1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【スタバ、カルディ、タリーズ】大人気の水出しコーヒーパックを飲み比べたら、意外と違った!

【スタバ、カルディ、タリーズ】大人気の水出しコーヒーパックを飲み比べたら、意外と違った!

ここ数年、「コールドブリュー」と呼ばれる水出しコーヒーがブームになっています。抽出に時間はかかりますが、熱による酸化を防ぎ、豆本来の味を引き出せると評判。そんなコールドブリューコーヒーを自宅で手軽に楽しめるのがコーヒーパック(コーヒーバッグ)です。スタバ、カルディ、タリーズの3商品を飲み比べてみました。

お店で飲むより半額オトク?「スターバックス® コールドブリュー コーヒー ピッチャーパック」

1908_nc_coldbrewcoffee_01_TM

「スターバックス® コールドブリュー コーヒー ピッチャーパック」(1728円)は、コーヒーパック4袋(2袋×2包装)入り。1パックあたり60.75gと大きめです。

1908_nc_coldbrewcoffee_02_TM

作り方は、基本的に麦茶と同じで、ピッチャーにパックと水を入れて待つだけです。

1908_nc_coldbrewcoffee_05_TM

ただし、箱に書かれているおすすめのいれ方は、ひと手間かかります。

まず1.5L以上の容器に、コーヒーパック2つと946mlの水を入れて24時間置き、パックを取り出してからさらに水710mlを加えるとのこと。

1908_nc_coldbrewcoffee_03_TM

水の分量指定がかなり細かいのですが、最終的に氷を加えるので、多少の誤差は許容範囲かなと思います。

筆者は今回、半量の1パックで作ってみました。

1908_nc_coldbrewcoffee_06_TM

抽出の開始時刻をふせんやマスキングテープに書いて貼っておくと良さそうです。忘れそうで心配な人は、スマホのアラームを設定しても。

1908_nc_coldbrewcoffee_07_TM

コーヒーパックを取り出し、追加の水を入れて完成!

1908_nc_coldbrewcoffee_08_TM

コーヒー豆は、コロンビア産とエチオピア産のブレンド。コクがありつつも、すっきりした味わいです。

1908_nc_coldbrewcoffee_04_TM

ちなみにスタバの店頭でコールドブリューコーヒーを買うとショート(容量300ml、氷含む)1杯330円。おうちで作れば、高めに見積もっても半額以下になりそうです。

ダークブレンドやカフェラテ好きなら「カフェカルディ ウォータードリップコーヒー(水出しアイスコーヒー)」

1908_nc_coldbrewcoffee_09_TM

「カフェカルディ ウォータードリップコーヒー(水出しアイスコーヒー)」(448円)は、40gのコーヒーパック4袋入り。やはりスタバに比べるとグッとオトク感があります。

1908_nc_coldbrewcoffee_10_TM

作り方もシンプルで、水400mlにコーヒーパックを1つ入れ、冷蔵庫で8時間以上置くだけ。

1908_nc_coldbrewcoffee_11_TM

夜セットしておくと、ちょうど朝にできあがっています。

1908_nc_coldbrewcoffee_21_TM

今回飲み比べたなかでは一番香り高く、コーヒーの風味が強く感じられました。

ブラジル産、コロンビア産など、カルディで人気のアイスコーヒー用ブレンド豆をベースに仕上げているそうです。

1908_nc_coldbrewcoffee_22_TM

ただ、人によってはやや苦味が強いかもしれません。マイルドなコーヒーが好きな人は、抽出時間が長くならないように8時間経ったらすぐにコーヒーパックを取り出しましょう。

また、水を増やしたり、飲むときに氷を多めにする、牛乳を合わせるなどでも調整できます。

1908_nc_coldbrewcoffee_12_TM

マイボトルにイン!外出先でも手軽に飲める「タリーズジップス コールドブリューコーヒー オリジナルブレンド」

1908_nc_coldbrewcoffee_14_TM

「タリーズジップス コールドブリューコーヒー オリジナルブレンド」(980円)には、25gのコーヒーパックが5袋入っています。

1908_nc_coldbrewcoffee_15_TM

スタバやカルディに比べて1袋が小さいので、家庭用のボトルやピッチャーで作るだけでなく、水筒に直接入れて持っていけるのが便利!

1908_nc_coldbrewcoffee_16_TM

筆者はメイソンジャー風のボトルに水350mlとコーヒーパック1つを入れて作ってみました。

1908_nc_coldbrewcoffee_18_TM

抽出時間は冷蔵庫なら6時間以上、外出時は揺れるためもう少し早く4時間以上でできあがるそうです。

好みの濃さになったら、パックを取り出して完成。

1908_nc_coldbrewcoffee_19_TM

家を出る前にマイボトルに入れて持っていけばランチタイムに、職場に着いてすぐ作りはじめれば眠~い午後のお供に、ちょうど飲み頃のアイスコーヒーが楽しめます。

コーヒー豆はブラジル産、グァテマラ産、エチオピア産のブレンド。とてもマイルドで飲みやすいので、筆者はそのままブラックで飲むのが好みでした。

参考までに、タリーズの店頭で水出しコーヒーを買うとショート(容量240ml、氷含む)1杯380円。ざっくり見積もってもスタバと同じく半額以下になりそうです。

1908_nc_coldbrewcoffee_17_TM

暑い毎日、おいしい水出しコーヒーでリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

(ライター/高谷みえこ)

スターバックス https://www.starbucks.co.jp/
カルディコーヒーファーム https://kaldi-online.com/
タリーズコーヒー https://www.tullys.co.jp/

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 【スタバ、カルディ、タリーズ】大人気の水出しコーヒーパックを飲み比べたら、意外と違った!

会員登録・変更