1. 北摂トップ
  2. お買い物
  3. 大阪・北摂のレトロな空間で観て、食べて、学んで

大阪・北摂のレトロな空間で観て、食べて、学んで

  • 2018/09/06 UP!

画像

箕面・豊中・池田・茨木・高槻
レトロな空間でおとなの秋時間を

 北摂エリアには、古い建物の雰囲気を残したお店や施設があちこちに。食事をしたり、学んだりー。レトロな空間で、秋の1日を過ごしませんか。

1.MINOH KAJIKASOU(みのお かじかそう)/箕面市

画像

阪急箕面駅から歩いて5分ほどで、タイムスリップしたような空間が広がります

箕面市の景観重要建造物を舞台に本格イタリアンに舌つづみ

 イタリアンダイニング「MINOH KAJIKASOU」は、昭和28年建造の元料理旅館。箕面市の景観重要建造物にも指定されています。春は桜、秋は紅葉など、窓からの景観も見事です。メニューはアラカルトのみ。ロケーションを生かしたイベントも開催されます。

画像

白ワインと香草の香りが豊かな、サーモンと貝の紙包みアクアパッツァ。1566円

画像

9月24日(振休・月)に、料理と抹茶、音楽を楽しむ「中秋の宴」(1万円)を開催。主催・箕面倶楽部。携帯090-4294-7340。※写真は昨年の様子

MINOH KAJIKASOU(みのお かじかそう)

箕面市箕面1-6-6。※近隣にコインパーキングあり
☎072-734-8531
定休日=水曜(祝日の場合は木曜)
営業時間=ランチ11:00~15:00LO、カフェ15:00~16:00LO、ディナー17:00~20:30LO
http://minoh-kajikasou.com/


2.菜食カフェ&織り工房 リジョイス/豊中市

画像

穏やかな時間が流れる室内は、壁や障子などのしつらえはそのままに

築100年の空間で機織り体験 野菜たっぷりのランチも人気

 築100年の古民家を改装した、ゆったり空間でいただく菜食料理。大根や車麩のフライなどベジタリアンメニューが味わえるランチ(1600円、2日前までに要予約)や、国産小麦を使った手作りのパンが人気です。機織りやお客さんからのリクエストで始まった料理教室(2人以上で要予約)、ライブなども開催。レンタルスペースも。

画像

オーガニックコットンを使った機織り体験は、2000円(1時間、延長の場合は追加)+糸代。1~2時間程度でランチョンマットができるそう

画像

ランチは旬の野菜、豆腐、豆を使った和の食材が中心のプチコース

菜食カフェ&織り工房 リジョイス

豊中市中桜塚1(場所の詳細はHPを参照)
※近隣にコインパーキングあり
☎06-7493-7794
営業時間=12:00~日没
営業日=木・金・土曜 http://rejoice168.sunnyday.jp/


3.菁菁苑(せいせいえん)/池田市

画像

ノスタルジックな雰囲気が漂う一角。歩くだけで心が躍りそう

カフェや大人の学び舎など 長屋で見つけるお気に入り

 昭和初期に建てられた長屋一帯をリノべーションし、7店舗が軒を連ねる菁菁苑。カフェ&ギャラリーのPhteah(プテア)では、エスニックベースの家庭料理がいただけます。“現代の寺子屋”を目指す○塾(わじゅく)では、学習塾のほか、大人向けの講座もスタンバイ。

画像

Phteahのランチ1000円(内容は2週ごとに変更)。取材時は鶏手羽のヌクマム風味焼きほか。9月9日(日)まで「インドの布展アジュラックプリントと砂漠の雨の歌」を開催

画像

○塾の室内。健康教室(1回1500円)やビブリオバトル(1回1000円)など、大人向けの講座を主に土曜に開講

菁菁苑(せいせいえん)

池田市菅原町9~10
※近隣にコインパーキングあり
店舗によって住所、営業時間・定休日が異なる http://www.seiseien.com/

Phteah
☎072-737-5326 営業時間=12:00~20:00 定休日=月・火曜
〇塾
☎072-743-6290 営業時間=14:00~21:00 定休日=日・月曜、祝日


4.小林一三記念館/池田市

画像

五月山のふもとにたたずむ小林一三記念館

国の登録文化財のお屋敷で往時に思いをはせて

 阪急グループの創始者、小林一三の旧邸「雅俗山荘」を中心に、その事業やゆかりの品を紹介。昭和12年に完成し、現在は居住当時の状態に復元された「雅俗山荘」は、室内のクラシカルなしつらい、家具などは見ごたえがあり、手入れされた庭も望めます。茶室「即庵」、正門「長屋門」などと共に、国の登録有形文化財に認定。館内にはフレンチレストランも。

画像

昭和初期にタイムスリップしたような雅俗山荘

画像

小林一三の発想や工夫などを伝える「白梅館」。阪急電車の車両をイメージしたあしらいも

小林一三記念館

池田市建石町7-17
☎072-751-3865(逸翁美術館)
入館時間=10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日=月曜休み(月曜が祝日・振替休日の場合は翌日休み)
観覧料=高校生以上300円、中学生以下無料
http://www.hankyu-bunka.or.jp/kinenkan/


5.時光舎/池田市

画像

商店街から一歩入った路地にたたずむ時光舎

アンティーク家具が並ぶ築100年の古民家で台湾茶館にいる気分を

 築100年の古民家をリノベーションしたお店で、中国・台湾料理を提供する時光舎。和のアンティーク家具で設えられた店内で、ゆったりとした時間が過ごせます。メインと6種の総菜が付いた、台湾茶館式の「時光舎のごはん膳」(2000円、夜は要予約)、「台湾茶と点心のセット」(午後2時~、1200円)など。

画像

町の喧騒から離れた空間で食事とお茶を

画像

「ごはん膳」は主菜、小菜六種、八宝美人粥、本日の台湾茶、デザートがセットに

時光舎

池田市栄町3-13
☎072-751-9200
営業時間=11:30~22:00(21:00LO) 定休日=水曜休み
http://jikousha.com/


6.福寿舎/高槻市

画像

酢醸造所で人気だった“福寿酢”が名前の由来

酢をつくっていた町家から高槻モノを発信

 築118年、酢の醸造所だった町家が、食や工芸、デザインなど生み出し、発信するシェアアトリエに。改装された館内には、レンタル着物&撮影、茶道や表装など和文化のおけいこを学べる「いと」などの店舗・事務所に加えて、今夏には、ビストロフレンチのLe Coin Discret(ル コワン ディスクレ)がオープン。手作り市もあり、次回は2018年10月27日(土)午前11時~午後4時開催。

画像

シェアキッチンもあり、1時間1000円で貸し出しも

画像

マルシェやライブなど、さまざまなイベントを開催

福寿舎

高槻市城北町1-9-6
☎072-674-1127
営業時間・定休日=店舗・イベントによって異なる
https://fukujuya-takatsuki.com/


7.GRAN FABRIQUE(グランファブリック)/茨木市

画像

スタイリッシュなのに懐かしさを感じるギャラリー。撮影:井上 嘉和(井上写真事務所)

明治時代からたたずむ邸宅で五感を刺激するひととき

 明治時代に建てられた木造邸宅が、クリエイティブスペースに変身。催しは多彩で、アートギャラリーとしての展示会のほか、イベント、各種教室、講演会やライブが行われることも。イベント開催時のみオープン。次回は9月28日(金)~10月2日(火)の「まとうもの」で、新進気鋭の女性クリエーター3人が、衣服、バッグ、アクセサリーを展示、販売します。

画像

ギャラリー「 la galerie」(ラ ガルリ)の過去の展示の様子。次回、9月28日(金)~10月2日(火)開催の「まとうもの」では、服飾ブランド「SEN」「MizueYone」、アクセサリーブランド「MICIEL+PLUS」などの作品が並びます

画像

窓越しの眺めは、1枚の絵画のよう

GRAN FABRIQUE(グランファブリック)

茨木市駅前1-8-28
☎072-621-6953
営業時間・定休日=イベントに準ずる
http://glanfabrique.com/

手織りのテーブルセンター(7000円相当)をプレゼント
北摂レトロクイズに挑戦

 今回紹介した、北摂エリアのレトロ建築に関するクイズを用意しました。全問正解者から抽選で2人に、豊中市の菜食カフェ&織り工房「リジョイス」から7000円相当の手織りのテーブルセンター(写真、いずれか1枚)をプレゼントします。チャレンジしてみて! 10月3日(水)締め切り。

画像

人気記事ランキング

  1. 北摂トップ
  2. お買い物
  3. 大阪・北摂のレトロな空間で観て、食べて、学んで
電子ブックを読む
現在北摂エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更