1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 私も利用できるの? 知っておきたい“助成金”をチェック!

私も利用できるの? 知っておきたい“助成金”をチェック!

画像

私も利用できるの?
知っておきたい
“助成金”

 私たちが住む日本には、さまざまな公的な支援制度があり、場合に応じて助成金や給付金が支給されます。ただし、自分で情報を入手、申請することが必要。そこで、「お金がもらえる制度」を見逃さないために、助成金をチェック。リビング新聞配布エリアの8市に、“イチオシ”の制度を教えてもらいました。
※最大助成額の支払いは、還付式、助成券など事業により異なります。
※利用には、市内在住・対象年齢・所得金額のほか、さまざまな条件があります。また、申請期間も異なります。詳細は、各自治体のホームページなどで必ず確認してください。

神戸・阪神間の8市のイチオシの制度をチェック

明石市

画像

イチオシ!

認知症受診費用助成
 「家庭でできるチェックで、認知症の早期受診を」と高齢者支援担当課長の井上幸一さん。①認知症チェックシート提出で図書カード500円分医療機関受診費用最大7000円(①で疑いがある場合)③②の確定診断で認知症と診断された人に居場所検索用機器の使用料1年間無料タクシー券6000円分助成。※75歳以上対象。電話078-918-5288高齢者総合支援室

ほかにも

簡易耐震診断・耐震改修補助
改修設計 最大20万円 改修補助 最大130万円

画像

 1981年5月31日以前に着工した住宅を対象に無料で簡易耐震診断を実施。申し込みには所定の書類が必要。耐震改修が必要な住宅には補助金が支給されます。同時期着工の住宅を対象に簡易耐震改修工事費、屋根軽量化工事費などの補助も。先着順受け付け(予定枠に達し次第終了)。電話078-918-5046建築安全課


ブロック塀撤去費用補助
最大20万円

画像

 不特定多数の人が利用する道路や公園などに面した、高さ80cm以上のブロック塀などの撤去費用を補助。補助額は対象経費の3分の2か、1m2あたり1万円のいずれか低い額。上限は個人住宅20万円。申し込みは所定の申請書類ほかを持参。先着順受け付け(予定枠に達し次第終了)。電話078-918-5046建築安全課


飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成
最大5万円

画像

 飼い主のいないネコを減少させ、ネコのふん尿やごみ荒らしなどの防止を目的に、去勢・不妊手術費用を助成。対象は飼い主のいないネコ。地域に居住する市民が1人につき年間5匹まで申請できます。助成額はオス1匹5000円、メス1匹1万円が上限。手術前に申請が必要。電話078-918-5797あかし動物センター

芦屋市

画像

イチオシ!

妊婦健康診査費助成
 今年度、妊婦健康診査14回分の助成が、昨年度8万6000円から、最大10万6000円に増額。「子育てしやすいまちをめざして拡充。経済的な負担を減らし、安心して出産を迎えてほしい」と健康課課長の細井洋海さん。助成券は、母子健康手帳とともに交付。里帰り出産などは還付方式。電話0797-31-1586保健センター

ほかにも

認知症高齢者見守りシステム利用
最大2000

画像

 認知症の人が行方不明になった際に、アプリと連動し、地域で捜索の支援を行う認知症高齢者見守りシステム「みまもりあいプロジェクト」。初期費用2000円を上限に助成(利用料別)。65歳以上の認知症、若年性認知症の人がいる世帯が対象。電話0797-38-2044高齢介護課


住宅耐震化促進事業
最大150万円

画像

 阪神・淡路大震災の被災市として、県内の自治体の中でも手厚い助成を用意。まず、無料の簡易耐震診断を。戸建て住宅の場合、耐震改修計画の策定に最大27万円、耐震改修工事には最大150万円の補助があります。電話0797-38-2114建築指導課


保育士・保育教諭活躍サポート事業
(保育士等確保定着に係る補助事業)
最大160万円

画像

 待機児童の解消に向け、保育士などの確保・定着を目指し今年度から実施。市内の私立保育園、こども園などで、新規で正規雇用された保育士などに7年間で80万円~160万円が支給されます(園により異なる)。アルバイト・パートは1年で10万円。電話0797-38-2128子育て推進課

尼崎市

画像

イチオシ!

尼崎版スマートハウス普及促進事業
 「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助は60万円。エネルギ―を創り、蓄え、整えるスマートハウスの普及を目指します」と環境創造課の河上千恵さん。ほかに、蓄電池設置で最高15万円、整エネ機器(HEMS)設置で1万円補助。組み合わせで加算も。電話06-6489-6301環境創造課

ほかにも

子育てファミリー世帯及び新婚世帯向け空家改修費補助
最大50万円

画像

 子育てファミリー世帯・新婚世帯が空き家を取得、改修を行う費用の一部を補助。対象は耐震性能あり、延床面積80m2以上、竣工後5年以上経過、居住者のいない期間6カ月以上などの住宅。補助額は補修対象工事費用の2分の1(上限50万円)、可算要件あり。受け付け12月27日まで。電話06-6489-6608住宅政策課


空家エコリフォーム補助
1ヵ所最大18万円単価補助

画像

 対象は耐震性能があり、竣工後5年以上、6カ月以上の空き家(中古住宅)取得者。窓などの断熱改修、及び工事に併せて創エネルギー機器(エネファーム)やエコ住宅設備(節水型トイレなど)の設置に対して、3000円~18万円を補助。受け付けは12月27日まで。電話06-6489-6608住宅政策課


生ごみ処理機・剪定枝粉砕機など購入費補助
最大15000

画像

 市内に居住する人が自宅用に購入する、生ごみ処理機・生ごみたい肥化容器、剪定枝粉砕機が対象。購入本体価格(税別)の2分の1(上限は市内販売店での購入は1万5000円、市外販売店での購入は1万円)を補助。購入前の申請が必要。電話06-6409-1341尼崎市資源循環課

伊丹市

画像

イチオシ!

幼児教育段階的無償化
 4・5歳児を対象に、認可保育所・幼稚園・認定こども園の保育料全額無償。私立幼稚園の就園奨励費補助金で保育料全額無償(上限あり)。指定の認可外保育施設の保育料を月額2万5700円(上限)補助。「伊丹市では2018年度から実施しています」と教育保育課課長の大村寿一さん。電話072-784-8035教育保育課

ほかにも

まちなかミマモルメ費用助成
最大8632

画像

 市内に1000台のカメラとビーコン受信器を設置。ビーコン所有者が通ると、感知して保護者のスマートフォンなどに位置情報を通知します。新小学1年生は、ビーコン初期登録料2572円と月額利用料505円×12カ月分が無料。電話072-784-8120安全・安心施策推進班


転入促進事業
最大50万円

画像

 伊丹市内に住む親と同居・近居するために市外から転入する、満40歳未満の夫婦を対象に、住宅取得や賃貸住宅入居、引っ越し費用など転入に係わる費用の一部を補助(上限額あり)。ほかにも対象条件あり。転入日から6カ月以内に申請を。電話072-784-8069住宅政策課


生ごみ減量・堆肥化容器購入費補助
最大2万円

画像

 生ごみ減量・堆肥化容器、または生ごみ処理機の購入費を補助。補助額は購入費(税抜き価格)の半額、限度額は2万円。購入前に所定の申請書を提出、決定通知書と一緒に送付される購入券を持って指定販売店で購入すると、補助金額が差し引かれます。電話072-781-5371生活環境課

川西市

画像

イチオシ!

空き家活用リフォーム助成 若年・子育て世帯居住型
 空き家に住むための改修工事費の一部を最大100万円助成。「利便性と自然に恵まれた本市には良好な空き家が多いです。結婚や出産を機に、庭付き一戸建てを検討している若い世帯は、空き家リフォームも選択肢に」と住宅政策課課長の萩倉直さん。受け付けは11月29日まで。電話072-740-1205住宅政策課

ほかにも

空き家活用リフォーム助成 新婚・子育て賃貸住宅型
最大100万円

画像

 今年度からスタートした「新婚・子育て世帯向け賃貸住宅供給支援型」は、清和台などの市内ニュータウンに空き家を所有する人が対象。新婚・子育て世帯向けの賃貸住宅としてリフォームする場合、その費用が助成されます。受け付けは11月29日まで。電話072-740-1205住宅政策課


親元近居助成
最大20万円

画像

 市内に10年以上住む親世帯の近くに、マイホームを購入した若い夫婦(夫婦あわせて満80歳未満)や子育て世帯に対し、登記費用の一部を補助。昨年度は106件の利用があり、市外からの転居は約半数に。受け付けは10月31日まで。電話072-740-1205住宅政策課


結婚新生活支援助成
最大24万円

画像

 市内で新生活を始める新婚夫婦をサポート。引っ越し費用や、住居費(敷金・礼金・共益費・家賃)の一部が助成されます。今年度中に婚姻届を受理された、夫婦ともに35歳未満の人が対象。所得制限あり。受け付けは2020年3月31日まで。電話072-740-1120政策創造課

神戸市

画像

イチオシ!

認知症神戸モデル
 ①認知機能検診無料②認知症の人が起こした事故で責任を負う場合の賠償責任保険(最大2億円)加入無料。事故で被害にあった市民へ最大3000万円の見舞金やGPSによるかけつけサービスを併せて実施。「認知症の人にやさしいまちの実現を目指します」と認知症対策担当係長の土井池良夫さん。電話078-333-3330神戸市総合コールセンター

ほかにも

結婚新生活支援事業
最大30万円

画像

 新婚世帯が、良好な住環境で新生活をスタートできるように、新居の住居費や引っ越し費用を補助。2019年1月1日~受け付け終了の間に婚姻した、夫婦合算所得340万円未満、年齢各34歳以下、申請から2年間神戸市に居住するなど要件を満たす夫婦。受け付けは2020年3月上旬まで(予算に達し次第終了)。電話078-322-0533住宅政策課


保育人材確保・定着促進補助事業
最大160万円

画像

 保育士の確保・定着を目的に一時金を支給。市内で保育士・幼稚園教諭などとして採用された人が対象。7年間で最大160万円が支給されます(園により異なる)。ほかに、保育士資格を持つ人が、パート職員として朝・夕の時間帯や休日を含む勤務で復職すると10万円の一時金支給も。電話078-322-6856子育て支援部事業課


老朽空家等解体補助
最大50万円

画像

 空き家の所有者を対象に、家や門塀などの解体除却や立木の伐採の費用を補助。ただし、1981年5月31日以前に着工された家屋など要件あり。実際に要した費用の3分の1以内で、上限は50万円。申請期間は12月27日まで(予算額に達し次第終了)。電話078-242-6069神戸市すまいとまちの安心支援センター

宝塚市

画像

イチオシ!

高齢者バス・タクシー運賃助成
 4月1日時点で満70歳以上の人に、市内路線バスの回数券購入や、タクシー乗車に使える500円の運賃助成券を年間10枚交付(1回の使用制限あり)。「家に閉じこもりがちになる高齢の方が、外出するきっかけに」と高齢福祉課の北浦雅未さん。一度申請すると、毎年度継続されます。電話0797-77-2067高齢福祉課

ほかにも

私立幼稚園就園奨励費補助金
最大154000

画像

 私立幼稚園に在園する満3歳~5歳児の保護者の経済的な負担を軽減。同市独自で、国の基準では対象外の、第1子の4歳・5歳児にも支給。6月・7月に、園を通じて申請。10月からの「幼児教育・保育の無償化」に伴い、4月~9月の費用を助成。電話0797-77-2037保育事業課


ひょうご保育料軽減事業
最大月額7000

画像

 保育所・幼稚園などに通う第2子以降の保育料を月額7000円を上限に助成。10月からは「幼児教育・保育の無償化」にあわせ、0歳~2歳児は、月額最大1万5000円への増額とともに、第1子も月額最大1万円を助成。申請は12月以降を予定。電話0797-77-2037保育事業課


宝塚市奨学金
最大月額12000

画像

 公立・私立高校に通う高校生で、生活保護(条件あり)、または、小・中学生の兄弟が就学援助を受けている世帯が対象。県外の高校も適用されます。生活保護世帯・私立高校の場合、月額1万2000円を支給。※今年度の募集は5月に終了。電話0797-77-2366学事課

西宮市

画像

イチオシ!

住まいの緑化助成
 住宅敷地内での植栽工事のうち、道路に面して植える接道緑化、屋上・壁面緑化に対応。「街なかの緑を増やし、美しい景観づくりにつなげます。“予算以上の樹木を植えられて満足”という声も」と、花と緑の課の岡井美穂子さん。接道緑化は最大5万円を助成。申請は工事着工前に。電話0798-35-3682花と緑の課

ほかにも

緊急告知ラジオの購入助成
6000円(2000円で購入可)

画像

 普段はFMなどが楽しめ、緊急時には自動的に電源が入り、防災スピーカーと同じ放送を聞くことができる「緊急告知ラジオ」。6月1日から、市役所ほか市内販売店で、通常8000円(税別)が、助成により、2000円(同)で購入できます。電話0798-35-3626災害対策課


省エネ・創エネ設備導入促進補助事業
10万円

画像

 太陽光発電システム家庭用燃料電池システム定置用リチウムイオン蓄電池を設置すると、一律10万円を助成。長期優良住宅か低炭素住宅が対象。受け付けは、7月1日~来年3月31日(予算がなくなり次第終了)。電話0798-35-3818環境学習都市推進課


住宅リフォーム助成事業
最大10万円

画像

 キッチンの改修や、壁紙の張り替えなど、自宅のリフォームに利用できるとあって、毎回応募多数。市内業者による工事費に対して、最大10万円を助成。工事着工前に申請が必要です。定員あり(抽選)。次回の受け付けは、8月13日~9月6日。電話0798-35-3326商工課

 専門家がアドバイス 

賢い助成金の活用方法

助成金チェックは春と秋
自治体や申請内容によって助成金の申請時期は異なります。春と秋は、自分の住む自治体のホームページや広報誌をチェックして。

困ったことは相談を
困ったことがあれば、まず自治体に相談しましょう。関連部署などを紹介してくれます。

利用手順を要確認
税金を使って助成を行うため、利用要件や申請手順が厳格。特に申請時期は、利用(設置)前か後かなど、しっかりと確認を。

税金の知識も重要に
利用基準は、住民税で判定されるものが多くあります。所得税の申告を基に住民税が決まるので税金の知識も必要。

前野さんによる、お金について学ぶ少人数セミナーは毎月第1水曜日の夜開催(1000円。大阪市内)。個別相談(1万円)も。

\教えてくれた人/
ファイナンシャルプランナー 前野彩さん

画像

株式会社Cras代表取締役。女性や子育て家庭の家計相談を中心に活動。著書は「本気で家計を変えたいあなたへ<第3版>」(日本経済新聞出版社)ほか。

 使ったことある? 

リビング読者の「助成金体験」

 読者アンケートでは、約8割の人が「利用したことがない」という結果に。その理由は、「どんな助成金や補助金があるのかを知らない」(50歳/神戸市)や、「受け取るためにどうすればいいのかわからない」(60歳/西宮市)などが多数でした。これまで実際に使ったことがある人の声も紹介。参考にして。
※2019年4月26日~5月5日にリビングWebで実施(有効回答数56)

Q.県や市に申請して、助成金・補助金を利用したことがある?

画像

Q.実際に使ったことのある助成金の内容は?

産婦人科の先生から聞き、妊婦健康診査費助成を利用。8年前に長男を出産した際は、還付方式で、申請時に領収書を見て計算するのが大変でしたが、家計は助かりました(37歳/芦屋市)
川西市の広報紙を見て、親元近居助成を利用しました。助成金がもらえてよかったです(32歳/川西市)
階段と浴室の手すりを付ける際、バリアフリー住宅改修補助事業を利用。申請から決定まで時間がかかり、早く工事を進めたかったのですが、施工業者に「使う方がお得」と言われ、待ちました(66歳/神戸市)

Q.「あれば利用したい」と思う助成金・補助金は?

電動アシスト付き自転車購入補助金(42歳/神戸市ほか)→愛知県蒲郡市で実施あり
塾代への助成金(47歳/宝塚市)→大阪市で実施あり
子どもの通学定期助成金(41歳/西宮市)→神戸市などでは、条件を設定して実施あり

<ほかにも、こんな希望が>

騒音対策助成(54歳/川西市)使用済み携帯電話の買い取り助成(49歳/西宮市)ノーマイカー助成(31歳/尼崎市)ランドセル購入助成(42歳/明石市)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. くらしの情報
  3. 私も利用できるの? 知っておきたい“助成金”をチェック!

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む



会員登録・変更