1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【成城石井】食べてみた!「四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐」やみつき間違いなし!

【成城石井】食べてみた!「四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐」やみつき間違いなし!

成城石井は、6月14日に花椒のしびれる辛さと爽快感がやみつきの逸品!旨みが引き立つ「成城石井自家製 四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐」を発売しました。
“もっと辛い麻婆豆腐が食べたい”!
その声に応え、成城石井の大人気ロングセラー商品「成城石井自家製 四川山椒ピリ辛麻婆豆腐」で使用している3倍量の四川山椒(花椒:ホアジャオ)を加えました。
四川山椒のしびれる辛さと4種類の醤(ジャン)など、厳選した食材が織り成す旨み・風味を絶妙なバランスで楽しむことができる本格的な逸品です。

seijoishii2019061402
成城石井自家製 四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐

花椒 (ホアジャオ)とも呼ばれる四川山椒は、中国の料理に欠かせない香辛料の一つ。
唐辛子とは一味違った“ビリビリしたしびれ感のある辛さ”が特長で、近年の麻辣ブームでも注目を集めています。
成城石井の人気商品である「成城石井 自家製 四川山椒ピリ辛麻婆豆腐」にも使用されている一方で、“もっと辛い成城石井の麻婆豆腐を食べてみたい”という声があったのだとか。
この声に応える形で、四川山椒のしびれる辛味をさらにプラスした新商品が開発されたというわけです。

しびれる辛さと爽快感がやみつきになる、「成城石井自家製 四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐」

2010 年に発売した「成城石井自家製 四川山椒ピリ辛麻婆豆腐」は、第1回中国料理世界大会に日本代表として出場した経歴の持ち主でもある橋口彰人が開発。
現在では、成城石井の自家製惣菜の中でトップ5に入るほどの大人気商品に。
今回、さらなる試行錯誤を重ね、辛味と旨みを絶妙なバランスで味わえる四川山椒の量を追究したそうです。
四川山椒を3倍量に増やすことによって、しびれる辛味が麻婆豆腐の旨みや風味をさらに引き立てています。
既存の麻婆豆腐ファンも新しいおいしさが発見できる辛さと爽快感たっぷりです。

seijoishii2019061403

編集部が食べてみた!山椒の辛さがクセになる!

山椒好きの筆者がさっそく食べてみました。
従来品も時々購入している、成城石井の麻婆豆腐ファンでもあります。

パッケージを開けると、麻婆豆腐特有の食欲をそそる香りが漂い、空腹を誘います。

seijoishii2019061401

筆者が購入したものには、真っ赤な唐辛子が2本も顔をのぞかせていました。

seijoishii2019061403

白いご飯に乗せて、麻婆丼にしていただきます。

seijoishii2019061405

原材料を確認すると、甜麺醤(テンメンジャン)や豆鼓醤(トウチジャン)、豆板醤(トウバンジャン)といったまるで本格中華料理のような材料名がズラリ。

seijoishii2019061407

スプーンですくうと、山椒や唐辛子などが目に見えます。辛そう〜!

seijoishii2019061406

口に含むと、思ったほど辛くありません。
豆腐と豚肉に絡んだソースを味わっていると、ピリリとした山椒の辛みが広がっていきます。
やみつき、とはこのことだったのか!
豆腐やお肉にはしっかりと味が沁みていて、ご飯がどんどん進みます。

山椒独特のクセになるような感覚が舌の上に残りますが、見た目ほど辛すぎず、単なる激辛グルメとは一線を画しています。
筆者は唐辛子の辛さをそれほど強く感じませんでした。
激辛、というよりもピリ辛、山椒の辛さを楽しめますよ。

これからの暑い時期には無性に食べたくなりそうです。リピ決定!

■商品名:成城石井自家製 四川山椒 3 倍!しび辛麻婆豆腐
■価格:459円
■発売日:6月14日(金)

成城石井 http://www.seijoishii.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【成城石井】食べてみた!「四川山椒3倍!しび辛麻婆豆腐」やみつき間違いなし!

会員登録・変更