1. 兵庫トップ
  2. 特集
  3. シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』取材会に坂東玉三郎が登場

シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』取材会に坂東玉三郎が登場

シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』取材会に坂東玉三郎が登場

坂東玉三郎が思いを語る シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』は2019年1月12日(土)公開

2019年1月12日(土)から全国で公開されるシネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)/楊貴妃』の取材会に行ってきました。

シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影し、映画館のデジタル上映で楽しめる作品です。第32弾となる今回の作品は、淀の方と楊貴妃という、強く・美しい2人の女性の物語の2本立て。対照的な2人の女性を演じた坂東玉三郎が作品への思いを語ってくれました。

玉三郎さん横

「生まれた国も時代も異なりますが、2作品とも時代の流れで人生を大きく変えられた女性の話となりました」と話す、歌舞伎俳優・人間国宝の坂東玉三郎

内臓の調子が悪くなったほどの怒りの芝居

2017年10月に歌舞伎座で上演された「沓手鳥孤城落月」で淀の方を演じた坂東玉三郎は、「女方としては、あたまから最後まで怒っているというのは珍しい。怒る芝居は内臓を硬くするんですね。初日から10日くらいまでは胃腸の調子が悪くなりました」と振り返りました。「非常に悲劇的な出し物ではありますけれど、自分の思い通りにならなかった一生を送った淀の方のいろいろな心理が出てきます。千姫をたたいたり、ののしったりする場面も、嫁に対する愛情があり、信頼していればこそ、はっきりモノが言えるのではと解釈しております」

冒頭の特別映像で、息子の豊臣秀頼を演じた中村七之助から「すごい目をしている」と称賛されたことに触れて、「芝居の上で自分の息子と思える人としかできませんね」と、七之助を評価しました。

映像でしか見られないシネマ歌舞伎ならではの魅力

シネマ歌舞伎の良さは、「以前に上演した作品を、再度気軽に見ていただけること。ただし、映像でしか見られないものにもしたかった」と玉三郎。そのため、本編冒頭には、玉三郎が構想・監修も行った特別映像も収録されています。桃山時代から続く、京都・樂家の茶室や、終演後の歌舞伎座に玉三郎が赴き、作品について語っています。舞台裏が垣間見えるのも、シネマ歌舞伎ならではの魅力といえますね


シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』
2019年1月12日(土)から大阪ステーションシティシネマほか全国の映画館で公開
上映時間:1時間44分
料金:一般2100円 学生・小人1500円 特別鑑賞券(前売券)1800円
製作・配給:松竹
公式webサイト https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/               

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 特集
  3. シネマ歌舞伎『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』取材会に坂東玉三郎が登場



会員登録・変更