1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. いまどきのイチゴ狩りガイド

いまどきのイチゴ狩りガイド

  • 2019/02/07 UP!

いまどきのイチゴ狩りガイド

 イチゴ狩りのベストシーズン到来。最近は、品種も豊富で立ったまま収穫、テーブルやイスが用意されて、イチゴが食べられるなど、より快適に楽しめる施設が登場しています。
※いずれも、予約が必要
※収穫の時期・内容や開園期間などは、天候などの事情で変更になる場合もあります。詳細は、必ず事前に確認してから出かけてください

新さんだ農園 いな岡

ハウス内でイートインも

写真

かわいいプレゼント用の箱は、おみやげに喜ばれそう

写真

イチゴは座ってゆっくり食べられます

 JR新三田駅から徒歩5分と、電車で行ける立地が魅力。手や服が汚れないと人気の高設栽培で、濃厚で香り高いイチゴを育てています。ハウス内には、摘んできたイチゴを座って食べられるスペースがあり、ゆったりイチゴを味わえます。

三田市福島365(JR新三田駅歩約5分)▽午前9時30分~午後3時30分(30分ごとにスタート)、月・火曜休(祝日は営業、代休あり)▽携帯080-2535-4375 http://www.inaoka-farm.com ※予約はWebのみ。

【期間】5月下旬まで 【品種】紅ほっぺ・章姫(あきひめ) 【制限時間】30分 【料金】小学生以上2000円、3歳~小学生未満1700円、1・2歳500円。※時期によって変動あり。

「匠のいちご」稲鍵ファーム

有名菓子店御用達のイチゴ

写真

高設栽培なので、大人も立ったまま収穫

写真

菓子店やレストランの職人たちに選ばれ使用されている“匠のいちご”

 兵庫を代表する有名洋菓子店をはじめ、和菓子店、カフェなど、さまざまなところで使用されている“匠のいちご”。高設栽培なので、立ったままラクラク収穫。三田は昼夜の寒暖差が大きく、イチゴの甘さがぐっと高まるそう。丁寧に育てられたイチゴを堪能して。

第一農園=三田市末2089(JR新三田駅から車で約15分)、第二農園=三田市尼寺423(JR新三田駅から車で約10分)▽午前10時~午後3時30分(変動あり)、不定休▽電話 090-3994-3479(午前9時~午後6時)

【期間】6月下旬まで 【品種】さちのか・あすかルビー 【制限時間】30分 【料金】中学生以上1800円、小学生1600円、2歳以上1000円。

フルーツファーム果楽土(カラット)

空中栽培で快適に収穫

写真

ハウスは全部で25棟。清潔でイチゴが採りやすい設計です

写真

イチゴらしい逆三角の形をした「あすかルビー」。高い糖度と酸味があり、濃厚な味わい

 屋号の由来でもある、宝石のような輝きと高い糖度が特徴の「あすかルビー」を栽培するのは、独自の空中栽培システム。栽培ベッドが吊り下げられているので、イチゴが空中に浮いているようで、快適に収穫。用意されたテーブルとイスで、ゆっくり味わって。

猪名川町上阿古谷674(新名神高速川西ICから車で約15分)▽午前10時~午後4時(最終受け付け3時)、月曜休(祝日の場合は営業、翌平日休)、隔週木曜生産調整のため休場▽電話 072-767-4115(午前10時~午後3時) http://www.crt.co.jp/

【期間】6月9日(日)まで 【品種】あすかルビー・紅ほっぺ 【制限時間】45分 【料金】中学生以上1800円、小学生以下1300円。※大人1人につき3歳以下1人無料。税別。

あぐり丹波3D イチゴ園

多彩な品種を食べ比べ

写真

暖房機や炭酸ガス発生機を設置、充実の環境

写真

朝採りイチゴで作る「自家製手作りいちごジャム」500円(1瓶130g)

 自慢は、nanoバブル水で育てた「デッカイ」「デリシャス」「大好き」の3Dイチゴ。広い敷地で栽培する複数の品種を、エリア制限なしで自由に収穫できるので、食べ比べが楽しめます。朝採りイチゴを使い、おいしさをギュギュッと詰め込んだジャムも人気。

丹波市氷上町新郷1174-1(舞鶴若狭自動車道春日ICから車で約5分)▽午前10時~午後3時(入園は2時まで)、月・火曜休み(祝日の場合は営業)▽電話 0795-86-8070 http://www.gyosai.net/

【期間】5月下旬まで 【品種】とちおとめ・かおり野・紅ほっぺ・おいCベリー・桃薫(とうくん)・丹姫(まごころひめ)【制限時間】60分 【料金】小学生以上2000円、3歳~小学生未満1400円、3歳未満700円。※時期によって変動あり。

淡路島フルーツ農園

新鮮果物を使ったスイーツも

写真

いちご狩りは6品種が楽しめます

写真

農園カフェ「果の実」の「イチゴショート」360円

 1年を通してフルーツ狩り体験ができる淡路島の農園。6品種が楽しめるイチゴ狩りは、初回練乳サービス。収穫したばかりの果物や野菜を使ったスイーツがいただける農園カフェ「果の実」も併設。素材を生かしたケーキ、パイ、パウンドケーキなどが味わえます。

淡路市上河合173(神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICから車で約5分)▽午前9時~午後3時(カフェは5時まで)▽電話 0799-85-2696(午前9時~午後3時)

【期間】6月中旬まで 【品種】紅ほっぺ・あすかルビー・さがほのか・さちのか・章姫(あきひめ)・やよいひめ 【制限時間】40分 【 料金】小学生以上1600~2200円、2歳以上1100 ~ 1600円。※時期によって変動あり。

神戸うららか・のうえん実里

クラシック音楽を聴かせ栽培

写真

オリジナルバゥムは、大人1ホール、小学生1/2、3歳~小学生未満1/3、1~2歳1/4まで食べ放題

写真

オシャレなカフェスペースも併設

 クラシックを聴いて育った、高級な“ジュエリーいちご”が食べ放題。清潔感のある白いテーブルとイスが並ぶおしゃれなカフェスペースで、優雅にいただけます。オリジナルバゥム、ドリンクバー、アイス、練乳付きでぜいたくに。

三木市口吉川町里脇784(中国自動車道吉川ICから車で約7分)▽午前11時~午後3時(受け付けは2時まで)、不定休▽電話 0794-88-3310(午前10時~午後4時) http://uraraka-misato.jp/ ※予約はWebのみ。

【期間】5月下旬まで 【品種】章姫(あきひめ)・紅ほっぺ・かおり野。※日替わりで提供 【制限時間】60分 【料金】中学生以上2980円、小学生2480円、3歳~小学生未満1680円、1~2歳980円。※GW明けに料金変更あり。税別。

観光いちご園 一伍屋

最新設備完備、品種も豊富に

写真

2017年12月にオープン。車イス、ベビーカーの入園も可

写真

新鮮な完熟イチゴのパック詰め販売あり

 自動灌水、自動換気、自動温度調節システムなど、最新機器を導入した徹底管理で、良品質のイチゴを育てています。高設栽培なので、土も付かず、立ったまま快適に食べられます。「よつぼし」ほか、珍しい品種が味わえることも。

西脇市高松町字小口302(中国自動車道滝野社ICから車で約5分)▽午前10時~午後3時(最終受け付け)、不定休▽電話 080-8716-5046 https://ichigo-ya.com

【期間】5月中旬まで 【品種】章姫(あきひめ)・紅ほっぺ・よつぼしほか 【制限時間】45分 【料金】小学生以上1800円、3~5歳1300円、18歳以上の保護者1人に対し2歳以下1人まで無料(2人目から1300円)

篠田いちご園

ジャムやアイスの特産品も

写真

ハウス内やトイレはバリアフリーで高齢者も安心

写真

栽培したイチゴを使用した特産品も販売

 高設栽培に加え、ハウス内一部がバリアフリーで車イスのままでもイチゴ狩りが楽しめます。兵庫県オリジナル新品種の「あまクイーン」や「紅クイーン」が食べられるのも魅力。朝採りイチゴの販売はもちろん、ジャムやアイス、いちご餅など特産品の販売も。

西脇市明楽寺町470(中国自動車道滝野社ICから車で約20分)▽午前10時~午後3時、不定休▽電話 0795-25-8888

【期間】5月下旬まで 【品種】章姫(あきひめ)・さちのか・あまクイーン・紅クイーン 【制限時間】45分 【料金】小学生以上1800円、3歳以上1300円

神戸市北区・西区でも、毎年、地元農園でいちご狩りが楽しめます

エリア=二郎地区(14農園)・長尾地区(1農園)・大沢地区(6農園)・上淡河地区(1農園)・細田地区(3農園)
制限時間=30分
料金=大人1900円、小学生1700円、3歳以上1500円。大人1人につき3歳未満1人無料、2人目から500円。
※3月16日(土)から料金と制限時間に変更あり。
予約方法=各エリアの農園ごとに、前日までに要予約。各農園の空き状況・連絡先はホームページで確認を。http://www.kobe-kanko-engei.jp/
問い合わせ
神戸市観光園芸協会 電話 078-961-2650

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. いまどきのイチゴ狩りガイド



会員登録・変更