1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【ローソン】新シリーズ「マチノパン」初日発売の全7品を食べてみた!おすすめはコレ♪

【ローソン】新シリーズ「マチノパン」初日発売の全7品を食べてみた!おすすめはコレ♪

2019年3月5日、ローソンに新シリーズ「マチノパン」が誕生しました。コンセプトはその名のとおり“街のパン屋さん”。近所にある親しみやすいお店で、パンを選ぶワクワク感をイメージしているそう。初日に発売された7品をすべて実食した筆者が、おすすめを3つ紹介します!

machinopan_eye

じゅわっとバターがしみこむ!「フランスパンのフレンチトースト」

まずおすすめしたいのは、フレンチトースト専用のフランスパンを使った「フランスパンのフレンチトースト」(150円)。手の平サイズのパンが2個入っています。厚さは1.5cmほど。

french1

ひと口頬張ると、じゅわっとした食感! 調味液がよくしみこんでいて、バターの風味が口いっぱいに広がります。

フランスパンはもちっとしていて、噛めば噛むほどバターのやさしい甘さと卵のコクが強く感じられます。卵とバター、砂糖のバランスがよく、2個ともペロリと完食しちゃいました。

french2

冷たくても十分においしいですが、オーブントースターで温めるとフランスパンがふわふわになります。目安は1200Wで約1分間。バターの風味も格段にアップするので、ぜひ温めてみてください。

ワインにもコーヒーにも!香り高い「ネグリタラム酒のパン・オ・レザン」

ワインにもコーヒーにも合うのが、「ネグリタラム酒のパン・オ・レザン」(150円)。

フランスを代表するラム「ネグリタラム」83%とブランデーに漬け込んだレーズンが、たっぷり散りばめられたデニッシュです。

rezan1

ネグリタラムは独特な香りが特徴で、お菓子作りにも使われます。そのためか、レーズンは小粒なのに、とても香り高く、存在感バツグン。

そんなレーズンと、生地の間にはさまれたカスタードクリームのコク、デニッシュ生地の塩気とが絶妙にマッチし、マイルドに仕上がっています。ベーカリーで売られているような、大人向けのパンです。

rezan2

デニッシュ生地の外はサクサク、中はしっとりとしていて、食感の違いも楽しめます。薄い生地でボリュームが抑えられているので、食べやすいサイズ感も◎。

ミルククリームがとろ~り!「まんまるデニッシュ ミルククリーム」

「まんまるデニッシュ ミルククリーム」(130円)は、練乳入りのミルククリームが中に入ったデニッシュ。まんまるのフォルムがなんともかわいらしい一品です。

denish1

真ん中を割ると、ミルククリームがとろ~り、流れ出てきます。想像以上にたっぷり入っていてびっくり!

デニッシュの外側は、繊細なほどサクサクしています。中のミルククリームは、バターの風味が強く感じられます。練乳のほんのりとした甘さに続き、デニッシュの香ばしさが鼻に抜け、食べた後も余韻を堪能できます。

denish2

このほか、はちみつバタークリームがサンドされた「まんまるデニッシュ ハニークリーム」(130円)、どこから食べてもひと口目に中のカレーを頬張れる「肉の旨みとスパイス広がるカレーパン」(180円)、女性のひと口サイズに合わせて細長くした「めんたいフランス」(150円)などが発売中。

DSC00523

3月12日には、くるみがたっぷり入った「くるみにくるみぱん」も仲間入り。残り2品も順次お目見えするので、ぜひチェックしてみてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【ローソン】新シリーズ「マチノパン」初日発売の全7品を食べてみた!おすすめはコレ♪

会員登録・変更