1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. コロッケにチョコ!?【ローソン100】衝撃の「ななめ上いくパン」シリーズ全3種を食べてみた

コロッケにチョコ!?【ローソン100】衝撃の「ななめ上いくパン」シリーズ全3種を食べてみた

「悪魔のおにぎり」の大ヒットで注目度が高まっているローソンストア100。2019年4月17日には、さらに攻めた商品が発売されました。その名も「ななめ上いくパン」シリーズ。コロッケにチョコなど、意外な素材を組み合わせたパン3種です。話題性だけなのか、本当においしいのか、実際に食べてみた結果は…!? 筆者の独断と偏見によるおすすめ度とともに紹介します。

3

おすすめ度★★★「VLあんドーナツ(激辛仕立て)」

an1

まず食べたのは、「VLあんドーナツ(激辛仕立て)」(108円)。こしあんを包んだドーナツの上に、なんと激辛の一味唐辛子をたっぷりふりかけています。

パッケージに書かれたキャッチコピーは「⽢いけど⾟い︕⽢さと⾟さの絶妙バランスで脳が混乱!?」だそう。辛いのか甘いのか…はたしてその味は!?

an2

ひと口頬張ると、普通のあんドーナツのあとから一味唐辛子の辛さがすぐに追いついてきました。

この一味唐辛子が、ピリピリと舌を刺激するほどの辛さ! しかし、この辛さがこしあんの素朴な甘さと、ほどよくマッチしています。これは意外にもおいしい!

an3

こしあんのまろやかな食感と、ピリ辛の刺激も相性良し。同じ甘い食材でも、これが生クリームやチョコレートだったら合わないような気がします。辛さはたしかにありますが、新感覚のスイーツ系パンという印象でした。

開発者によれば、辛い部分とあんこを交互にバランスよく食べるのが、おいしく食べるコツだそう。

おすすめ度★★「VL紅しょうが好きのドーナツ」

mayo1

次に食べたのは、「VL紅しょうが好きのドーナツ」(108円)。キャッチコピーは「パンと紅しょうがの奇跡の出会い!紅しょうがをこよなく愛する方に食べてもらいたいパン」です。

見た目はいたって普通のドーナツ(揚げパン?)ですが、中に入っているのは、マヨネーズで和えた紅しょうが。それもたっぷり入っています。

mayo2

口に入れると、紅しょうがのほどよい辛さが、マイルドなマヨネーズと絡み合います。ん~、これもなかなかイケます!

mayo3

なんといっても紅しょうがの量がすごい! 紅しょうがが大好きで、料理のアクセントではなく主役として食べたい人にとっては、たまらない1品でしょう。

先ほどのあんドーナツと同様、ピリ辛系とマイルド系のコラボレーション。紅しょうがのシャキシャキと歯切れの良い食感と、まろやかなマヨネーズのコントラストが楽しめます。

この紅しょうがとマヨネーズの組み合わせは、ほかの料理にも応用できそう…なんて思ってしまいました。

おすすめ度★「VLチョコチョコロッケバーガー」

koro1

最後は、「VLチョコチョコロッケバーガー」(108円)。キャッチコピーは「食事とデザートを一緒に済ませられるおせっかいな時短メニュー!」とのこと。

koro2

ひと口、パクリ! ん~、これは……?

コロッケの間に2種のチョコクリームが入っていて、1つはザクザク食感、もう1つはなめらかな食感。この2つのチョコ、食感の違いはおもしろいのですが、味も風味も主張が強め。

koro3

個人的には、コロッケパンの“おせっかい”なアクセントという印象になってしまいました。これなら、コロッケパンを食べた後に、ふつうにデザートとしてチョコを食べたいような…。

しかし、生まれて初めての食べ合わせですから、脳がついていっていないだけかもしれません。二度、三度と食べればクセになる可能性も…!? コロッケとチョコのマリアージュ、気になる人はぜひ自分の舌で判断してみてください。

「え、この2つを掛け合わせるの!?」とドン引きしてしまう組み合わせばかりですが、商品化されただけあって、意外とおいしいものもありました。また、以上はすべて筆者の個人的な感想なので、ハマる味は人によって違うはず。

まさに想像のななめ上を攻めているローソンストア100の「ななめ上いくパン」シリーズ。万人の口に合うかはさておき、1つ108円のエンターテインメントとして考えれば、十分に楽しめるコスパといえそうです。

(ライター/富士みやこ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. コロッケにチョコ!?【ローソン100】衝撃の「ななめ上いくパン」シリーズ全3種を食べてみた

会員登録・変更