1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 心斎橋オーパにH.I.S.の訪日旅行者向けフロアがオープン

心斎橋オーパにH.I.S.の訪日旅行者向けフロアがオープン

心斎橋オーパにH.I.S.の訪日旅行者向けフロアがオープン

最近、街を歩いていると、外国人旅行者が増えていることが
実感されますよね。
春節のころには、訪日客の〝爆買い〟というニュースも
よく流れていましたが
外国人旅行者向けの事業は、急速に増えているようです。

4月4日(土)には、旅行会社のエイチ・アイ・エスが
心斎橋オーパ本館8階に
訪日旅客専門フロア「OSAKA TOURIST INFORMATION CENTER」を
オープンしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和テイストのラウンジやカウンターでは、
観光地のパンフレットやマップを取りそろえ
ホテルの予約やオプショナルツアーの販売、
外貨両替など、便利なサービスが。
はっぴや忍者の衣装をまとった、フレンドリーなスタッフのみなさん。
英語・中国語・韓国語・タイ語での対応ができるそうです。
また、それだけでなく、ドラッグストアや家電製品
化粧品やお菓子、日本的な土産物など、8つのショップも併設されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エイチ・アイ・エス代表取締役社長の平林朗さんによると、
2014年の旅行者の数は、
日本人の海外旅行者約1700万人 > 訪日旅行者約1300万人
で、海外に出て行く人の方が多いのですが
一人当たりの現地での消費金額の平均は
日本人海外旅行者約7万6000円 < 訪日旅行者約15万5000円
これを掛け合わせると
訪日旅行者の消費額の方が圧倒的に多くなるのだそうです。

この一カ所で、さまざまなショッピングのニーズに応えられるように、
そしてもちろん、観光素材の豊富な関西の魅力も
どんどん発信していきたいと語っていました。

オープニングセレモニーでは
先斗町の芸舞妓さんの美しい舞も披露され、
来賓の大阪観光局理事長・溝畑宏さん、
オーパ代表取締役社長・合田正典さん、
吉本興業の陣内智則さんらによるテープカットが行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開店すると、早速外国人のお客さまがカウンターに。
心斎橋周辺にますます外国人旅行者の姿が増えそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

くわしくは http://his-osaka.com/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 心斎橋オーパにH.I.S.の訪日旅行者向けフロアがオープン



会員登録・変更