1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 楽しみ方いろいろ!兵庫のイチゴ狩りスポット6選

楽しみ方いろいろ!兵庫のイチゴ狩りスポット6選

 今年もイチゴ狩りにベストな季節が到来です。最近は、立ったまま収穫できる施設やカフェスペースがある施設のほか、スイーツが楽しめる施設も増えています。ジューシーなイチゴを家族みんなで楽しもう。

※情報は1月7日(火)現在。実施期間はいずれも予定。生育の状況により、収穫できる品種や実施期間が変更になる場合があります。いずれの施設も完全予約制。詳細は各施設ともに、ホームページなどで確認を。

【三田】電車で行ける、おしゃれなイチゴ摘み
「新さんだ農園 いな岡」

20170113_132733

 JR新三田駅から歩いて5分と、電車で行ける便利な立地が魅力の「新さんだ農園 いな岡」。ミツバチによる自然交配や土作りにもこだわって栽培しているそう。濃厚で香り高いイチゴは、地面より高い位置に棚を組み、そこで作物を育てる高設栽培という方法で栽培されているので、手や衣服を汚さず収穫できます。ハウス内には、座ってゆったり味わえるスペースも。おみやげに喜ばれそうな、かわいいプレゼント用の箱も用意されています(別途料金要)。

20180119_104759

□期間:5月下旬まで
□住所:三田市福島365/JR新三田駅歩5分
□営業時間:午前9時30分~午後3時30分(受け付けは3時まで)、月・火曜休(祝日の場合は営業、代休あり)※予約はWebからのみ
□料金:5月6日(振休・水)までは、小学生以上2200円、3歳以上小学生未満1900円、1・2歳500円(5月7日以降は小学生以上1800円、3歳以上小学生未満1500円)
□制限時間:30分
□食べられる品種:あきひめ、紅ほっぺ、かおり野 ※品種の指定はできません
□問い合わせ:電話=080-2535-4375
http://www.inaoka-farm.com

【三田】食事も一緒に楽しめて、お腹満足
「かさや いちご園」

シイタケ狩りで知られる同園は、イチゴ狩りも人気。高設栽培なので収穫しやすく、甘くてジューシーなイチゴを味わえます。バーベキューや、キノコフォンデュといった食事メニュー(別途料金要)も充実しているので、組み合わせて楽しんで。※食事とセットの場合は、いつでも予約可。イチゴ狩りのみの場合は、毎週月曜に1週間分の予約の受け付けを開始。

□期間:6月上旬まで(イチゴがなくなり次第終了)
□住所:三田市上相野373/JR相野駅歩10分 ※相野駅から無料送迎バスあり(要予約)
□営業時間:午前10時~午後4時(受け付けは3時30分まで)、不定休
□料金:中学生以上2000円、小学生1800円、幼児(2歳以上)1200円
□制限時間:30分
□食べられる品種:あきひめ、紅ほっぺ ※品種の指定はできません
□問い合わせ:電話=079-568-1301
http://www.kasaya.net

【淡路島】イチゴに囲まれた時間を過ごせる、イチゴピクニック体験
「GREENARIUM  AWAJISHIMA(グリナリウム淡路島)」

2019-03-24_05-13-41_871

 広いハウスの中は、イチゴピクニックエリアと摘み取りエリアに分かれています。まずは、入場料(4歳以上1000円)を支払い、みずみずしくて甘いイチゴ1パックと、ピクニックグッズ(貸し出し)を受け取り、イチゴピクニック体験を。宙に浮いているイチゴの下でのピクニックは今までにない体験で、写真を撮ればSNS映えもバッチリ。ハウスの外にある併設のカフェやレストランから、豆を自分で挽くところから楽しめるコーヒーや、自分で盛り付けられるイチゴスイーツを持ち込んで、イチゴに囲まれた時間をさらに楽しめます。

イチゴの摘み取り体験をしたい人やたくさんイチゴを食べたい人は、摘み取りエリアに移動してイチゴ狩り体験も(摘み取り体験の料金は、摘み取った量に応じて別途要、ピクニックエリアに戻って食べられます)。おみやげ用のイチゴも販売されています。

グリナリウム②

□期間:5月末まで
□住所:淡路市野島常盤1550-1/神戸淡路鳴門自動車道淡路出口から車で約6分
□営業時間:午前10時~午後4時(変更の場合あり)。火曜休(祝日の場合は翌日)※予約はWebからのみ
□料金:4歳以上1000円(イチゴピクニックエリア入場料、ピクニックグッズ貸し出し、イチゴ1パックを含む)※摘み取り体験は、摘み取った量に応じて別途要
□制限時間:90分(ピクニックエリア)
□食べられる品種:おいCベリー、紅ほっぺ、あきひめ ※時期により異なる
□問い合わせ:電話=0799-70-1320
https://www.greenarium.jp/

【川辺郡】みずみずしくて甘いイチゴを食べ比べ
「BERRYHOUSE」

IMG_1297

 酸味が少なくジューシーな「あきひめ」を中心に、粒が大きく鮮やかな色をした「紅ほっぺ」など、多くの品種を栽培している「BERRYHOUSE」。イチゴの味は、品種ごとに特徴があるので、食べ比べて自分の好みのイチゴを探すのも楽しそう。高設栽培で、靴などに土がつかないようにと床にシートが敷かれていたり、子どもたちがイチゴ狩りの前後に遊べるスペースがあるのもうれしいポイント。

さしかえ遊具
子どもたちが遊べるスペースも

□期間:5月末まで
□住所:川辺郡猪名川町北田原字東山田28/大阪・神戸から車で約1時間
□営業時間:午後0時30分~2時30分、水・木・金曜休(祝日の場合は営業)※予約はWebからのみ
□料金:2750円
□制限時間:30分
□食べられる品種:あきひめ、紅ほっぺ、かおり野、恋みのり、四つ星、おいCベリー、いちご未来 ※Aコース=4~6品種、Bコース=2~4品種(時期によって指定)
□問い合わせ:電話=072-703-6455
http://kiyotagumi-kgr.com/berryhouse/

【三木】クラシック音楽を聴いて育った高級イチゴを
「神戸うららか・のうえん実里」
「神戸うららか・つみつみ園」

image2

 クラシック音楽を聴かせて、低農薬・有機肥料栽培で育てた高級な〝ジュエリーいちご〟が「60分食べ放題になるコース」と、3サイズあるカップから好きな大きさを選び、気軽に摘み取り、持って帰ることができる「つみつみ3コース」を用意(つみつみ3コースは不定期開催)。清潔感のある白いテーブルとイスが並ぶおしゃれなカフェスペースで、優雅にいただけます。食べ放題のコースは、オリジナルバゥム、ドリンクバー、アイス、練乳付きでぜいたく気分。

園内 image10

□期間:5月下旬まで
□住所:三木市口吉川町里脇784/中国自動車道吉川ICから車で約7分
□営業時間:午前11時~午後3時(受け付けは2時まで)、不定休 ※予約はWebからのみ
□料金:【のうえん実里】60分食べ放題コース=中学生以上2980円、小学生2480円、3歳~小学生未満1680円、1~2歳980円 【つみつみ園】(不定期開催)つみつみ3コース=ミニコース800円、レギュラーコース1500円、ビッグコース2500円
※表示の料金は税別
□制限時間:60分(食べ放題コース)
□食べられる品種:あきひめ、紅ほっぺ、かおり野 ※日替わり
□問い合わせ:電話=0794-88-3310
http://uraraka-misato.jp/

【宝塚】バリアフリーで気軽に楽しめるイチゴ狩り
「エーアイファーム」

2015-12-31 10.17.27

宝塚市北部に位置し、時期によってサツマイモ掘りや枝豆収穫体験なども行っている「エーアイファーム」では、冬から春へと向かうこの時期は、大粒で柔らかく、とても甘い「あきひめ」の摘み取り体験ができます。立ったまま収穫できる高設栽培であることに加えて、バリアフリー仕様なので、ベビーカーや車いすに乗ったままでもイチゴ狩りが楽しめます。子どもの目線でもイチゴが摘み取りやすいと、毎年多くの子ども連れにも人気だそう。

□期間:5月下旬まで
□住所:宝塚市大原野字上ヶ峯13/JR武田尾駅からバス宝山坂停歩2分
□営業時間:午前9時~午後5時(電話受け付け時間)、月曜休(祝日の場合は営業、翌平日休)
□料金:3月31日(火)までは、中学生以上2100円、3歳~小学生1800円。4月1日(水)以降は、中学生以上1700円、3歳~小学生1400円
□制限時間:30分
□食べられる品種:あきひめ(品種が変更の場合あり)
□問い合わせ:電話=090-2192-5148
http://aifarm.itigo.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 楽しみ方いろいろ!兵庫のイチゴ狩りスポット6選

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む



会員登録・変更