神戸・阪神間の産業遺産 | リビング兵庫Web
  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 神戸・阪神間の産業遺産

神戸・阪神間の産業遺産

  • 2018/08/02 UP!

神戸・阪神間 産業

 長崎県の軍艦島が世界遺産に登録されてから、お出かけ先としても人気の産業遺産。神戸・阪神間にある見学可能な施設について、産業遺産写真家・前畑温子さんや施設担当者が“推す”見どころとともに紹介します。

産業遺産って?
人の生活に欠かせないものの生産・提供を行うための営み(産業)にかかわる施設や建築物などの中で、特に後世に伝えるべき遺産としての価値があるものです。

  • osk_180729_sankyouisan_11
  • 前畑温子さん
    産業遺産写真家兼探検家。昨年、「ぐるっと探検☆産業遺産」を出版
  • osk_180729_sankyouisan_12

印は経済産業省の近代化産業遺産認定の施設。各施設とも駐車場なし。記載のある場合を除き、見学は無料。

阪神間のセレブが愛した社交場

武庫川女子大学 甲子園会館

 帝国ホテルを手がけたF.L.ライトの愛弟子である遠藤新が設計し、1930年、甲子園ホテルとして誕生。阪神間の高級社交場として人気でしたが、“ホテル”だった期間はわずか14年。海軍病院、米軍接収と、波乱の運命をたどり、現在は学びの場になっています。日本に残る数少ないライト式建築の一つで、国の登録有形文化財にも指定されています。見学は約1時間30分のガイド付きで事前電話予約制(見学設定日あり)。

osk_180729_sankyouisan_01

素焼きタイルの外壁と、東西のウイングが印象に残る甲子園会館

osk_180729_sankyouisan_02

和の意匠を取り入れた市松格子天井がある1階西ホール

osk_180729_sankyouisan_03

ホールにある、打出の小槌モチーフのオーナメント

osk_180729_sankyouisan_04

泉水(つくばい)にも打出小槌モチーフが

osk_180729_sankyouisan_05前畑さん的“推し”ポイント
水の流れを表す球体や打出の小槌モチーフなど、建物の随所にちりばめられた装飾がすてきです

ここもチェック

ライト洋菓子店の復刻カステラ

 甲子園会館からも近いライト洋菓子店(西宮市甲子園口2-3-30、木曜休。TEL:0798-67-2963)は、初代店主が旧甲子園ホテルの製菓長。その遺品から見つかったレシピで3代目店主が作る「復刻カステラ」(700円)が販売されています。

■DATA 西宮市戸崎町1-13▽TEL:0798-67-0290▽8月の個人見学日=4日、6日、8日、21日、25日、27日、31日。電話で事前予約のこと。9月以降の見学日は問い合わせを▽http://www.mukogawa-u.ac.jp/~kkcampus/index.html


ヴォーリズ建築の学び舎

神戸女学院建築物群

 1934年に完成した神戸女学院岡田山キャンパス。当時建てられた17棟の学舎全てをW.M.ヴォーリズが設計。「階段のステップ幅を高くしない」「雨でもぬれないよう学舎を回廊でつなぐ」など、随所に女子学生が使いやすい工夫がされています。
現存する12棟の学舎全てが国指定の重要文化財です。見学ツアーは事前申込制(文化財維持協力費として1人500円が必要)。

osk_180729_sankyouisan_06

文学館の建物。ちなみに、ヴォーリズの妻、一柳満喜子夫人は同学院の卒業生

osk_180729_sankyouisan_07

北側に窓を設け、自然光が入るよう工夫された図書館

osk_180729_sankyouisan_08

西側だけに側廊が設けられた礼拝堂

osk_180729_sankyouisan_09

後ろの斜面壁を自然の防音壁として利用できるよう考えられた音楽館

osk_180729_sankyouisan_10

荘厳な雰囲気が漂う講堂

施設担当者の“推し”ポイント
見学ツアーで案内する、図書館も見どころです。自然光を生かし、点灯しなくても明るい空間です。椅子や机などの調度品は当時のままです
(神戸女学院総務課 三枝卓馬さん)

ここもチェック

オリジナルグッズも販売中

 神戸女学院オリジナルグッズとして、ヴォーリズ建築をモチーフにしたイラスト入りクリアファイル、講堂やチャペルなどの写真入りポストカードセットなどを販売。ネット通販でも購入できます。

■DATA 西宮市岡田山4-1▽TEL:0798-51-8505▽見学ツアー=9月10日・22日、12月1日、2019年1月26日、2月23日、3月4日・16日の午前・午後。
希望日の1週間前までにWeb(https://www.kobe-c.ac.jp/events/vories)で申し込みを


紡績業の歴史を伝える明治建築

ユニチカ記念館

 日本の本格的な紡績業の先駆けとなった1889年創業の尼崎紡績(現ユニチカ)。
その本社事務所だった建物を修復した記念館です。初代社長はNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインの夫のモデル、広岡信五郎。繊維産業の歴史を知る上でも貴重な、同社の資料が展示されています。

osk_180729_sankyouisan_13

1900 年に完成した、レンガ造り2階建ての建物。尼崎市に現存する最古の洋式建築

osk_180729_sankyouisan_14

広岡信五郎直筆の書類など、創業当時からの歴史が分かる展示室

osk_180729_sankyouisan_15

歴史を感じる玄関

osk_180729_sankyouisan_16

「東洋の魔女」関連の資料

osk_180729_sankyouisan_17

階段の壁には新歌舞伎座の緞帳を展示

施設担当者の“推し”ポイント
綿花の産地だった、尼崎で創業。尼崎紡績、大日本紡績、ニチボー、ユニチカと変遷してきた当社の歴史資料を展示しています(ユニチカ人事総務部 立石望さん)

ここもチェック

「東洋の魔女」の資料も

 1964年の東京五輪で活躍し、「東洋の魔女」として日本中を熱狂させたニチボー貝塚女子バレーボール部の資料や、「あの女優さんも!」と見入ってしまう、歴代ユニチカマスコットガールのポスターも展示されています。

■DATA 尼崎市東本町1-50▽TEL:06-6481-0525▽開館は水曜のみ(祝日は休館)、10:00 ~ 12:00、13:00 ~ 15:00 。臨時休館の場合があるので確認を▽http://www.unitika-shusaikai.or.jp/


神戸港を見守り150周年

神戸税関本館

 今年で開設150周年の神戸税関。初代庁舎は失火により焼失。1927年に完成したのが、時計塔がそびえ、花崗岩とタイル張りの重厚な外観の2代目庁舎(旧館)です。
阪神・淡路大震災でも致命的な被害はなく、南北の庁舎部分を延長する形で3代目庁舎(新館)を増築。広報展示室・中庭の見学が可能です。

osk_180729_sankyouisan_18

神戸港を見守るミナト神戸のランドマーク

osk_180729_sankyouisan_19

旧館東門玄関を入ると、8本の円柱が吹き抜けの天井を支える空間が

osk_180729_sankyouisan_20

秋の「オープンカスタム」など特別イベント時のみに公開される旧館の元貴賓室

osk_180729_sankyouisan_21

中庭から見える時計塔の風景も人気

osk_180729_sankyouisan_22

広報展示室にある、ワシントン条約該当物品

前畑さん的“推し”ポイント
吹き抜けの玄関ホールの床にも注目を。豆タイルで模様が描かれてかわいいです

ここもチェック

広報展示室

 広報展示室では、税関の役割や歴史を紹介するパネル、密輸の手口や日本に持ち込めないコピー商品、ワシントン条約該当物品などを展示。
ブランド品の本物と偽物を見分ける鑑定にも挑戦できます。

■DATA 神戸市中央区新港町12-1▽TEL:078-333-3028▽見学時間=土・日曜、祝日を除く8:30 ~17:00▽http://www.customs.go.jp/kobe/


枕木や鉄橋、名残を探しながら散策

JR福知山線廃線敷

 1986年、旧国鉄福知山線の生瀬~道場間が新線に切り替えられて廃線に。2016年、そのうちの生瀬~武田尾間の約4.7㎞が自己責任を前提としたハイキングコース(所要時間約2時間)として一般開放されました。枕木やトンネル、橋梁など、旧福知山線の名残が見られます。

※ゴミは持ち帰る、自転車・ランニング禁止、ペット同伴不可、火気使用不可など、ルール厳守のこと。武田尾駅は無人駅です。

osk_180729_sankyouisan_23

鉄橋を歩くことができるのも醍醐味のひとつ

osk_180729_sankyouisan_24

秋の紅葉の季節が特に人気

osk_180729_sankyouisan_25

トンネルも見どころの一つ

osk_180729_sankyouisan_26

木々が色づく紅葉シーズン

前畑さん的“推し”ポイント
元は阪鶴(はんかく)鉄道だった旧福知山線。「HANKAKU」の刻印がある柵などを探してみて

ここもチェック

廃線敷マップを駅で入手

 廃線敷マップは、JR生瀬駅・西宮名塩駅で入手できます。廃線敷にはトイレがないため、トイレは各駅と名塩側・武田尾側入口部のトイレを利用して。
トンネル内には照明がないので懐中電灯などの持参を。

■DATA 西宮市名塩木之元から宝塚市切畑字長尾山▽西宮観光協会TEL:0798-35-3321、宝塚市国際観光協会TEL:0797-77-9120


日本最初の近代河川トンネル

湊川隧道

 会下山をくり抜き、日本最初の近代河川トンネルとして1901年に完成した湊川隧道。大雨で水害をもたらす、かつての湊川を、会下山の下へトンネルで通過させるために造られました。
2000年に新湊川トンネルが完成し、役目を終えましたが、貴重な土木遺産です。

※地下水がしみだしている場所があるので、ぬれてもよい靴で。

osk_180729_sankyouisan_27

明治の土木技術を今に伝える空間。土木学会選奨土木遺産

osk_180729_sankyouisan_28

隧道内のコンサートは、音の響きも幻想的

osk_180729_sankyouisan_29

ジャズ、クラシックなどのミニコンサートが行われます

前畑さん的“推し”ポイント
隧道の水がたまっている部分には、天井が水面に映っていて、とてもきれいです

ここもチェック

ミニコンサートも

 入り口から隧道へ至る通路に、湊川隧道の歴史などを紹介する写真が展示されています。月1回の見学日には、さまざまなジャンルのミニコンサートが。

■DATA 神戸市兵庫区湊川町9-1▽携帯090-5255-6288(湊川隧道保存友の会事務局)▽見学日=毎月第3土曜に見学会とミニコンサートを実施▽http://minatogawa-zuido.com/

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 神戸・阪神間の産業遺産



会員登録・変更