1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★みんながオススメの家計簿アプリは? 家計管理のコツを一挙公開!

みんながオススメの家計簿アプリは? 家計管理のコツを一挙公開!

osk_180111honne_pic01

 2018年を迎え、気持ち新たに家計も引き締めていきたいところ。今回は、みんなが愛用している家計簿アプリや家計管理のコツなどをリサーチ。家計簿を使わない“ムダ遣い予防法”など、ユニークなアイデアも要チェックですよ。

※データ・コメントは「リビングWeb」で、2017年11月9日~21日に実施のプレゼントアンケートから。有効回答数1513。
※掲載内容は2018年1月11日時点のものです。

家計の管理は誰が行っている?

osk_180111honne_graph02

 「節約する私と、家計に無頓着な夫でバトルになることも」(吹田市・39)など、家計管理は妻の役割という家庭が6割以上。「共同で管理している」と答えた人は「共働きなので2人で同額ずつ貯金用口座に振り込み、残りは各自の自由。食費等は2人で一緒にスーパーに行き、交代で支払っている」(尼崎市・26)など、共働き世帯からの声が目立ちます。
 一方「夫が家計管理をしている」という人からは「定年後は夫がスマホで家計簿をつけており、レシートを毎日渡しているが、少し窮屈に感じることがある」(枚方市・61)なんてお悩みも。家計に細かすぎる夫を持つのも困りもの!?

家計管理に使用しているツールは?

osk_180111honne_graph02

2018年、家計管理のツールは準備した?

osk_180111honne_graph03

家計簿ツールを新調する人は2割程度
出費が多すぎて挫折! 40代は「何も使用しない」が最多

 デジタルツール派よりノート派が優勢ですが、新年に「家計管理ツールを新調する」という人は、全体の2割程度と少数派。20代・30代を中心にアプリの利用率が高く、40代になると「何も使用していない」の比率がアップ。「子供の成長と共にエンゲル係数も上がり、食費が毎月一定の支出額にならなくなった」(高槻市・43)、「大学生と高校生の子どもがいて、2日に1回の買い物は量も多く、記入するのが大変」(枚方市・44)など、成長期の子どもがいる家庭で、家計簿をこまめにつけるのは至難のワザのようです。
 50代以上は手書きを支持する人が多いものの「短期のエクセル講座に通っている」(大阪市・55)と、デジタルへの移行を考えている人も。また「日記がわりになるので紙の家計簿に戻した」(神戸市・50)など、自分流にアレンジしやすい“紙”をあえて選んでいるという声も目立ちます。

便利なアプリも「つけっぱなしで分析できていない」
“財布が別”の共働き家庭は、夫の貯金額を知らない不安も

 アプリなどで家計簿をつけている人からも「分析をしてないから、意味があるか不明」(豊中市・39)といった悩みが。また、共働きの家庭からは「財布が完全に別。お互いの貯金額も知らないので、このままではまずいと感じている」(豊中市・36)、「結婚してから家計管理を統一したくてもなかなか取り組めず。将来を見据えて、どう管理したらいいのか悩み」(豊中市・27)など、家計管理が統一できていない悩みも散見されました。

アプリ派

レシートを撮るだけで自動入力
ポイント換金されるものも

  • Zaim」というアプリは、レシートの写真を撮れば自動入力してくれる。手間がなく、日課になっている(川西市・35)
  • CASHb」がマイブーム。レシートとバーコードを読み取り送るだけで、ポイントに応じて、換金してくれる。ポイント欲しさに、ついつい購入してしまうことも(尼崎市・33)
  • マネーフォワード」を愛用。銀行の残高やカードの請求金額が一目で見られて便利。家計の見直しにも役立っている(尼崎市・36)
  • おカネレコ」を使っています。 レシートの写真も撮れて便利です(吹田市・37)

ノート派

自分流にアレンジできるのが魅力
手書きすることで頭の体操にも

  • 統計ノートを使って、自由に書き出し、お金の流れを把握している(吹田市・28)
  • 市販の家計簿(ムック本)を毎年購入。ざっくりとつけられて、1カ月分を見開きで確認できるのが良い。手書き・暗算することで頭の体操になる。現金払い・カード払い・自動引き落としなど大まかにカテゴリ分けして、印で区別(西宮市・36)
  • 自分の使いやすいようにノートをデザインしている。10年目にしてやっと完璧なノートになってきた気がする(枚方市・41)

何も使わない派

小さな物でもクレジットで履歴を残す!
ズボラでも続く家計管理のコツ

  • 家計簿は面倒なので、小さな物でもクレジット支払いをして履歴が残るようにしています。ポイントも貯まるので(豊中市・32)
  • 「食費」「光熱費」「その他」で3つの封筒を作り、毎月残った分を貯蓄(大阪市・51)
  • 食費のみ別財布を用意。夫が諸経費を払い、自分が貯金係。この方法でうまくいっている(茨木市・29)

オリジナル節約法

欲しい物は家族の前でプレゼン!
お菓子の食べ過ぎで“罰金”も

  • 毎月何にかかりすぎたかを夫婦で反省し、次月気を付ける改善策を話し合う(神戸市・26)
  • 結婚当初は夫に月5万円のお小遣いを渡していたが、今は飲み物やタバコ代として、欲しいと言われた時に1000円だけ渡している。1度にたくさん渡すとすぐに使ってしまうので(西宮市・29)
  • 欲しい物がある場合、どれだけ欲しいか、買ったらどれだけ家族にいいことがあるか、プレゼンしてもらう。子供もです。家族に必要だと思ったら許可を出します(笑)(茨木市・40)
  • 夫がお風呂に入らなかったり、飲み会などで帰りが遅かったりした場合は、罰金として500円もらい、貯金箱に貯めている。ちなみに私がお菓子を食べすぎたりした場合も500円を払っている(神戸市・36)

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★みんながオススメの家計簿アプリは? 家計管理のコツを一挙公開!



会員登録・変更