1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. 【from地域特派員】神戸・明石の人気店 普段づかいにごほうびにスイーツ

【from地域特派員】神戸・明石の人気店 普段づかいにごほうびにスイーツ

From 地域特派員

Love♥Sweet 神戸・明石の人気店
普段づかいごほうびスイーツ

 今号から「リビング神戸ひがし」「リビング神戸あかし」としてお届けするリビング新聞。今回は、気軽に食べたい“普段づかいスイーツやパン”、特別な気分になれる“ごほうびスイーツ”の、地域特派員オススメのお店を紹介します。

※記載のある店舗以外は駐車場なし

フランス菓子の名店が移転オープン、新作ケーキも登場

北野

パティスリー グレゴリー・コレ

 神戸元町商店街にあった正統派フランス菓子の人気店が、今年1月に移転オープン。神戸・北野の、かつて「北野らんぷ博物館」があった場所です。元町にあったころから20年の節目を迎え、“ケーキに特化した店”を目指しています。チョコレート系で定番人気を誇る「アプソリュ」などはそのまま、ケーキの半分は、シェフの西嶋一力さんが作る新作がお目見え。2階のカフェでゆっくりと味わってみては。
神戸市中央区山本通2-3-5▽10:30~19:30(カフェは11:00~、LO18:30)▽水曜休▽電話078-200-4351

カフェではじっくりとスイーツを堪能できます@かおぴぃさん

画像

左は定番人気の「アプソリュ」(各594円)、右は新作の「ピスターシュ フレーズ」。

画像

宝石のように輝くケーキが約20種類並びます

画像

白を基調としたカフェコーナー

天満の英国風喫茶2号店、本格的なアフタヌーンティーを

六甲

西洋茶館KOBE

 六甲の高台に建つレンガ造りの建物の1階に、昨年10月にオープン。大阪・天満で創業30年を誇る、英国風喫茶「西洋茶館」の2号店です。オーナーの青木秀雄さんの自宅とも近く、高台からの眺めが気に入ったのだそう。店内は、“英国の田舎町”をイメージしたアンティーク小物などが飾られています。ボリューム満点のケーキ、素朴な味わいのスコーンなどが人気です。
神戸市灘区大土平町1-1-25(駐車場6台あり)▽11:30~18:00(ランチは14:00まで)▽月曜休▽電話078-414-8666

大きなケーキと豊富なオリジナル紅茶が魅力的@かおぴぃさん

画像

「アフタヌーンティー」はスコーン、サンドイッチ、ケーキとオリジナルブレンドのミルクティーで1890円。14:00から注文受け付け、写真は2人分で3780円(1人分は2段)

画像

季節の果物を使ったケーキやタルトなども味わえます

画像

紅茶の準備をする店長の栗原勝さん。ポットの紅茶は差し湯のサービスも

選んで楽しい、小さな焼き菓子が1つ50円から

花隈

加集(かしゅう)製菓店

 ひと口サイズの小さな焼き菓子が1つ50円からと“駄菓子感覚”で購入できるお店。神戸の人気スイーツ店などで修業を積んだオーナーパティシエの加集絵美さんが、昨年11月にオープン。マドレーヌ(50円)やタルト(250円)など、15種類を1人で手作りしています。添加物はベーキングパウダーのみで、甘さは控えめ。簡易包装で“お手頃価格”に。
神戸市中央区北長狭通7-1-27▽11:00~19:00▽水・木曜休▽電話078-585-5817

女子の欲張り心を満たすミニサイズがうれしい@かおぴぃさん

画像

大人が2人も入るといっぱいになる店内には、焼き菓子がずらり

画像

一番人気の「ウィークエンド」(1本700円)。愛媛産レモンを使った甘酸っぱいケーキ

画像

お店を一人で切り盛りする加集さん

ミニデザートやアイスも付く欲張りなケーキセット

西神中央

パティスリーリッチフィールド320 CONCEPTION
(ミツオ コンセプション)

 バウムクーヘンで有名なパティスリー リッチフィールド西神中央店の併設カフェ。オーナーシェフの福原光男さんにちなんだ店名です。昨年リニューアルし、気軽なセルフスタイルに。人気はケーキ代プラス432円で楽しめるドリンク付きのケーキセット。ケーキを選ぶと、ミニデザートやアイスクリームなどを添えてワンプレートで提供されます。キッシュなどのワンプレートランチ(918円)も。
神戸市西区樫野台5-4-6(駐車場あり)▽11:00~18:00(LO17:30)▽月曜休(祝日は営業)▽電話078-996-7775

「バウムクーヘンがめちゃくちゃおいしいお店」と、
友人から聞いたのが出合い@めぐこうさん

画像

「苺のフロマージュ」(毎日数量限定、ケーキ単品540円)のワンプレート。日によってアレンジは変わります

画像

ケーキセットのケーキは、物販店舗のショーケースからチョイスできます

画像

カウンターで注文したら、モダンな店内で召し上がれ

国産小麦粉使用の手作りパンの店が老舗書店跡へ

明石

パン&デリ・デ マージ

 3月8日、明石銀座商店街に移転オープン。移転先は昨年末、83年の歴史を閉じた木村書店の跡地。100%国産小麦を使用し、素材本来の味を生かしたパンを手作りしています。もっちりとした食感とカリカリのビスケット生地が人気のメロンパンは、いろいろな種類があります。魚の棚商店街から仕入れるタコのやわらか煮が入ったベーグル(大410円、小238円)も期間限定で販売中。
明石市桜町14-16▽10:00~18:00▽水・木曜休(祝日は営業)▽電話078-913-3330

パンへのたっぷりの愛情が感じられるお店です@ママンレーヌさん

画像

「木村書店のように長く愛される店になれば」とオーナーシェフの白石文子さん

画像

男性に人気の「ブラックペッパーとベーコンのベーグル」(341円)

画像

メロンパンのプレーン(195円)。ほかに、アールグレイ、抹茶(各216円)などが

“鯛パイ”など明石らしさが魅力のパイ専門店

明石

Pie saQ。(パイサク)

 発酵バター、北海道の小麦粉やビートグラニュー糖など、素材にこだわるパイの専門店。“明石の手土産に”と考案した「鯛パイ」は、大・中・小の大きさがあります(3日前までに要予約)。さらに中身は、リンゴやカスタードなどの“甘い系”、ミートやカレーなどの“おかず系”と多彩。好きなものを選んで“ハーフ&ハーフ”もOK。塩味がきいたサクサク食感のミルフィーユ、焼き菓子も。
明石市本町1-13-9(駐車場1台あり)▽10:00~18:30▽火・水曜休▽電話078-939-6300

明石のスイーツ好きの仲間内では、よく話題に
のぼっています@ママンレーヌさん

画像

「鯛パイ」の大(約10人分)3500円。中身によっては要追加料金。3日前までに要予約

画像

パイのほか、焼き菓子などが並びます(中央はオーナーシェフの梶川喜光さん)

画像

タコやタイの形をした明石らしいパイや焼き菓子も


かおぴぃさん

神戸生まれの神戸育ち。スイーツとパティシエさんを追っかけ中

めぐこうさん

神戸市垂水区在住3児の母。素敵な時間を楽しむためにお出かけ

ママンレーヌさん

明石市在住。自宅などで野菜・魚を中心とした料理教室を開催

地域特派員発の情報をチェック
 地元在住のリビング地域特派員が、
注目スポットなどを紹介している地域特派員レポートはコチラ>>
新規特派員も募集中。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. 【from地域特派員】神戸・明石の人気店 普段づかいにごほうびにスイーツ

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む



会員登録・変更