1. 兵庫トップ
  2. 見て!見て!うちのコ★ペットと暮らす
  3. 丈夫な歯で健康に。愛情こめて歯磨きを

丈夫な歯で健康に。愛情こめて歯磨きを

丈夫な歯で健康に。愛情こめて歯磨きを

  • 2018/09/21 UP!

犬の食事が多様化し、オヤツを食べる機会も増えています。それにより歯石が付きやすく病気のリスクも高まります。丈夫な歯で健康に過ごせるように飼い主がきちんとケアしてあげましょう。(ドッグコンシェルジュ 高杉香代子さん)

口の中を触って、慣れたら歯磨きへ

犬も歯磨きをしないと、歯周病などさまざまな病気にかかりやすくなります。歯みがきに慣れるために先ずは口の周り、そして歯や歯茎を触り、口の中に指を入れます。コットンを指に巻いてマッサージするなど、触ったら褒めるを繰り返し、次に歯ブラシへと進めます。

3日に1回はブラッシングで歯周病予防”を

最初は柔らかい毛のものを選んで、犬が歯ブラシを嫌がらないようにすることが大切。歯磨き粉を使用の場合は飲み込んでも大丈夫なオーガニックのものなどを。頻度としては毎日が理想ですが、少なくとも3日に1回は行いましょう。歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目にあて優しくブラッシング。歯石の付きやすい奥歯の外側は特に丁寧に。飼い主の愛情が伝わるコミュニケーションの時間にもなりますね。

<写真>犬用歯磨き

 

高杉香代子さん

●取材協力/高杉香代子さん
ドッグコンシェルジュとして「犬の歯磨き教室」などペット関連のイベントや商品のプロデュースを手掛けている

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 見て!見て!うちのコ★ペットと暮らす
  3. 丈夫な歯で健康に。愛情こめて歯磨きを



会員登録・変更