1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. Spring Bloom!阪神ニスタが描く、春景色

Spring Bloom!阪神ニスタが描く、春景色

  • 2019/03/14 UP!

Spring Bloom!
阪神ニスタが描く、春景色

つぼみが花開く季節の到来。
暮らしのさまざまなシーンにも“花”を咲かせてみませんか。
3人の阪神ニスタが描く春の景色を参考にしてみて。

Sweets

白が引き立て、三原色が彩る
特別なデザートプレートに

190314_springbloom_01

プレートの対角線から少しずらしたところに、ケーキを配置するのがポイント

 イチゴとピスタチオのケーキを、春のデザートプレートに格上げ。ケーキの色を引き立たせるために使うのは、大きめサイズのシンプルな白のプレートです。皿の中心から少しずらした場所にケーキを置くのがポイント。
 余白部分には、赤・黄・青(緑)の三原色を加えて、より華やかでおいしそうな見た目に。使うのは、ベリー類、エディブルフラワー(食べられる花)、ミントの葉。イチゴはスライスして、エディブルフラワーは花びらを分けるなど、少しの手間を加えると、盛り付けに動きが生まれます。仕上げに粉糖をふりかけて、さらにスプーンでラグビーボール形にまとめたアイスクリームをプラス。一気にスペシャルな一皿に。

市販の材料で、手軽に盛り付け

STEP1

もともと春限定だったものが、好評で定番化したという「ピスタチオフレーズ」432円。ピスタチオのダックワーズ生地の上に、フレッシュなイチゴを使ったムースと、ピスタチオクリームのババロアで3層の一体感が楽しめます

190314_springbloom_02

STEP2

飾りつけに使う材料は、イチゴ、ベリー類と、エディブルフラワー、ミントの葉。イチゴはスライスし、エディブルフラワーは花びらに分けます

190314_springbloom_03

STEP3

整然と並べるのではなく、ちりばめるようにさりげなく置いて

190314_springbloom_04

STEP4

フルーツと花びらなど飾りつけの上に、粉糖をかけます。シェフが使うのは、時間が経っても溶けにくいデコレーション用の粉糖“プードルデコール”

190314_springbloom_05

STEP5

アイスクリームは少し溶かしておきます。約40℃のお湯につけたスプーンを、まず手前から奥に向かって押すようにすくい、そのまま奥から手前に寄せると、ラグビーボール形に

190314_springbloom_06

STEP6

最後に、アイスクリームをケーキの横に添え、完成。フレーバーは、イチゴやピスタチオと相性のよいチョコレートもおすすめ

190314_springbloom_07

Profile

190314_springbloom_08

新田 英資さん

「パティシエ エイジ・ニッタ」オーナーシェフ。ホテルニューオータニ大阪で18年間勤務、数多くの洋菓子コンクールでの優勝・入賞を経て、2005年に同店をオープン。テレビ番組「テレビチャンピオン ケーキ職人選手権」の優勝時に作られた「苺ミルフィーユ」は看板商品の一つ。

パティシエ エイジ・ニッタ

西宮市北口町8-15
TEL0798-64-0808
午前10時~午後7時、火曜(祝日の場合は翌日)休、月曜不定休
※テイクアウトのみ

190314_springbloom_09

Gardening

花や枝の動きを生かした
ふわふわ感のある寄せ植え

 寄せ植えは、5種類を目安に。自分が好きな花を主役に、同系色や相性のいい色など、ファッションと同じ感覚で組み合わせを楽しんで。
 マーガレットの淡いピンク、コデマリの白、ネメシアのラベンダーと、3種類の花を、やさしいパステルカラーでまとめています。マーガレットとコデマリの動きを生かして、春らしい“ふわふわ”感を演出。背丈の高いものは奥に、低いものは手前に配置すると、バランスよくまとまります。プランターではなく白いバスケットに植えることで、より軽やかな印象に。
 3月は、寄せ植えの始めどき。日当たりのよい場所で、水やりと肥料の手入れをするだけで、5月ごろまで花を楽しめます。気軽にチャレンジを。

190314_springbloom_10

成長につれあちこちに茎や枝を伸ばすマーガレットとコデマリの動きが際立つよう、手前に背丈の低い葉ものを配置し、全体をふんわりしたイメージに

190314_springbloom_11

植え込む前に苗ポットのまま並べて、色合いやバランスを確認。写真後列左から時計回りに、コデマリ、マーガレット、バロータ、ユーフォルビア、ネメシア

190314_springbloom_12

バスケットを使うときは、土がもれないようにヤシガラのマットを内側にセット。そのままで水やりOKです

花のシーズンを楽しむ寄せ植えはほかにも

ブリキポットの黄色も効かせて

190314_springbloom_13

ブリキポットのユニークなフォルムを生かすのがポイント。背丈の低い、小ぶりな花をこぼれるように配置。●使用植物:アリッサム、ロータス、バコパ、ハナカンザシ、ラミウム

同系色でかわいさを強調

190314_springbloom_14

ディアスシアとマーガレットのピンクを基調に、同系色でまとめてかわいいイメージに。
●使用植物:ディアスシア、マーガレット、バコパ、セラスチウム、ロータス、アリッサム、ラミウム

存在感のある花の競演

190314_springbloom_15

重厚な陶器の鉢には、存在感のある花を。黄と赤の鮮やかな色同士も、鉢が引き締めシックに。●使用植物:インプレシア、ウォールフラワー、プリムラジュリアン、ヘデラ、バコパ

Profile

190314_springbloom_16

野里 元哉さん

明治20年創業の園芸専門店「陽春園植物場」代表取締役社長。京都にある造園業の老舗や、アイルランドの園芸店での経験を経て、同社4代目に。テレビの園芸番組への出演、多肉植物愛好家として執筆活動も。昨年、ガラス容器の中でコケなどを栽培する“コケテラリウム・パルダリウム”がテーマのカフェ&ショップ「パルコジョキ」をオープン。

陽春園植物場

宝塚市山本台1-6-33
TEL0797-88-2112
午前9時~午後6時、無休(年末年始除く)

190314_springbloom_17

Fashion

大判ストールで
風を含んだような立体感

 ストールは、複雑な巻き方より、“タテのライン”を強調して巻くことが大切。ラインが長ければ長いほど、スタイルアップにつながるので、大判を選んで。薄くて軽く、空気を含みやすいカシミヤモダールは、ツルツルとすべるシルクよりも扱いやすく、通年使える素材です。
 巻く際に意識したいのが、立体感。きっちり折りたたむのではなく、たっぷりと“ひだ”を作ってから首にかけましょう。ボリュームがあるので、ただ首にかけるだけでも存在感が出ますが、首にひと巻きすると、デコルテが華やかに。巻くときも立体感を崩さないように、春風のようなふんわり感を大切に。
 パステルカラーといった“いかにも春”な色・柄でなくても、白など明るい色が目に触れるようにつまみ出せばOK。

190314_springbloom_18

太ももまで届く長いラインを作ることで、“細見え”の効果が。ストールの端を鋭角にすることもポイント。「VASSILISA」のストール(140cm×190cm、6万2640円)は、チンチラのしっぽをフレームにしたデザインが特徴的

190314_springbloom_19

パイソンなどインパクトの強い柄も、白やピンクの色使いで春スタイルに

ストール使いでオシャレの幅を広げたい

\長方形のストールを使って/
さらにスッキリ感が高まる! より“Iライン”を強調する巻き方

STEP1

190314_springbloom_20

ストールを広げたら、一旦、角を1カ所もち、長方形を崩すようにします。その後、カーテンのようにひだを作っていきます。

STEP2

190314_springbloom_21

ひだを崩さないように首にかけます。

STEP3

190314_springbloom_22

片側を首にひと巻き。このときも、ひだが崩れないように注意。

STEP4

190314_springbloom_23

巻き終えたら、片方の端を、首のまわりの“輪っか”の部分に入れ込みます。

STEP5

190314_springbloom_24

できあがり。ボディの真ん中に細いラインが生れることで、よりスリムな印象に仕上がる巻き方です。

\正方形のストールを使って/
トップスの印象も変わる?! アフガン巻き

STEP1

190314_springbloom_25

正方形のストールを広げて、対角線が折り目になるように二つに折り、三角形を作ります。それぞれの辺の真ん中あたりを持ち、ひだを作ります。

STEP2

190314_springbloom_26

三角形の中心が真ん中にくるようにして、首にひと巻き。両端を前にたらして、形を整えます。ボディの前面が華やかになり、トップスの印象さえ変えてくれそう。よりコンパクトにまとめたいときは、三角形の下で両端を結びます。

\ウエストマーク使いで/
腰に巻いて、いつものスタイリングに変化を

190314_springbloom_27

簡単なのに、何気ないコーディネートを格上げしてくれるのが、腰巻使いです。長方形のストールを対角線に伸ばして先を尖らせから、細くまとめて腰に巻き付けるだけ。ベルトループに通してもOK。この使い方も、片方を思い切り長くすることで、スタイルアップの効果も狙えます。

Profile

190314_springbloom_28

梶谷 知世さん

「SELECTSHOP AILA」オーナー。“1アイテムで劇的にオシャレ度が上がる”を基準に、ファッション雑貨をパリ・ミラノで買い付け。シックな店内には、日本代理店として扱う「VASSILISA」のストールをはじめ、ミラノの「ダニエラ・デ・マルキ」のジュエリーなど、個性的かつラグジュアリーなアイテムが多数。

SELECTSHOP AILA

芦屋市松ノ内町2-2-101
TEL0797-22-0277
正午~午後7時、月曜休。※イベ ント実施などで休業する場合があるので、ブログ(http://ailablog.exblog.jp/)で確認を

190314_springbloom_29

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. Spring Bloom!阪神ニスタが描く、春景色



会員登録・変更