1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 日本初上陸!スタバのロースタリーは、まるでコーヒーのテーマパーク♪混雑状況は?

日本初上陸!スタバのロースタリーは、まるでコーヒーのテーマパーク♪混雑状況は?

オープン前から話題の「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」が、2019年2月28日、東京・中目黒にオープンしました。店内に焙煎機を設置したロースタリー は、シアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに次ぎ世界で5番目。スタバ大好きな筆者は、初日の朝からさっそく行ってきました! 混雑状況は最後にまとめたので、ぜひチェックしてくださいね。

starbucksroastery15

焙煎機のある店内は、まるでコーヒーワンダーランド!

店内に入るとまず目に飛びこんでくるのが、高さ17mのキャスク。4階まで突き抜ける姿は圧巻です。コーヒー豆の貯蔵や焙煎にかかわる設備で、世界に5つあるロースタリーのなかで最も高いそう。

starbucksroastery21

表面がボコボコしているのは目黒川の水面を、周りの飾りは川に散る桜を表現しています。天井の意匠(写真右上)は、折り紙がモチーフ。どれも職人の手によるもので、随所に日本の職人技が感じられます。

starbucksroastery11
©︎STARBUCKS

シアトルなどで腕を磨いた日本人ロースターによる焙煎作業をはじめ、ここではビーントゥーカップ(生豆の焙煎から1杯のコーヒーへ)の工程を眺めながら、こだわりの1杯を飲むことができます。

ロースタリー限定の「GRAVITAS BLEND®︎VINTAGE®︎VINTAGE 2019」を飲みました。しっかりコクがあり、ウィスキーのような香りもします。ここで焙煎されたと思うと格別です。

starbucksroastery23

ほかにも、ウィスキーの樽の中で熟成させたコーヒー豆をコールドブリューで抽出し、贅沢な風味を満喫できる「バレルエイジド コールド ブリュー」や、シナモン香る濃厚なフォームとコーヒーのコラボが楽しい「アイス マキアート コン クレマ」など、特色あるコーヒーがそろっています。

starbucksroastery20 starbucksroastery21©︎STARBUCKS

少し小型の焙煎機を使っていたロースターの女性が、豆の焙煎状態の変化を見せてくれました。

starbucksroastery26 starbucksroastery27

生豆が香ばしいカラメルのように変化し、少しふっくらして見慣れたコーヒー豆らしい外見に。社会科見学でもしているように、いつまで見ていても飽きません。

ほかにも視覚的に楽しい造作があり、張りめぐらされたパイプを通るコーヒー豆の音、店内の焙煎機から漂う香りなど、ライブ感が満ちあふれる店内は、さながらコーヒーのテーマパーク。五感を総動員して楽しめます。
2階は、紅茶、日本茶、中国茶などを扱うスタバの「TEAVANA™️(ティバーナ)」ブランド専門エリアで、世界最大規模。多彩なお茶の楽しみ方を提案しています。

starbucksroastery24

玉露に酒粕で日本酒の香りをつけ、桜の花をあしらった升で提供する「桜の小径」など、独創的なメニューも。

starbucksroastery13©︎STARBUCKS

3階は、日本のスターバックスでは初の本格的なバー「ARRIVIAMO™️(アリビアーモ)BAR」。コーヒーやティーを使ったカクテルやノンアルコールカクテルを楽しめます。

starbucksroastery29

4階は「AMU インスピレーション ラウンジ」。お店主催のイベントだけでなく、地域の人たちが集う場としても利用できるそう。多様な人のつながりを大切にする、スターバックスらしいスペースです。

イタリアのベーカリー「プリンチ®︎」も日本初上陸!

「プリンチ®︎」は、1980年イタリアのパン職人ロッコ・プリンチ氏が創業したベーカリー&カフェ。中目黒のロースタリーには、世界的な賞を受賞した後、ロッコ氏の元で伝統的なイタリアのパン作りを学んだ松田武司ヘッドシェフなど、スペシャリストが結集しました。

スタバロースタリー1
©︎STARBUCKS  スターバックス リザーブ®︎ ロースタリー東京、プリンチ®︎ヘッドシェフ松田武司氏

日本の気候に合わせてレシピも微調整するなど、素材と製法の細部にまでこだわったメニューは作りたてで提供されます。イタリアらしい食材をトッピングしたフォカッチャ生地のピザは見た目も鮮やか。ラザニアやリゾット、お酒に合うプロシュートやチーズの盛り合わせなど、イタリアの食文化を体験できます。

starbucksroastery7
©︎STARBUCKS

朝だけのメニューやランチ用、お酒に合うものなど、1日を通してメニューも変化します。

筆者は、薄い上質なハムとチーズをたっぷりはさんだイタリアのクロワッサン「コルネッティ」のサンドイッチの中から「プロシュート コット&フォンティーナ」を食べてみました。

生地はバターたっぷりでパリッパリ、サクサク。少し長めの20カ月熟成したプロシュートが絶妙。口の中で溶けます!

starbucksroastery17starbucksroastery33

目黒川沿いの自然+隈研吾氏による外観建築

このロースタリーは、外観も魅力の1つ。

2020年に向けて、新国立競技場のデザインを手がけている世界的建築家・隈研吾氏と、スターバックスのデザイナーチームとのコラボレーションによる4階建ての建物です。

starbucksroastery1

桜並木が四季の移ろいを描く目黒川沿いという立地も、日本ならではの体験にぴったりのロケーションです。

隈研吾氏がデザインしたスターバックスの店舗といえば、2000本ものスギの木材を使った木組みが印象的な「太宰府天満宮表参道店」がありますが、今回のロースタリーでは外観でのコラボレーションとなっています。周囲の景観に溶け込むナチュラルな木目がやわらかい印象です。

starbucksroastery30

外観デザインは庇や盆栽をモチーフに。テラス部分は縁側をイメージしたものだとか。伝統とモダンなデザインが融合しています。

しばらくは行列必至の入店困難な日々が続きそうですが、日本を含め5店舗しかないスペシャルなスターバックスのロースタリー。このワクワク感は、ぜひ体感してみる価値アリです。

これからの季節、桜に彩られたロースタリーはかなり“映え”そう。花見シーズンも楽しみです。

オープン初日の混雑状況は?

開店当日、筆者は7時半前に到着。優先入場のチケットを持っている人は、お店付近に並んでいました。筆者のように優先チケットのない人は、山手通りに誘導され整列待機。寒い雨の日だったことと、「周囲に迷惑なので並ばないように」との事前注意が功を奏したのか、筆者より前に並んでいたのは20人ほど。それ以降は急に人が増えてきました。

8時を待たずに抽選があり、店舗近くに移動。渡された番号順に入店します。整理券にはQRコードがあり、待機人数の確認や呼び出しの機能も。70番台でしたが、8時半には入店できました。

今後について確認してみると、9時以降は抽選なしで整理券がもらえるとのこと。待ち時間はスマホで確認できるのでその場は離れられますが、待ち時間は長くなることもありあそう。時間によっては、その日に入れない可能性もあるとのことです。今後、入店方法は変わるかもしれないので、来店前には公式サイトなどを確認するのがおすすめです。

(ライター/深田ユウ)

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京 https://www.starbucks.co.jp/roastery/

Processed with MOLDIV

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 日本初上陸!スタバのロースタリーは、まるでコーヒーのテーマパーク♪混雑状況は?

会員登録・変更