1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 〈vol.2 大阪ガスの住まいのサービス〉住まいの困りごと解決で、気になるのはやっぱり料金

〈vol.2 大阪ガスの住まいのサービス〉住まいの困りごと解決で、気になるのはやっぱり料金

osk_column-kurasupo_logo

住まいの困りごと解決で、気になるのはやっぱり料金

月々わずかな料金で一次対応が無料に

Vol.2 大阪ガスの住まいのサービス

 読者アンケート(※1)の回答をふまえ、企業が展開する暮らしのサービスについて聞く「暮らサポ」。今回は、「大阪ガスの住まいのサービス」について、同社リビング事業部・リビング営業部長の武村勝博さんを直撃しました。
※1 大阪ガス供給エリアのリビングパートナー対象「住まいのサービス」のアンケートから(2017年12月8日~12日、回答数131)

写真

不意に発生する困りごとは誰にとっても身近なもの

 台所、洗面所、浴室、トイレの水まわりのトラブルに、エアコンやコンセントの故障など、不意に起こる住まいの“困りごと”。「5年以内に発生した住まいの“困りごと”」を読者に聞いたところ、何もなかったのは、131人中わずか3人。読者にとって、住まいの困りごとは身近なものといえそう。困りごとがあった2割近くの人は、プロに対応を依頼していました。プロを選ぶ決め手を聞いたところ(表1)、トップは料金。“修理料金は高いのでは”という不安が垣間見られます。

【表1】Q. 住まいの困りごと対応
 プロを選ぶ決め手トップ3

1位 料金
25.3%
2位 かかりつけ
20.6%
3位 即時対応
17.6%

 そんなニーズにこたえたサービスが、大阪ガスが2017年4月にスタートした「住ミカタ・プラス」(※2)。月々216円の利用料を支払えば、出張料不要で急な住まいのトラブルに駆けつけてくれ、一次対応も無料でしてくれます。

 「住ミカタ・プラス」の利用経験がある読者からは、「扉の取っ手が取れたときに、すぐに来て、無料で直してくれた」(西宮市・62)や、「ガスコンロの電池交換の方法がわからず、依頼した」(宇治市・77)という声も。「『住ミカタ・プラス』の利用で多いのは、トイレの水が出ないなど、水まわりのトラブル。次に、住まいの修理です。スイッチやコンセントなど、どこに頼めばいいかわからないトラブルも、まずは、ご相談いただければ。一次対応時の簡単な手直しで、直せるケースもあります」と武村さん。ちなみに、電球の用意は必要ですが、天井のLEDなどの電球交換にも対応してくれるそう。
※2 GAS得プラン契約者が対象、月々216円の利用料は2018年3月末まで無料。一次対応では、故障の診断・簡易手直しまで。修理が必要な場合は有料対応

約1300人の資格者が年間50万件に対応

 そんな修理やリフォームの技術を培ってきたのは、地域に密着し、長年にわたって行ってきたガス機器のメンテナンス。「現在、約200拠点・約1300人のメンテナンス資格者が、年間50万件以上の故障コール・保守点検に対応しています。どこに頼めばいいか悩んでも、実績がある大阪ガスなら、と思っていただけるのではないでしょうか」

 2017年7月には、より顧客の要望を実現できる「住ミカタ・リフォーム」も新たにスタート。家事時間が短縮できるキッチンや浴室と大阪ガスの省エネ設備を組み合わせた「暮らし楽エコプラン」、バリアフリーや防災、防犯を考慮した「家族安心プラン」、外壁塗装やシロアリ対策で快適さを長続きさせる「住まい長持ちプラン」という3つのコンセプトプランを軸に、リフォームの相談ができるようになっています。

「トイレ」のリフォームは満足度が高い!

【表2】Q. 5年以内にしたいリフォームトップ3

1位 トイレ
19.8%
2位 ビルトインコンロの交換
17.6%
3位 レンジフードの交換
11.5%

 読者に「5年以内にしたいリフォーム」を聞いたところ、「トイレ」が19.8%とトップ。「トイレは狭い分、手軽で満足度が高いリフォームです」と、武村さん。最近の便器は、節水タイプが主流。「私も一昨年にリフォームしましたが、水道代が減り、妻が喜んでくれました」と、自宅のリフォーム話も飛び出しました。「水洗時に便器が洗浄されたり、また、タンクレスでトイレが広く使えたりと、便器の機能が進んでいるのがポイントです。広くなった分、手すりを付ける、なんていうこともできますよ」

キッチンの入れ替えは15年が目安

 「5年以内にしたいリフォーム」で、次に多かったのが、「ビルトインコンロの交換」(17.6%)。「コンロは、お手入れがしやすいガラストップが人気です。コンロのグリルは、温度や時間設定などを自動的に調整してくれる自動調理機能も充実しており、家事の軽減にもつながります。コンロと同時に、レンジフードの交換をされる方も多いですね。こちらも、お手入れがラクな形に変化しているんですよ。さらに最新のシステムキッチンなら、見た目はすっきりしているのに、収容量が多いものが出ています。水の音がほとんどしない静音タイプのシンクもありますよ」と、武村さんからは、次から次へとキッチンのリフォーム最新事情が! 「キッチンはリフォームの花形ですからね」

リフォームの成功は故障前から計画的に

 いつかリフォームをと思っても、なかなか手を付けられないもの。「でも、壊れてからアタフタと入れ替えると、“ココもやっておけばよかった、こんな視点を忘れていた”と後悔することも。普段からショールームを見て、計画的にリフォームをすると、満足できる仕上がりになると思いますよ」。大阪ガスのショールーム「ハグミュージアム」の4階には、キッチンメーカー6社のイチオシ商品が展示されているとも。リフォームの情報を集めるのにぴったりですね。『住ミカタ・プラス』で訪問の際、経験豊富な技術者が、ほかの“気づき”をアドバイスできるかもしれません。リフォームを、長い目で思い描いていただければ」

大阪ガス リビング事業部 リビング営業部長
武村勝博さん

プロフィル●たけむら・かつひろ。大阪府出身。1990年、大阪ガス入社。リビング開発部PRチームマネジャー、企画部等を経て、2017年から現職。「ハグミュージアムの設計にも携わったんですよ」と武村さん。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 〈vol.2 大阪ガスの住まいのサービス〉住まいの困りごと解決で、気になるのはやっぱり料金



会員登録・変更