1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 名門大洋フェリーの新船内覧会に行ってきました!

名門大洋フェリーの新船内覧会に行ってきました!

名門大洋フェリーの新船内覧会に行ってきました!

9月16日、「フェリーおおさかⅡ」就航

大阪南港と北九州・新門司港を結ぶ名門大洋フェリー。
9月16日に、新造船「フェリーおおさかⅡ」が就航し、
就航記念式典と内覧会が行われました。
その様子を報告します!

船が停泊する大阪南港フェリーターミナルは、
ニュートラム「フェリーターミナル駅」から約5分。
屋根付きの歩道橋で結ばれています。
ターミナルから乗船までのルートも、
今回バリアフリーに改修されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
当日は今にも降り出しそうな曇り空。
晴れていればもっとキレイに船体が輝いていたと思うので、残念です。

船内での概要説明会のあと、明るいエントランスで
名門大洋フェリー社長、「フェリーおおさかⅡ」船長、大阪市港湾局局長などによる
セレモニーが行われました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月にはもう1隻の新造船「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」も就航。
新しい技術が導入された、省エネで、環境にも配慮された新船1隻の建造費は約60億円。
新門司港ターミナルの改築も含めると総額130億円の投資に!
関西から九州の移動では、LCCも増えた飛行機や新幹線もあり、
スピードではかなわないけれど、
夜乗ってホテル代わりに過ごせて、朝起きたら目的地に着いているというフェリーの良さを、
女性やファミリー・シニア層にもっとアピールしていきたい、とのことでした。

この新しい船は約1万5000トン、全長180m、全幅27m。
バトンタッチする旧船の、約9500トン、全長160m、全幅25mと比べると
ずいぶん大型になりました。
ただ、トラックの乗船台数は増えていますが、旅客の定員713人はそのまま変わらず、
その分、個室が増えて、パブリックスペースも充実しています。
早速見て行きましょう~。

ゆとりのパブリックスペース

大阪南港発では、ライトアップされた明石海峡大橋が見られる展望ラウンジ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

窓から景色も楽しめる広い展望レストランは、定員256人。
夕食バイキングは大人1550円とリーズナブルです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内覧会用の特別メニューをいただきました!

内覧会用の特別メニューをいただきました!

キッズルームにはビデオのモニターや絵本が。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性社員の意見を取り入れたという化粧室やパウダールーム。
パウダールームの奥には授乳コーナーも新設されました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほかに、展望浴室や売店もありますよ。

さまざまなタイプの船室

こちらは一番リーズナブルなエコノミー(6580円)。
頭の部分に間仕切りがあり、上には荷物棚も。
昔の大部屋のイメージが、いい意味で裏切られました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

常設の階段が設けられた、2段ベッドタイプのツーリスト(7970円)。
ベッドサイドはカーテンやロールカーテンで閉じることができるので
相部屋ですが、プライベート感もあります。
女性専用のレディースルームもあるので、女性同士の旅でも安心ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1人用個室のファーストS。
1万3370円が、お試しキャンペーンで2016年3月31日(木)まで9800円に!
(除外期間あり)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのほか、2人~3人で使えるファーストの
B(和洋室・写真)、J(和室)は1万3370円。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トイレ付きのファーストAは1万4450円で、
ナノイーヘアードライヤーやアメニティーの付いたレディースルームもありますよ。

高級感漂うスイートとデラックスは、バス・トイレ付きで、1万8920円
(スイートはルームチャージ5000円要)。
スイートは26㎡、デラックスは20㎡の広さがあり、ゆっくりくつろげそうですね。

スイート(和洋室)

スイート(和洋室)

スイート(洋室)

スイート(洋室)

スイートのバス・トイレ

スイートのバス・トイレ

デラックス

デラックス

乗用車用スペースは、エントランスと同じフロアなので
階段の乗降もなく、移動がラクに。
電気自動車の充電も可能です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インターネット予約なら、乗船時の窓口での手続きが不要で
早期割引も利用できますよ。
ホームページはこちら

非日常感たっぷりの船の旅、
新しい船で行ってみたいな~。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. 名門大洋フェリーの新船内覧会に行ってきました!



会員登録・変更