まだ多くいらっしゃいます。一方で、1カ月1万円くらいなら家事のために出せるという意見もあります。家事代行サービス利用のきっかけになればと、ダスキンウォッシュでは月額利用プランを用意しました。家事代行と、それによって生まれる時間を、体感していただければ」と塚本さん。

10月1日からテスト検証がスタート。準備ができ次第、デリバリーをスタートし、サービスエリアの拡大も予定しています。「デリバリーの目標は年明け。片道300円くらいを想定しています」と塚本さん。

今なら、北摂だけで体験できるダスキンのサービス。今後の展開に注目です。

ダスキンウォッシュ
住所:吹田市豊津町2-9、パークフラッツ江坂1階
営業時間:月~金曜8:00〜20:00/土曜10:00~18:00。
定休日:日曜、年末年始。※日曜以外の祝日は営業。
電話番号:06-6821-0201
https://www.duskinwash.duskin.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. ダスキンが洗濯代行の新事業を10月1日からスタート!
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年11月8日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更