1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 小学校の英語、何をどう学ぶ? 3・4年は必修、5・6年は教科化

小学校の英語、何をどう学ぶ? 3・4年は必修、5・6年は教科化

小学校の英語、何をどう学ぶ? 3・4年は必修、5・6年は教科化

小学校の英語、何をどう学ぶ?
3・4年は必修、5・6年は教科化

 2020年度から、小学校5・6年生で英語が教科となり、3・4年生で「外国語活動」が必修になります。家庭での取り組みについて、元・公立高等学校校長の廣岡徹さんに聞きました。

 現在の小学校5・6年生の英語学習は、教科ではなく「外国語活動」という位置づけになっています。英語に慣れ親しむことが目標であり、教科書はなく、成績の対象とはなりませんが、必修ということで、授業は受けなくてはなりません。

 ところが、2020年度からの学習指導要領では5・6年生では英語は教科となり、教科書が作られ、成績も通知票に記載されます。また、あわせて3・4年生に必修の「外国語活動」が導入されます。その違いは、外国語活動では「聞く・話す」活動を中心に英語に親しみ、教科では「聞く・話す」を基盤としながら「読む・書く」活動が加わると考えられます。

 ただ、5・6年生英語が教科になったからといって、中学校の基礎が降りてくるわけではなく、文法を教えるということではありません。小学校では、歌やゲームなどを通して英語の音声に親しみ、簡単な会話に馴染むなど、英語に対する抵抗感をなくし、中学校の英語につなげることを目的としています。

小学校英語、その影響は? 保護者は?

 小学校における英語の教科化は、教育の世界にも大きな影響を与え、兵庫県では、兵庫教育大学と県教育委員会や市町教育委員会が連携して、効果的な指導法の研修を行うなど、対応を進めています。また、県・神戸市ともに、英語力のある小学校教員の採用を図るべく工夫しています。

 各市町では、これらの動向を見据えて、従来から英語教育について特色化を進めてきました。幼稚園にALT(外国語指導助手)を派遣したり、独自に英語指導員を採用したりしています。

 一方、私立小学校では特色化の一つとして、英語教育を、かなり以前から進めてきました。多くが英語専科の教員を配置し、外国人講師を招いている学校もあります。

 さて、保護者はどう向き合えばいいのでしょうか。塾では既に小学生向けの英語教室を設置するなどの対応を進めていますが、塾に行くという簡単な話でもありません。

 基本は、英語に親しむことですから、テレビの子ども向けの英語番組を見たり、公民館などの国際交流の取り組みに参加したりするなど、身近な機会の活用から始めてはいかがでしょう。

廣岡徹(ひろおかとおる)さん

廣岡徹(ひろおかとおる)

1947年兵庫県生まれ。兵庫県立高校教諭、県教育委員会、教育事務所長、県立姫路東高等学校長、兵庫教育大学大学院教授を経て、現在は兵庫県生きがい創造協会理事ほか。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 小学校の英語、何をどう学ぶ? 3・4年は必修、5・6年は教科化



会員登録・変更