1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 平成最後の築城 3/29オープン 尼崎城

平成最後の築城 3/29オープン 尼崎城

  • 2019/01/24 UP!

190124_amagasakicastle_01

平成最後の築城

尼崎城

江戸時代の絵図を基に再建

 今、時代は静かに“お城ブーム”。城郭めぐり、スタンプ集めなどをする人が増えています。そんなブームの真っただ中、3月29日(金)には、再建された尼崎城がオープン。映像を見たり、昔の衣装を身に着けたり、火縄銃の重さを体験できるなど、歴史を学べる新しいお城の全貌を紹介します。

写真
<尼崎城>3月29日(金)オープン

所在地/尼崎市北城内27(阪神尼崎駅歩5分) 開城時間/午前9時~午後5時(入城は4時30分まで) 休城日/月曜(祝日の場合は翌日)。12月29日~1月2日 入城料/一般・大学生500円、小・中・高生250円、未就学児無料。※1階は無料。問い合わせ/尼崎市城内まちづくり推進課 電話06-6409-4146

尼崎城周辺の歴史や観光スポットの紹介ビデオを床に投影。築城にあたり寄付をした人たちの芳名板も設置

写真

幅10mの大画面に尼崎城下町をVRで再現。火縄銃の重さや剣術などをゲームや体験しながら学べる展示も

写真

畳の空間には、時代衣装がズラリ。尼崎城主やお姫様になって、写真を撮ろう

写真

尼崎にまつわる展示が行われるギャラリー。尼崎出身の城郭画家・荻原一青の“百名城手ぬぐい”などを展示予定

写真

天守から見下ろす、現在の尼崎のまち。設置されたタブレット端末を操作して江戸時代の尼崎城下町と見比べてみよう

写真
(城内はすべてイメージパース)
おめでとうメッセージ
尼崎城の歴史
尼崎市立文化財収蔵庫学芸員・楞野(かどの)一裕さんに聞きました

 1617年、戸田氏鉄によって現在の北城内・南城内の約300m四方の敷地に築かれたのが尼崎城です。当時は、徳川幕府は大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼし、大坂を直轄地としたばかり。西日本に控える大名から守るためにも、大坂に近く、古くから交通の要所である尼崎に城を作る必要がありました。甲子園球場の約3.5倍の敷地に、3重の堀、4層の天守を持つ立派な城は、5万石の大名には大きすぎるもの、それだけ西の守りを固めたかったといえます。といっても、実際には尼崎城では一度も戦が行われることはなく、1873年に廃城になりました。
 新しい尼崎城は、VRや体験で歴史を学習したり、尼崎について知ることができる観光施設です。尼崎の歴史についてもっと知りたいと思う人は、2020年秋に本丸跡にオープン予定の「新博物館」を期待してください。歴史資料や文化財などを展示する予定です。

写真

江戸時代の尼崎城下を描いた絵図(尼崎市教育委員会所蔵「尼崎城下風景図(部分)」)

お城をもっと楽しもう
魅力がいっぱいのお城。自分なりの楽しみ方を見つけて、城めぐりをしてみませんか。

 お城を訪ね、その土地ならではのグルメを探してみては。「尼崎城みやげ品評会」(ティー・エム・オー尼崎主催)で、グランプリを受賞したのが「金のえびほこ」(日新天ぷら店)。「お城の鯱(しゃちほこ)に見立てて、金箔で飾って豪華に仕上げました。お城に来たら、商店街にも足を延ばして」と同店の鶴留朋代さん。
 築城400周年を迎える明石城のおみやげとして登場した、永楽堂の“プレミアムたこせん”。「厚みがあり、より明石だこのうまみが感じられます」と明石観光協会。姫路城や竹田城にも、特徴的な一品が。 

写真

天空の城として有名な竹田城跡で、昨年話題になった「もふもふソフト」。※今年の販売は未定

写真

パッケージも明石城築城400周年記念バージョンの「プレミアムたこせん」

写真

揚げたてはサクサク、冷めてもおいしい「金のえびほこ」

写真

姫路城の形を再現した「お城焼き」(杵屋)※姫路城大手門前の(宝蔵 いの屋敷)では、焼き立てのお城やきが1個80円(税抜)で食べられます。

写真

 御朱印ならぬ、登城記念に“御城印”を頒布するお城が増えています。御城印は印刷されたものに、その場で日付を書いてくれるものが多く、価格は300円前後です。
 1991年ころから御城印の頒布を始めた松本城(長野県)。「最近は扱う城も増え、おみやげに、記念にと御城印を求めていらっしゃる人も増えました」と松本城管理事務所。高取城(奈良県)では、「おみやげの中でも、一、二を争う人気です」(高取町総合政策課・主査 鍵本留菜さん)。 残念ながら、兵庫県のお城での取り扱いは未定です。

写真

昨年11月から頒布を始めた高取城。1枚300円

写真
写真

松本城では、昨年から2種類を頒布。1枚300円、2枚500円

写真

 日本写真家協会(JPS)会員で“城好き”という宮川透さんに聞きました。
 「基本は、青空をバックに下から見上げるとお城が映えます。ただし、山城などは雲海の中の方が魅力的。お城が持つ特徴を際立たせる状況を選びたいですね。また、尼崎城と周囲のマンション、姫路城と道路を行き交う多くの車や人と、お城+町並みなどを入れることで、現場の臨場感が出ます。私は、お城の魅力は、そのお城が持つ歴史や物語だと思います。離れた場所から、お城回りの広い全景を写すなど、お城に対するイメージを膨らませることが、良い写真を撮るコツです」。自慢の1枚が撮れたら、SNSへアップしては。

写真

青い空に白壁が映える(尼崎城)

写真

車や人の往来も入れて(姫路城)

写真

離れた山から全景を(竹田城)

写真(宮川透さん)

宮川 透さん

城郭CGディレクター 本岡勇一さんに聞く
身近なお城から攻めてみて

 「20年前に、偶然通った竹田城跡に登ってみました。雄大な景色に、まるで時間が止まったかのような錯覚を覚えて、それ以来、お城に魅せられました」と話す本岡勇一さん。多くの城をめぐり、その魅力をWeb(城めぐドットコム)や書籍で伝えています。
城めぐドットコムはコチラから http://www.siromegu.com/

写真

本岡勇一さん・著「ひょうごの城めぐり」は昨年出版

 「きっかけは、何でもいいのです。城郭の姿に引かれた、自分が好きな歴史上の人物が訪れた、スタンプラリーも楽しいですよ」。本岡さんが、より魅力を感じるのは土塁などだけが残る場所。「今は、もう、城はなくても、そこに立ち、昔ここで生きた人に思いをはせるとワクワクします」と話します。
 「私は、“兵庫県はお城県”と宣言していますが、それくらい多くのお城があります。まずは、身近なお城から攻めてみてはいかがですか」と、教えてくれました。

NEWS
「ちょこっと関西歴史たび明石城」開催中
今年、明石城は築城400周年を迎えます

 1619年に小笠原忠政によって築かれた明石城は、今年築城400周年。明石観光案内所では、“明石城 完全攻城ガイド”や明石城グッズも販売中。特別公開やイベントも実施中です。

写真

東西380mの石垣も400周年でお色直し

 
特別公開
■明石城坤櫓(ひつじさるやぐら)=明石公園内

 1月27日、2月3日・10日・17日・24日の日曜日。1回目=午前11時、2回目=正午、3回目=午後1時 通常は非公開部分である坤櫓の2階・3階を特別公開。各回定員20人、2日前までに要予約(先着順)。500円。※雨天中止。

写真

特別に公開される坤櫓(3階部分)

■明石市立文化博物館(JR明石駅歩5分) 3月22日(金)まで

 「明石城御殿平面図」「明石城太鼓」ほか、1/1500のスケールで再現された「明石城ジオラマ(城ラマ)」の展示も。大人200円、大学・高校生150円。※2月3日(日)までは特別料金(大人1000円、大学・高校生700円)。午前9時30分~午後6時30分(入館6時まで)。電話078-918-5400

写真

今回初めて一般公開される「明石城御殿平面図」

写真

明石城太鼓

 
イベント
■明石・お城フェスティバル
2月11日(祝・月)午前10時~11時30分、午後0時30分~4時、あかし市民広場(明石駅から歩1分、パピオスあかし2階)

 午前の部は「明石城完全攻城ガイド」「マンガでわかる明石城」を製作した攻城団が裏話などを披露。午後の部は城郭ライター・萩原さちこさんをゲストに討論会やクイズ大会を開催。

 
まちあるき
■明石城とゆかりの寺社巡り
1月26日、2月9日・23日、3月9日(すべて土曜日)

 明石駅コンコース内にある明石観光案内所前集合(午前9時30分)、明石城を見学後、高家寺と松平家廟所がある長寿院では住職の解説を聞くほか、現存する明石藩にゆかりの深い周辺の寺院を地元ガイドの案内で歩きます。解散は魚の棚商店街(午後1時ごろ予定)。定員は各40人(実施日の2日前までに予約・先着順)、料金は1500円。詳細は明石観光協会へ。

<明石城に関する問い合わせ>
明石観光協会電話078-918-5080
姫路城世界文化遺産登録25周年
2月に小天守群を特別公開

 姫路城は、1600年に姫路城主になった池田輝政によって大改修が行われ、現在の姿になったといわれています。1951年には国宝指定、1993年には世界文化遺産に登録、昨年12月には世界遺産登録25周年を迎えました。

写真

アプリで姫路城の魅力を発見

 姫路城をより楽しめるのが、「姫路城大発見アプリ」です。スマートフォンに同アプリをダウンロードし、敷地内の姫路城大発見アプリのマークにかざすと、400年前の城内の様子を見ることができます。現代のツールを使って、400年前をのぞいてみて。

 
特別公開

 世界遺産登録25周年を記念して、「姫路城小天守群特別公開」が行われます。大天守と3つの小天守(東小天守・西小天守・乾小天守)、それをつなぐ渡櫓(わたりやぐら)が入城可能に。中でも、東小天守が公開されるのは、今回が初めて。2月1日(金)~28日(木)限定。※人数に制限があります。詳細は問い合わせを。

写真

乾小天守からの眺め

<姫路城に関する問い合わせ>
姫路城管理事務所電話079-285-1146
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 平成最後の築城 3/29オープン 尼崎城



会員登録・変更