1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. 【2019-2020冬春】NTTドコモの新サービス・新商品発表会レポート

【2019-2020冬春】NTTドコモの新サービス・新商品発表会レポート

【2019-2020冬春】NTTドコモの新サービス・新商品発表会レポート

先日行われた、NTTドコモの「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」に出席してきました。その様子をレポートします。

s-P1070669__▲新機種を手に、報道陣の撮影に応じる関西支社長の高原幸一さん(中央)とモデルさん

今回発表された携帯電話の新商品は、スマホ5種、らくらくホン1種、キッズケータイ1種。10月18日から、順次発売されます。また、ドコモのスマホ決済アプリ「d払い」のダウンロード数が1000万を突破したことや、「d払いミニアプリ」での予約・注文サービスが新たにスタートすること、クーポンの提供が始まること、加盟店の広がりなどについても紹介されました。

スマホ新機種(スタンダードモデル)2種

機能と価格のバランスがとれた、スタンダードモデルからは2種が登場。端末価格が重要となるフリープラン時代において、幅広い支持を得ているようです。

■AQUOS sense3 SH-02M<11月上旬発売予定>

s-P1070683_

AQUOS史上最大の電池容量4000mAhを実現した機種で、省電力IGZOディスプレイと併せて、1週間の電池持ちを可能に。大容量バッテリーを内蔵しながらも、手に馴染みやすいボディサイズなのもポイントです。1つ前の機種と比較しても、数ミリ程度大きくなっただけというから、シャープの技術に驚きです!

s-P1070687__▲左が、1つ前の機種で電池容量2700mAh。新型(右)は電池容量が約1.5倍になったのに、ボディサイズはほぼ同じというのにびっくり!

■Galaxy A20 SC-02M<11月1日発売予定>

s-P1070710_

インターネットラジオの「radiko」とFM電波の「FM放送」の両方を受信できる、ラジオチューナーを内蔵したスマホ。ネット環境がなくてもラジオが聴けるので、災害時にも心強そう。さらに、ホーム画面から簡単に、大きなアイコンで見やすい「かんたんモード」への切り替えができるので、初めてスマホを使うという人にも良さそうです。

s-P1070711_▲ドコモオンラインショップで1万9444円(税別)という価格も魅力ですね

スマホ新機種(ハイスペックモデル)3種

大画面はもちろん、最高水準の処理能力を有したハイスペックモデルからは3種が登場。特にゲームや動画をよく利用する人やそれらを楽しみたい人は注目です!

■Galaxy Note10+ SC-01M<10月18日発売予定>

Bluetooth内蔵のSペンが付いていて、スマホへの手書きができるGalaxy Noteシリーズ。手書きしたものをワンタップでテキストに変換でき、そのままメールで送れたり、Wordなどのファイルに保存できたりと、使い勝手がさらに良くなっています。スマホに向けてSペンで円を描くことでカメラのズームの動作ができたり、遠隔操作の機能も進化。
圧倒的な処理能力を誇るドコモ史上初の12GBのRAM搭載で、大容量のゲームでもサクサクと操作ができます。

s-P1070723_▲これ1本でいろいろな操作ができちゃうSペン

s-P1070745_▲もちろん、スマホに収納できます。ペンをしまうのを忘れていると「ペンが収納されていません」といったアナウンスが流れるとか

手書きからテキストへの変換を見せてもらいました。

s-P1070718_Sペンで「16時会議」と手書きします。それを、ワンタップすると…

s-P1070719__

すぐに「16時会議」とテキストに変換されました! 慌てて書いた走り書きの文字でも、割と正確にテキスト変換してくれるというから、これは便利に使えそう!

さらに、面白いのが、動画に3Dの文字や絵を描くことができること。誕生日や結婚式などのお祝いメッセージを楽しく作って送れます。

s-P1070730_

s-P1070731__

s-P1070735_

写真なので分かりにくいかもしれませんが、描く空間をずらしながら、奥行きのある、立体的な模様が描けているのがわかるでしょうか? もちろん文字だって書けますし、ペンの種類も色も豊富。

s-P1070715_▲人を撮影しながら描いていくと、楽しいムービーが簡単に撮れちゃいます!

■Xperia 5 SO-01M<11月1日発売予定>

s-P1070702_
夏モデルよりコンパクトになり、機能は進化。2つのアプリを同時に表示できるマルチウインドウ機能も継承され、さらに使いやすくなっています。

s-P1070704_▲夏モデルのXperia 1 SO-03L(左)と並べると、コンパクトになったことが一目瞭然! 手にフィットしやすいサイズに。ディスプレイに、映画のスクリーンと同じ21:9の比率を採用しているのも継続

s-P1070705_

カメラ機能も向上しています。カメラに指がかかっていたら「レンズに指が触れています」、目を閉じていたら「まばたきをした可能性があります」といったお知らせをしてくれる「撮影アドバイス機能」が追加されました。写真の失敗が軽減されそうですね。

■AQUOS zero2 SH-01M<今冬発売予定>

s-P1070675_
約6.4インチの大画面ながら約143gの軽量ボディで、ゲームや動画視聴などで長時間スマホを使うシーンでも快適に使えるという同商品。持たせてもらいましたが、「軽っ!」って思わず言っちゃうくらい軽かったです(笑)。ちなみに、約6.1インチのiPhone11の重さが約194gです。
従来の4倍の高速ディスプレイを搭載していて、タッチ操作が反応しない「タップ抜け」を限りなく抑えてくれます。私はスマホでゲームをしないので、よく分かりませんが、ゲーム時の連打の反応がかなり優れているらしいです。最新OSのAndroid 10搭載。

■キッズケータイ SH-03M<今冬発売予定>

キッズケータイ初の4G対応になり、VoLTEによるよりクリアな音声通話が可能になりました。さらに、3.4インチのタッチパネルを搭載し、全面タッチ式に。

s-P1070698_▲3色のカラー展開

s-P1070695_

文字入力の漢字変換が、「1年生の漢字」「4年生までの漢字」など、6学年別の設定ができるので、子供の成長に合わせて長く使えます。実際より上の学年に設定して、漢字の勉強に使うこともできそうです。そして注目なのは、「大人と同じ」という項目があること。キッズケータイではありますが、多くの機能を必要としない人や携帯電話を持っていない高齢の親に持たせておくという使い方もできます。見守り機能が充実していて、防災ブザーも付いているので何かあったときの〝お守り〟になりそうですね。

s-P1070696_▲子供が喜びそうなかわいいデザインのケースも用意されています

s-P1070699_▲連絡先などの設定は保護者のスマホで行います。キッズケータイにはカメラ機能がついていませんが、保護者のスマホで撮った写真を送ってあげることができます

アパレル分野での新サービスの実証実験

アーバンリサーチとデータグリッド、ドコモの協創による新たなサービスについても紹介されました。それは、AI技術を活用した画像の自動生成システムを使い、ECサイト内で、自分が着たイメージを見ることができるというもの。実際のサービス開始はまだ先とのことですが、10月から実証実験をスタートしているそう。

下の写真は、
・<スクリーン上>トップスを購入しようと思った人が、ネット上で見られる着用イメージの合成写真
・<モデルさん>商品が届いて実際に着用している様子
を表現していて、質感や丈感といった着用後のイメージそのままの買い物ができる、という紹介です。

s-P1070640__

ネットでの買い物は便利ですが、洋服は試着ができないから買うのを躊躇してしまうことってありますよね? この技術が進めば、ネットでも〝試着〟ができることになるので、買い物がしやすくなるかもしれませんね。

関西支社長インタビュー

発表会の後、関西支社長の高原幸一さんにお話を聞かせてもらいました。

s-P1070747_▲いろいろな質問に気さくに答えてくれる高原さん

ーまず、最初に5Gのことを。ラグビーW杯開幕に合わせて、9月20日から5Gのプレサービスをスタートされましたが、どのようなことをされているのですか?

5Gの本格サービススタートは来年の春を予定しています。今回のプレサービスは、実際の商用の周波数を使って行う、というところが大きなポイントです。今までは、実験用の周波数でしたので。実際に、思うようなサービスの運用ができるか、技術的なところを再確認したりしています。
また、東大阪市花園ラグビー場で行われた、ラグビーW杯のアルゼンチン対トンガ戦では、20人~30人の観客のみなさんに5Gサービスが体感できる端末を貸し出し、体験してもらいました。スタジアムでの生観戦を楽しみながら、審判に付けられた目線カメラや、いろいろな角度から撮影されている映像を、多視点で視聴してもらいました。みなさん楽しまれていましたが、特に審判の目線カメラが面白いと好評でした。

ーなるほど。それは楽しそうですね。5G端末の発売はいつ頃になりそうですか?

来年春のサービススタートに合わせての発売を予定しています。まずは、スタジアムや大阪駅、大きな病院など、人が多く集まるところから始めて、2026年までに、関西の99%のエリアでサービスの提供ができるようにしたいと考えています。できるだけ早く展開していきたいと頑張っています。

ー来年の春というと、もう間もなくですね。楽しみにしています!
今回は料金プランについての発表はありませんでしたが、それは楽天の携帯電話事業への参入が延期になったことも関係していますか?

6月に、通信料金と端末代金を分けた新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を導入しました。総務省の意向もありますが、お客さまの「料金が分かりにくい」「もっとシンプルにしてほしい」という声をもとに考えたプランで、概ね好評です。ですので、今のところ特に料金プランの変更は考えていません。確かに、楽天さんが参入してこられてたら何か対応が必要だったかもしれませんが、今回はその必要がありませんでした。
料金は競争相手があってのことですから、もしかしたら、来年春のタイミングで対応が必要になるかもしれませんね。

ーd払いが1000万ダウンロードを突破したと発表がありました。拡大施策にも取り組んでいらっしゃいますが、キャッシュレス決済はますます進んでいくのでしょうか?

10月からの増税に伴って、国が主導する「キャッシュレスのポイント還元制度」も始まっています。そもそもスマホを持っているのがどちらかというと若い世代なので、これを機に上の世代の方にも「d払い」を使ってもらえたらうれしいです。聞き慣れないサービスだと心配かもしれませんが、ドコモが提供しているサービスということで身近に感じてもらえるのではと思っています。なにより、一度使ってもらうと便利さを感じてもらえるはずです。近鉄百貨店やルクア、ホワイティうめだといった商業施設でも使えるようになっていますし、11月にはドラッグストアで+10%、12月にはコンビニで+10%の還元キャンペーンを行います。
実際に〝お得感〟を感じてもらうのが一番なので、いろいろな施策に取り組んでいます。

ーそれは、利用者にとってはとてもありがたいです。
最後に、先程ラグビーの話が出ましたが、高原さんもスタジアムでラグビーを観戦されたのですか?

はい、しました。東大阪市花園ラグビー場でのアルゼンチン対トンガ戦と、ノエビアスタジアム神戸での南アフリカ対カナダの試合を観戦しました。一番前の席で見せてもらったのですが、迫力があってよかったです。会場もかなり盛り上がっていました。今、日本代表チームの活躍もあって、かなりラグビーが盛り上がっているので、この熱を維持して、来年1月から始まる日本のトップリーグの試合も盛り上がってほしいですね。

ードコモのラグビーチーム「レッドハリケーンズ」も今年トップリーグに昇格しているので、活躍が楽しみですね。

トップリーグは、社会人ラグビーの国内最高峰を決める試合です。関西でトップリーグに所属しているのは、わが「レッドハリケーンズ」と「コベルコスティーラーズ」(神戸製鋼)の2チームだけ。「レッドハリケーンズ」にも今回のW杯で日本代表に選ばれたヴィンピー・ファンデルヴァルト選手もいますし、ぜひ、ラグビーW杯に続いて、たくさんの人に応援してほしいですね。

■NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

■NTTドコモ レッドハリケーンズ
http://docomo-rugby.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. お買い物
  3. 【2019-2020冬春】NTTドコモの新サービス・新商品発表会レポート

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年11月8日号

電子ブックを読む



会員登録・変更