1. 兵庫トップ
  2. 街ニュース
  3. ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野×日本盛 フレンチと日本酒のマリアージュを体験

ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野×日本盛 フレンチと日本酒のマリアージュを体験

ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野×日本盛 フレンチと日本酒のマリアージュを体験

去る3月29日、とっても素敵なイベントに参加しました。

フレンチレストランの「ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野」と、灘五郷の西宮郷にある日本酒の蔵元「日本盛」とのコラボディナーです。

「ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野」は、北野町の異人館街にあります。美しい姿は北野町のランドマークになっています。
kitano1
北野の異人館通りにあります

kitano2
ウェイティングルームには菰樽も

「もっと、美味しく、美しく」がテーマのコラボディナー。
ディナーが始まる前、
「本格フランス料理と、当社の日本酒のマリアージュは、初の試み。ちょっとドキドキしています」とは、日本盛の広報ご担当者。
参加者もドキドキしながらディナーがスタートしました。
料理の1皿ごとに、それとベストマッチのお酒が登場する趣向です。
kitano13
それぞれのお酒の説明は、日本盛の杜氏である中村稔彦さんから

まずは、アミューズの「ホタルイカと山菜」。香住でとれたホタルイカが、ざん新な形に。
kitano4

食前酒として登場したのは、上撰の熱燗。熱燗の食前酒って、新鮮な体験です。
kitano3

続く2皿めは、「フォアグラと酒粕」。日本酒に付け込んでいたフォアグラは、濃厚です。
お酒はフレッシュな味わいの生酒「生の贅沢」。火入れをしていないため、フルーティーな香りがハンパないです。
kitano5

3皿目は、見た目も美しい「フランス産ホワイトアスパラガスとわかめ」。
「えっ、これがアスパラ? わかめ?」という盛り付けに、目が釘づけになりました。

kitano7

合わせるのは「惣花」。江戸時代末期に登場し、長い歴史を誇る、同社の代表銘柄です。

4皿目はお魚で「明石鯛のポワレ コンソメブヤベース」。これまた、見た目も楽しい!またブイヤベースが絶品で、パンをひたして食べると、パンのおかわりが欲しくなる!
kitano9

すっきり、キリリとした大吟醸と一緒に。
kitano8

5皿目はメインの「イタリア産ラパンと春の恵み」。ラパンはウサギのこと。トロトロに煮込んであって、とても柔かい。えんどう豆のグリーンが春を感じさせてくれます。
kitano10

kitano11
お酒は「惣花プレミアム」。吉川町特A地区産の「山田錦」を100%使用し、精米歩合は38%。まさにプレミアムな味わいでした。

デザートの前のお口直しは、「唐辛子のソルベ」。甘いのに後味がピリっと唐辛子。
ソルベにもお酒「灘の粋」が一緒に出てきました。
kitano12

デザートは「苺のタルト」。スイーツに合わせる日本酒って一体…と、私たちのテーブルも盛り上がる中、「しぼりたて生原酒」が登場。相性もバッチリでした。
kitano14

お茶菓子には、「日本盛」バージョンのマカロンが。
kitano15

kitano16
この日のディナーを担当してくださった、土肥秀幸シェフ(中央)、伊藤彰二シェフパティシエ(右)、副支配人の木村政晴さん(左)

盛り上がったディナーを締めくくったのは、タレントのマッハ文珠さん。美声も披露してくださいました。
kitano17

このコラボディナーを企画した「ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野」の運営会社、平川商事のご担当者は、「1回限りではなく、今後も、日本酒とのコラボは続けていきたいです」と意欲満々。
実際に体験してみて、私も、日本酒とフレンチの相性の良さにビックリしました。海外でも日本酒人気が高まっているのも、納得です。
神戸・阪神間は日本一の酒どころ、灘五郷があるので、「日本酒×スイーツ」など、これからも素敵なコラボに期待したいです。

ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野
詳細はWeb

日本盛
詳細はWeb

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 兵庫トップ
  2. 街ニュース
  3. ラ・メゾン・ドゥ・グラシアニ 神戸北野×日本盛 フレンチと日本酒のマリアージュを体験



会員登録・変更