1. 北摂トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. Fruits in Teaという名のデザートを味わう夏

Fruits in Teaという名のデザートを味わう夏

Fruits in Teaという名のデザートを味わう夏

リプトンの「Fruits in Tea To Go OSAKA」が、7月5日~9月7日(金)、ディアモール大阪で期間限定でオープンしています。

アイスティーにフルーツをたっぷり入れて楽しむ「Fruits in Tea」の専門店。
2017年の期間限定オープン時は、連日、数時間待ちが当たり前の大盛況だったそう。

今年は、去年よりバージョンアップしているそうで…
どこが進化を遂げているのか見たり、聞いたり、飲んだりして調査してきました!

s-DSC01496 (2)リプトンのパッケージのような鮮やかな黄色が目印のお店

今年の「Fruits in Tea」の楽しみ方

同店の「Fruits in Tea」の人気の秘密は、「氷がとけるまで、数種類ある紅茶を何回でもおかわりできる」こと。

今年は、おかわりするときに自分なりにカスタマイズできるよう、自由にトッピングできる塩、ターメリック、シナモン、バニラの全4種類のスパイスが登場しています。

ちなみに意外と合うトッピングは「塩」なんだとか。フルーツの甘みが引き立つみたいですよ。夏のミネラル補給にもぴったりですね。s-DSC01517 (2)アールグレイ、今年新登場のパイナップル&ハイビスカスティー、グリーンティーがおかわり紅茶で楽しめます

緑茶×フルーツ=???

紅茶のリプトン、実はグリーンティー(緑茶)のブランドとしても世界では有名。
日本は未発売ですが、海外のスーパーではリプトンの緑茶が売られているんですよ。

「Fruits in Tea To Go OSAKA」では、同店のためだけに特別にブレンドされた
グリーンティーも味わえます。従来の緑茶よりも渋みが抑えられているので、
フルーツとの相性も抜群です。

これは絶対飲むしかない!と迷わず、一杯目は緑茶ベースの3種類あるスペシャルメニューの1つ「Free me,Lychee」をチョイス。

フローズンされたライム、パイナップル、ライチとミント、タピオカをボールにinして、

s-DSC01502 (2)

フルーツたち、パッションフルーツシロップをオリジナルボトルに詰め込んで、

s-DSC01506 (2)

スペシャルなグリーンティーをボトル一杯に注いでもらって完成!

s-DSC01515

 正直に言うと飲む前は、フルーツと緑茶の組み合わせに不安を感じていましたが…

しかし、口に運ぶとそんな考えはふっとんでいきました。

 まず、ミントの爽やかさ口の中を駆け抜けていきます。つぎにライムの柔らかな酸味、そしてライチ、パイナップルのフレッシュな甘さがやってきました。それをまとめ上げるさっぱりとした緑茶。気が付くとごくごく飲んでいる自分がそこに…

めちゃくちゃおいしいやん!緑茶×フルーツ…!これを飲むと「緑茶=ご飯や和菓子と一緒に飲むもの」という、私の固定観念を崩れていきます(笑)

スペシャルメニューは他にもパイナップル&ハイビスカスティーがベースの「Rock,me Raspberry」、 アールグレイティーがベースの「Cheer,me Strawberry」がありますよ。

世界に一つのフルーツティーを発見しよう

スペシャルメニューの他にもカスタムメニューがあります。

カスタムメニューの組み合わせはなんと約6万通り。1日1杯づつ試してたら、約164年かかる計算に…どれを選べばいいのやら…

ということで、お店の方におすすめを聞いてみることに。

アールグレイはどんなフルーツ、シロップにも合いますよ。シロップはザクロのグレナデンシロップが私のおすすめです」とのこと。

そうしてできた私のカスタムフルーツティーはこんな感じ。

s-DSC01520 (2)ベースフルーツはイチゴ、トッピングフルーツはキウイとマンゴー、アクセントにハーブの一種であるエストラゴンをチョイス。

それらが、お店の方がすすめてくれた、アールグレイの香りと風味、グレナデンシロップのとろりとした甘さとあいまって、フルーツの味を堪能できる絶妙な味わいに!まさに名コンビ!プロの意見に間違いなしです。

フルーツはつぶしながら飲むと味と香りがさらに引き立ちますよ~。

s-DSC01489それぞれに限定タンブラーがあります。ちなみに右から三つ目が大阪店限定タンブラー

どれもフルーツたっぷりなので、飲みものっていうよりデザートって感じでした。ごちそうさまでした

午前10時から午後9時(ラストオーダーは午後8時45分)。※8月22日(水)は休館日
タンブラー付きが1000円、カップでの提供が600円。タンブラー持ち込みでも600円。

また、物販コーナーも併設。

レシピブックがついたオリジナルタンブラーや、アールグレイ、パイナップル&ハイビスカスのコールドブリューティーが楽しめるティーバックなどが販売されています。

詳細はhttp://brand.lipton.jp/leaf/fruits_in_tea/store/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. Fruits in Teaという名のデザートを味わう夏
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更