1. 兵庫トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. フランスの旅
  4. お守り代わりのチーズ&ワインツール

お守り代わりのチーズ&ワインツール

2010/1/2

一昨年末は、「チーズツールof the Year 2008 byチーズくま」と題して、
お気に入りのチーズっ具をご紹介しました。
昨年末には、その後入手した道具を含めて、お勧めランキングをしようか…と思ったのですが、
機能に優れ、使用頻度とい道具つぶれは、一昨年と全く同じだったのでした。自分でもびっくり。
そこで今回は、お守り代わりに大切に使っている道具と、去年のフランス旅行で買い求めたお気に入りっ具を、ご披露させて下さい。

こちら(↓)は、ワインの栓を開けるソムリエナイフ
みつばちぶんぶんフランス中部、オーヴェルニュ地方のLaguiole(ラギオール)のナイフにつけられるシンボルマーク、ミツバチがわかりますか?(よくセミとかハエ!に間違われますが、ミツバチです〜)

こちらは一昨年、あるワインコンクールで副賞として戴いたものなのです。
強運に恵まれたコンクールに縁の品ですから、身につけてお仕事をしていると安心で…。

実は、私はワインの抜栓がすごーく苦手で、しょっちゅうコルクを折ってしまっていたのですが、
このソムリエナイフでは、今まで失敗なし。
これからも、頼りにしたいと思っています。
ホントにお勧め

そしてこちらは、去年のフランス旅行で、自分へのお土産に買ったナイフ。

日本ではまだ知名度は低いかもしれませんが、地元サヴォワ地方はもちろん、フランス人にとてもなじみのある、
OPINELの折りたたみナイフです。

また買いに行きたいです
握りやすく手になじむ形状の木製の柄と、切れ味が素晴らしい薄い平刃。
サイズ違いで№2、№4、№8の3種です。
刃渡りは、約35mm、50mm、85mm。

この3つの中で一番大きな№8は、装飾性のあるものを選びました。
サヴォワ地方の山の伝説に由来するマークが柄に彫られています。お店のマダムとお姉さんが、「マークを英語で解説したものを入れておくわね」と親切に接客してくれました。

サヴォワ地方ボーフォール村のお土産物屋さんで、サヴォワの伝統料理のレシピ集つきのアドレス帳と、このナイフ3本を全部合わせても、5000円弱という値段の安さ!
OPINELは、同じサイズで彫刻のない定番のものや、柄にカラフルな着色が施されたものもあって、サイズや色や彫刻などが豊富にそろった中から選べました。
地元サヴォワのお店の強みですね。
もっと買えば良かったー。(帰国してからよくあるパターン)

OPINELのナイフは、コンパクトで機能的。
小さいサイズだったら、軽くてかさばらないので、お土産にお勧めですよ。
だけど、飛行機には携行して乗れませんのでっ!ご注意くださいね。

コメント
  1. ふき・らうさん、あけましておめでとうございます。
    いつも温かいコメントを有難うございます♪
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    家庭で楽しめるワインとチーズ講座いいですね。
    特別な日だけじゃなく、日常的に自然に楽しむための知識、技術をお伝えしたいといつも思っています。

    チーズくま2010/01/04

  2. ta-vitaさん、今年もどうぞよろしくお願いします。
    2010年はta-vitaさんの宿願がかなうよう、応援させていただきます!
    素晴らしい一年になりますように〜。

    チーズくま2010/01/04

  3. あけましておめでとうございます
    くまさんのワインとチーズへの愛と深い情熱が
    ひしひしと伝わります。
    ド素人の私向きに家庭で楽しめるワインとチーズ講座を
    くまさんにしていただきたいなあ♪

    ふき・らう2010/01/03

  4. チーズくまさん、どうぞ、今年もよろしくお願いします。
    私も、オープナーでなく、ソムリエナイフ使う練習したいと思います!
    よい年になりますように☆

    ta-vita2010/01/03

  5. らぶとらさん、あけましておめでとうございます!
    こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いしますね。
    ヤンソンさん。思い出すと私も食べたくなります。
    アンチョビ買いにいかなくちゃ…。

    ワインオープナーですが、普段ほとんどワインを開ける機会がない方には、「バンザイ型(というのかな?)」のが、成功率が高いですし、力を全然入れなくても大丈夫です。だけど、私はこのバンザイ型でもコルクを折ったことがあるんですよ〜。恥ずかしながら。
    で、ル・クルーゼのスクリュープルなら失敗することはないんですけど、スクリューがコルクを突き抜けてしまうので、かしこまった席や、とっておきのワインには向かないかも?と思いました。(私の使い方が悪いのかも)
    ソムリエナイフは、ちょっと慣れたら案外とうまく開けられるようになりましたし、何よりカッコいいじゃないですか〜。
    らぶとらさんくらい、ワインがお好きで開ける機会が多ければ、器用な方なので、すぐに上手にスマートに開けられるはず。
    高額な品物でなくても、2000円くらいで十分に使いやすいものがあるみたいです。ぜひご検討を〜。

    今年は、らぶとらさんのご家族にとって、また節目の大事な年になりますね。安産をお祈りしております!

    チーズくま2010/01/03

  6. あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いいたします☆

    先日のチーズくまさんの記事を見て 
    年末にヤンソンさん2回作りました〜

    我が家もワインを開ける時は
    コルクを折ってしまうことが多かったのですが
    ソムリエナイフって素人が上手に使いこなせないのでは?
    と敬遠していました。

    禁酒期間が明けたら 購入検討してみようかしら(笑)

    らぶとら2010/01/02



人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. フランスの旅
  4. お守り代わりのチーズ&ワインツール



会員登録・変更