1. 兵庫トップ
  2. 特集
  3. 【神戸】旧六甲山ホテルの旧館が「六甲山サイレンスリゾート」に

神戸旧六甲山ホテルの旧館が「六甲山サイレンスリゾート」に
開業当時の趣を再現した、オトナの空間

写真天井のステンドグラスが印象的なカフェテリアでは、特製アップルパイやパフェなどを用意

 2017年末に営業を終了した六甲山ホテルの旧館が修復工事を終えて、「六甲山サイレンスリゾート」として、7月20日からカフェなどの営業をスタートさせました。1929年に建てられ、2007年には国の近代化産業遺産にも認定された旧館の修復を手がけたのは、イタリアの建築家、ミケーレ・デ・ルッキさん。ロッジ風の外観、ステンドグラスが天井にあしらわれた2階など、開業当時の趣を見事に再現。2階のカフェテリアは、誰でも利用できます。
 また、旧館に隣接する「旧ジンギスカンレストラン」は、グリル・レストランに。山上からの眺望を楽しみながら、おいしい時間が過ごせます。敷地内には今後、宿泊施設や教会などが建設される予定。問い合わせはTEL.078(891)0650へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 特集
  3. 【神戸】旧六甲山ホテルの旧館が「六甲山サイレンスリゾート」に



会員登録・変更