コスメドレッシング | リビング北摂Web
  1. 北摂トップ
  2. コスメドレッシング
エッセイ

ずっと待ち続けていた言葉

2018/8/17

「こういった商品が欲しかった。」「こんなサービスを求めていました。」
まぶしい日差しの中、真剣な眼差しで言ってくれる方々。

私はこの言葉を待っていた。8年間、ずっと。

お店のスタートは2010年12月。「おおきに~」の文化が根付く場所・関西。私が『アロマとコスメのスクール&サロン アロマドレッシング」を立ち上げたきっかけは、化粧品会社で美容部員をしていた時代にさかのぼる。

隙のないメイクに、華やかな制服。だが、夜になり髪をほどいた瞬間、カウンター越しでは聞くことがない本音トークが私の元へ集まる。「ニキビがあるのだけど、このスクラブは使っていいの?」「目元のシワ、どうしたらいい?」

みんな、聞きたいことがあっても聞けないんだ。アドバイスをしながら、カウンターの敷居をなくしたサービスが出来たらいいな、と思った。知りたいことが何でも聞けて、本当に欲しいものだけを購入できるお店。いつか作りたいな、と。
退社後、個人事業をはじめる。興味があったアロマの資格も取り、コスメと両方教える環境を整えた。サロンの部屋を完備。大きめの鏡・数々のアロマを揃えた。

アロマやコスメ初心者が気兼ねなく集まれる場所。アロマオイルの垂らし方、アロマの基となるハーブをちぎったり、香りを嗅いだりして五感で楽しめる講座。メイクは、その方のクセに合わせてファンデーションの塗り方からレクチャーした。

最初は、お客様がなかなかこない。そのうち、昼は自営業。夜は近隣のスーパーでパートという掛け持ち生活がはじまる。そんな状態をみかねて、友人が仕事をふってくれるように。ありがたい。いつしか副業と併せて、生活が成り立つようになった。

事業途中、4年目で転機を迎える。兵庫県の環境事業に携わることになった。地域資源を活用し商品化している会社や団体。そこへ取材に行きレポートにまとめるのが私の役割。月一ペースで、県内をまわった。時代の変化で、流通しずらくなった地元緑茶を和紅茶へと製造販売している団体。遊休地を活用し地元住民とハーブを栽培している会社。食用として使用されることが少なくなったみかんをアロマオイルにしている会社。取材を通し様々な方と出会った。

共通しているのは、出来る限り農薬を使わず自分たちの手で栽培。雑草は手作業で抜く。その土地で育てたものを商品化。大量生産はしない。

確かなものがそこにはあった。

こんなに良い商品が、こんな地元にとって良い活動をしている方々が世の中に知れ渡っていないのはなんで!?そんな気持ちでいっぱいになった。取材後、アロマドレッシングで取り扱いたいと申し出た。この目で農地を確かめて、生産者と話しあった温かみのある地元産アロマやハーブなどの商品がたくさん集まった。それらをアロマの講座やサロンのトリートメントでも取り入れるように。屋号も「国産アロマとハーブのスクール&サロン アロマドレッシング」へと変更した。

昨年、5月。家庭の事情で東京へ。スクール&サロンも、そのままの形で移転。地元産のアロマやハーブなどの商品も家族と同じ感覚で一緒に連れてきた。

新天地でOからのスタート。お客様はいない。まずお店の存在を知ってもらわなくては、と様々なイベントに出ることに。初出展は、お客様からどんな反応がかえってくるかドキドキした。自分が良いと思っている商品やサービスは、自分自身が満足しているだけで本当は他の人には必要と思われていないのでは?と不安もよぎる。

とあるイベント。お客様の反応があったのは昼過ぎあたり。朝に来られたお客様が、ご友人にすすめてくださったり、もう一度足を運んで下さる方が続いた。

「お友達から聞いて、いいブースがあるよ~と教えてもらいました!」と。
取り扱っている商品やサービスを必要としてくれる人がいる。不安が確信へと変わった。あの、まぶしい日差しの中で戴いた言葉が今日も励みになっている。

なぜなら、ずっと待ち続けていた言葉だったから。

エッセイ | コメント (0)

日記

エピソードブログ大賞

2018/8/16

自営業をはじめて8年目に突入しました。と、振り返るきっかけになったのが『SUPER DELIVERY』の公式サイト。小売りをされている方はご存知かもしれませんが、アパレル・雑貨などの商品を1点からネット上で仕入れることが出来るサイトです。私はスクールやサロンで使用する袋やティーポットなどを仕入れさせてもらっています。

そこの公式サイトで「エピソードブログ大賞」を昨日まで募集しておりまして。こんな内容。

「あなた」と「お店」にまつわるエピソードを募集します。
※例えば、お店をはじめたきっかけ・お店に込めた思い・お店を通じて伝えたいこと・お店を継いだ時のこと・お店の復活・改装・閉店の話など…「お店」に関連する内容であれば何でも結構です。

応募資格は、小売り・サービス業に携わる方。

これを見た瞬間、書きたい!と思いまして。そういえば「お店をはじめたきっかけ・お店に込めた思い・お店を通じて伝えたいこと」ってあまり人に語ったこともなければ、考えをまとめて伝える機会もなかったなあと。

規定文字数が1600字前後だったのですが、自分の思いをまとめれるいいきっかけになるなあ~と感じ2~3時間程かけて完成しました。

公式サイトのツイッターで、応募された方がお一人ずつ紹介されているのですがこれが興味深い。母親からお店を継いだ方、お店で働いている販売員の方。笑えるエピソードもあれば、泣けるものまで様々。ああ、お店をしたりサービス業に携わっていると色々あるなあ~と思わされるのです。

ご興味ある方はこちら↓
『SUPER DELIVERY』公式サイトのツイッター。

次回、私が書いたものを記事でアップしたいと思います。見てあげてもいいよ~という心優しい方がおられましたら、ぜひご覧ください。

日記 | コメント (0)

日記

ほおずきアート

2018/8/15

お盆中盤。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

お盆に欠かさせない花「ほおずき」。この時期によく出回っていますね。もし、お家でお供え用に使われていましたら今年はぜひ捨てないで活用してみませんか?素敵なオブジェになるんですよ~。

まずは、バケツに水をくみ その中にほおずきを入れます。2~3週間ほどで、周囲の赤い皮がドロドロに溶けだします(腐る)。この間、ちょっと匂いがするのが難儀ですが。。。私は、匂いが気になるので2~3回ほど水を入れ替えています。

全体がドロドロに溶けましたら、軽く水洗いします。

そうすると、皮部分がなくなり ほおずきの「骨格=繊維」だけが残ります。乾かした後、ラッカーなどのカラースプレーをかけるとこんな幻想的なオブジェに早変わり。ベージュ色は、そのままの状態です。

ガラスなどの器に盛りつけても綺麗ですよ~。

日記 | コメント (0)

日記

夏の特別企画展でワークショップ

2018/8/11

P_20180805_115212

先週の日曜日。都内・板橋区エコポリスセンター「夏の特別企画展」でアロマのワークショップ講師を担当しました。

P_20180805_115136

センターへのお問合せも多かったようで、満員御礼。整理券が配布開始5分でソールドアウト。最短で1時間待ち、長い方で2時間待ちでした。受講いただいた皆様、長い間お待たせして申し訳なかったです。

P1000341

これも職員の方々が、事前に告知やチラシ配布活動をしてくださったお陰です。本当にありがとうございました。

講座では、外国と比較した日本の森・国産木材の使われ方などをクイズ形式で説明。あとはスギとヒノキの違いなどをお話しました。

P_20180805_120924

これは、同じ大きさの丸太。持つと違いがよ~く分かります。杉は軽く、ひのきはそれよりも重いです。同じ針葉樹でも、杉のほうが成長早いんですね。あとは、見た目(質感や色)・香り・作用です。

日本書紀に「杉とクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使え」という記載があるようですが、なるほどな~と思います。昔から、それぞれに適した用いられ方があったのですね。マキは、仏教関連でよく目にしますし。

P_20180805_120825

お昼休憩中の館内見学~。

P_20180805_121447

こちら目玉イベントの「ハンモック体験」この2時間後には、子供がわんさか♪
大盛況でお一人1分のみの、ハンモック体験。タイムウオッチが付いておりました。私も体験したかった(笑)

P_20180805_120942

木へんの漢字。皆さん、いくつ分かりますか?

P_20180805_121116

木の葉っぱ。

P_20180805_121127

大きさや形もちがえば、手触りも違う。そんな発見ができるコーナーです。

P_20180805_121139

竹で作った生き物。これはクオリティーが高すぎてビックリしました!

P_20180805_121209

本物に間違えそうになる。。。沢蟹などもレベル高し!でした。

P_20180805_121414

板橋区で見られるお花たち。

P_20180805_121318

板橋区の緑被率は20.7%。これは東京23区の平均よりもちょっと高めです。緑被率が一番高いのは練馬区、次いで世田谷区です。ちなみに、私が今住んでいる足立区は17.1%。以前、住んでいた神戸市須磨区は37%。今の2倍以上の緑に囲まれていたんだな~と感じます。皆さんの住んでいる町はどうですか?

P_20180805_120953

木の実コレクション。

P_20180805_121010

どんぐりでも、色々な種類がありますね~。

特別企画展は明日までの開催です。展示物やハンモック体験などが楽しめますよ~。

日記 | コメント (0)

日記

神戸に帰省~甥っ子珍道中~その2<ナイト水族館編>

2018/8/9

甥っ子の「スマスイ=須磨水族館」行きたい熱は冷めず。。。そういや、この暑さでどこも連れて行ってあげれなかったな~と思いつつ、今20時過ぎやん!とも。

ホームページを調べると、夏の土日祝は22時までやっていることを知りました。「よし!行ってみよか~」と。実家からスマスイまで大体歩いて20分ほど。で、二人とぼとぼ歩いて着きました!

P_20180803_202938_1

THEナイト水族館!いや~夜も良いね♪イルミネーションが綺麗♪

P_20180803_203121_1

たくさんの風鈴が吊り下げられ、涼しげな音色。この時、時間はすでに20時35分。「早よ周らな、全部見られへんで~」とハッパをかけて。

P_20180803_203202_1

館内の床面には、ひまわりとあじさいのプロジェクションマッピング。これもキレイでした。毎回、帰省して思うこと。神戸はこういったプロジェクションマッピングやイルミネーションなど本当に繊細で美しい。東京にもたくさんあるけど、芸術的な美しさは神戸が上回っているような気がします。

P_20180803_203610

他の水族館でも、一番感動するのは地味に「光っているイワシの大群」だったりする。

P_20180803_204132_1

タツノオトシゴ

P_20180803_204148_1

何気に、こういう小さくて「チョイキャラ=ちょっと顔を出しているキャラクター」が、私のツボだったりします。

P_20180803_204201

この子たちも、小さくて可愛かった~

P_20180803_214823

イルミネーションに照らされる甥っ子。この後、家に帰り、入浴後 電池が切れたようにいつの間にか寝てました(笑)

翌日は、弟一家の住む池田に送りました。

そうそう!東京に帰る途中 甥っ子から電話が入り「3日間ありがとうな~!!」と。水槽の件といい「彼氏か!?」とツッコミそうになりましたよ~(笑)

日記 | コメント (0)

日記

神戸に帰省~甥っ子珍道中~その1<メダカを捕る編>

2018/8/7

8/1~4にかけて、神戸に帰省していました。

昨年、東京に引っ越してからというものの、姪っ子(弟の子供)から「今度はいつ帰ってくるの?」とLINE攻撃で(笑)今回、帰省の日程を伝えたら「実家に遊びに行くね!!」が、いつしか「泊まらせて~」に。

一時期は、姪と一緒に甥も泊まりにくることになっていたのですが 姪に予定が入ってしまい「今回は、なし!」と言うことで日帰りで遊びにきました。

が!!!ビックリしたのが甥っ子。小さな体に大きなリユック。家につくと荷物整理。「ええと~タオル、歯ブラシ、パジャマ。。。」

って、泊まる気満々やん!!(笑)

どーも、家を出る時に「俺は泊まる!!」といって、聞かなかったらしく。とりあえず、泊まる用意を持たせ恰好をつけたら落ち着くと思いきや、彼はそうでもなかったようで。結局、甥っ子のみ二泊三日。

困ったのが、私 甥っ子と長い間二人で遊んだり、しゃべったりすることがなかったんですね。もっと言うと、私に子供がいないというのもあるんですが「男の子の扱い方?」がよく分からず。。。

姪っ子や、女の子には慣れているのですが。男の子のツボや接し方がイマイチ分からない。どうなることやら~と思いながら預かることに。

が!一緒に過ごすと今まで見えてこなかった甥っ子の姿に気づかされました。いつもはお姉ちゃんに色々言い負かされて拗ねたり、後ろに隠れたりする感じなんですね~。姪っ子は、すごいパワフルですから。

2日目は、近所の池へメダカ捕り。暑いし、私はあまり乗り気ではなかったのですが(笑)「俺がメダカを捕るから、家で育てて!」と。

ど~も、私が熱帯魚系を育てていないことを知ると、彼の頭の中は「かわいそうな、ネエネ(←私のことです)」になったらしく。ひたすら、メダカを飼えとうるさい。

その後、メダカを飼うには「水槽、えさ、ぶくぶく、水草、石が必要だ!」と私にあつく語りはじめまして、ダイソー&コーナンに連れていくことに。

彼は右手に1000円札を握りしめ店内へ。「これと、これが必要やねん!あ~すいません、もうちょっと小さな水槽ないですか?」と店員さんに交渉。おそるべし、小学2年生!

極めつけは、会計時。私が払おうとすると「ええ!俺が買ったるから!!」と。なんか、恰好いいやん。このまま上手いこと育ってや~と思いました。

2日目の昼はこんな感じ。この後、食事中に甥がとんでもないことを言い出します。「俺!須磨水族館に行きたい!連れて行って!!」時刻はすでに、20時過ぎ。

まじですか!?
神戸に帰省~甥っ子珍道中~その2へ続きます。

日記 | コメント (0)

日記

国産モリンガ&ラベンダー

2018/7/26

P_20180721_135713

「Tea for Peace」と同時開催のイベント「青山ファーマーズマーケット」で目を引いたもの。それは国産モリンガ&ラベンダーです。こちらモリンガの葉。皆さんモリンガってご存知ですか?近年、スーパーフードがブームですがその一つ。ワサビノキから採取されビタミン、ミネラル、ポリフェノールが豊富♪ 主な利用部位は「葉」。日本ではパウダー状にした形で出回っています。

P_20180721_135509

「種」は圧搾するとオイルになります。食べれるよ~と聞いて、口に含むと・・・「苦っ!!」。でもなぜか、徐々に甘く感じられるんですね。モリンガの育つ環境は、インドやフィリピンなどの暑い地域。現在、日本でも九州~沖縄にかけて栽培されているらしいです。今回出展されていたところは、沖縄産。国産のモリンガに出会えたのは新鮮でした。

P_20180721_152812

山梨県でイングリッシュラベンダーを栽培。それらをジャムなどに加工・販売している業者さん「ラヴァンドの小径」。

P_20180721_132937_1

コップに浮いているのは、ラベンダーのつぼみ。ラベンダーは食用にもなるんですよ~。

P_20180721_152847_1

驚いたのは、北海道以外でイングリッシュラベンダーが栽培ー加工ー販売されていること。西日本では、あまり見ることのない光景です。関西では気温が高いので、イングリッシュ系が育ちにくく「ラバンディン系」が主流です。私のサロンで取り扱っている淡路島産ラベンダー精油もラバンディン系の「ラベンダーグロッソ」という品種です。

P_20180721_152837

イングリッシュとラバンディンの主な違いは、リラックス成分の一つである「酢酸リナリル」の含有量です。イングリッシュは35%以上。ラバンディンは、おそらく20%台がほとんどじゃないでしょうか。この為、香りもちがってくるんですね。イングリッシュは、深みのある香り。ラバンディンは、少しローズマリーに似たスパイシーな香りがプラスされます。

具体的には、イングリッシュの香りは心身ともにリラックス。ラバンディンは、リラックス&リフレッシュとして使えます。

P_20180721_152816

しかし、イングリッシュだけでも品種が多いですね。こちらは、つぼみの紫が一番濃い「濃紫」

P_20180721_152820

「おかむらさき」という品種。こちらはわりと有名です。

P_20180721_152824

今回はじめて知った品種「はなもいわ」。さわやかな、水色のつぼみが綺麗でした~。

日記 | コメント (0)

日記

Tea for Peace青山

2018/7/25

P_20180721_141131

先週の土曜日、青山国連大学の中庭で開催された「Tea for Peace」に行ってきました~。約100種類の日本全国、世界中のお茶に出会えるというこのイベント。目玉は、約100種類あるお茶の飲み比べ。

P_20180722_091859

受付で陶磁器のオリジナルカップ(1個¥1,000)を購入し

P_20180721_141029_1

各お茶のブースで自由に試飲させてもらいました。こちらは抹茶。たいへん濃厚な風味でした♪

P_20180722_092125

今回の戦利品。同時開催のファーマーズマーケットで購入した商品も含めて。このイベント、とても良かったです!何でかと言うと、滅多にお見かけしないであろう商品がたくさん出ていたからです。

例えば「コーヒーの葉や花から作られたお茶」「黒人参茶」。沖縄の希少な柑橘「シーク」を加えたお茶。ちなみにシークは、シークワーサーではないんですね。風味的にはとても近いですが。酸っぱ過ぎて市場に出回っていないらしいです。

P_20180721_135713

ファーマーズマーケットでは、沖縄産の「モリンガ」。

P_20180721_152847_1

山梨県産の「イングリッシュラベンダー」の商品に出会えました。長くなりそうなので次回の記事に、この2つの商品について取り上げたいと思います。

日記 | コメント (0)

日記

東京ビッグサイトの展示会へ

2018/7/18

7月のはじめ、東京ビッグサイトで開催された「国際ヘルス&ビューティグッズ EXPO」に行ってきました!同時開催で雑貨・インテリアEXPOなども覗いてきました。

目的は、都内でアロマスクール&サロンをしているのですが そこで販売する商品の仕入れです。

まずはアロマ関係をざ~っと見てみると、オイル単体よりも芳香蒸留水や水溶性の商品を使用する傾向になってきているなあと思いました。より、おだやかに香らせるといったところでしょうか。

ディフューザーに関して言えば、海外製は圧倒的にインテリア性が高い!使いたいな~と思わせるデザインが色々とありました。日本のメーカーは、木のような質感、もしくは白・ベージュ・半透明などのナチュラルな質感、銀などのメタリック素材が多いんですね。よくも悪くも無難なデザインがほとんどです。

こういったデザイン性の高い、海外の会社から買い付けが出来たらいいな~と思っています。だけど、ロット数が大きく5000~6000個の世界。。。隙間の交渉次第です。

会場内をまわると、懐かしの「DEMETER~ディメーター~」発見!昔、商社でコスメバイヤーをしていた時に取り扱っていた商品でした。ブースには100種類以上の商品がずらり!当時は数種類しかなかったのに。社員さんに話を伺うと、一時は日本から撤退し、今秋違う代理店が取り扱うことになり日本再上陸らしいです。それに合わせてラインナップを増やしたとか。

DEMETERは、1993年ニューヨークで立ち上がったフレグランスメーカーなのですが個性的な香りが多いんです。例えば「sushi」「ジンジャーエール」「ベビーパウダー」など。

香りも再現性が高くて、例えばジンジャーエールを嗅いでみると「あ~、、、ジンジャーエールね。」じゃなくて「あー!!はい!はいジンジャエールね!」という感じです。

昔、発売されていた商品の一つに「ウイスキー&タバコ」というものがありました。その奇抜なネーミングとコンセプトにびっくりしたことを覚えています。ある意味、香水にタバコって真逆の世界だったので。。。それ、商品にしちゃう!?って。フレグランス界のロック魂を感じるブランドです(笑)

今秋、どこかのお店で見かけたら全種類香りを嗅ぎたいな~と思っています。

日記 | コメント (0)

日記

アロマクラフト ワークショップ開催♪

2018/7/16

P_20180703_163525

来月の8/8~9/12にかけて、アロマクラフトのワークショップを開催します。

こちらはその作品
【インスタ映えするかもしれない!?ミントチョコ風の石けん】

アロマの精油やハチミツを入れ、手でこねこねして作る石けん。名入れ(例:TARO HIROMI)、文字入れ(例:PEACE HAPPY)できます♪

P_20180704_100315
透明のテグスで繋ぎ合わせて吊り下げれば「香るインテリアオブジェ」に♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お菓子系のカップに入れれば、部屋のインテリアオブジェに☆彡

P_20180703_164920
こちらは
【インスタ映えするかもしれない!?カラフルバスボム】

両端を繋ぎ合わせれば、キャンディーレイ風に♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吊り下げて、窓際のワンポイントアクセントに☆彡

P_20180704_100315

ご興味がある方は、当ホームページをご覧ください♪東京、神戸でも開催します~。神戸は要お問合せ下さい♪
国産アロマとハーブのスクール&サロン アロマドレッシング

スクール

日記 | コメント (0)

  1. 北摂トップ
  2. コスメドレッシング
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更