1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. “ナン”だって…!?モスのナンシリーズが4年ぶりに帰ってくる!!

“ナン”だって…!?モスのナンシリーズが4年ぶりに帰ってくる!!

1996年に登場し、夏の期間限定商品として人気を博していた、モスバーガーの“ナン”シリーズが、多くのリクエストの声を受け、4年ぶりに復活します!

全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、7月12日(木)~9月中旬の期間限定で復活販売されるのは、「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」。復活リクエストランキングで、「ナンタコス」は1位、「ナンカレードッグ」は5位と、特に多くの支持を集めていたのだそう。

外側はカリッ、内側はモチッ!

180703_mos_1
「ナンタコス」(430円)
ナンは、インドや中近東でよく食べられている平たいパン。独自配合の生地を約400度の高温で短時間のうちに焼き上げることで、外側はカリッ、内側はモチッ!今回、生地の配合を変えることで、小麦の風味を引き立たせ、ふっくらと歯切れのよい食感に。

それぞれ発売当時のオリジナルレシピを再現

2002年に初登場した「ナンタコス」は、メキシコのソウルフードである“タコス”とナンをあわせたモスオリジナル商品。タコスミート(牛挽肉)のスパイスの配合を調整し、スパイシーな香りとキレのある味わいに仕上がっています。

ナンの上にタコスミート、レタス、トマトをたっぷりとのせ、濃厚なチェダーソースをかけ、トルティーヤをトッピング。タコスミートのスパイシーな旨みと、シャキシャキ野菜、サクサクのトルティーヤの食感のハーモニーを楽しんで。

180703_mos_2

「ナンカレードッグ」(420円)

ナンシリーズが初めて登場した1996年発売の「ナンカレードッグ」は、食べ応えのあるソーセージと濃厚なカレーソースが特徴。ふんわりとしたナンの上に、ジューシーなソーセージをのせて、濃厚なカレーソースをかけ、オニオンスライスをトッピング。ソーセージは天然羊腸を使い、外はパリッと中からはジュワッと肉汁があふれます。

カレーソースは、合挽肉とじっくりと炒めた玉ねぎに、濃縮リンゴ果汁と、マンゴーなどの果実に香辛料や砂糖などを加えて煮たジャム状のマンゴーチャツネを加えて、辛さの中にも甘みや深みをプラス。食べた瞬間に広がるスパイシーな辛さと香りが食欲をそそります。

180703_mos_3

「スパイシーナンカレードッグ」(450円)

また、ハラペーニョ(青唐辛子)を加えた「スパイシーナンカレードッグ」も。

ナンシリーズの復活を待ってました!という人も、まだ食べたことないという人も、この機会にぜひ味わってみて!

■「モスバーガー」公式サイト
http://mos.jp

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. “ナン”だって…!?モスのナンシリーズが4年ぶりに帰ってくる!!
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更