1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 1番早いのはどれ?生クリームをあっという間に泡立てる3つの方法

1番早いのはどれ?生クリームをあっという間に泡立てる3つの方法

お菓子作りに欠かせない生クリームですが、泡立てるのがめんどくさいと感じる人も多いでしょう。そこで今回は、「生クリームが早く泡立つ」といわれる方法を実際に試して比べてみました。

「氷水」で冷やしながら泡立てる

IMG_7753

まずはパッケージの説明どおり、生クリーム100mLに対して約10gの砂糖を加え、ボウルの底を氷水につけながら1分間、泡立ててみました。

生クリームは、5~8℃に冷やすことで空気を含みやすくなるのだそう。レシピ本などにもよく書かれている方法ですよね。

しかしパッケージ表記の1分間では、6分立て以下の仕上がり。すくおうとしても流れ落ちてしまいます。デコレーションに使えるくらいまで泡立てるには5分ほどかかりました。やはり手で普通に泡立てるのは大変!

「レモン汁」を加えて泡立てる

IMG_7754

生クリームに加えると、あっという間に泡立つ!とレシピサイトで話題なのが“レモン汁”。

分量の目安は生クリームに対して5%ということなので、生クリーム100mL、砂糖10gにレモン汁5mLを追加。同じく氷水につけながら、1分間、泡立ててみました。

すると、一気に8分立てまで到達! やわらかいツノが立ち、デコレーションにちょうどいい状態になりました。

食べてみると、レモンの香りはほぼ感じませんが、さわやかな口当たり。どことなくレアチーズケーキを食べているような錯覚を覚えました。さっぱりと仕上げたいときにおすすめです。

IMG_7758

「ジャム」を加えて泡立てる

IMG_7755

フルーツジャムも、生クリームに加えると時短で泡立つといわれる食材です。これは天然のゲル化剤といわれる「ペクチン」のはたらきによるもの。成分表に「ペクチン」と書いてある市販のジャムなら、どれでもOKです。

今回は、生クリーム100mL、砂糖10gにブルーベリージャム5gを入れて、氷水につけながら1分間、泡立ててみました。

結果は…7分立て! すくうと流れ落ちてはいくもののスジは残るので、ナッペ(スポンジケーキ本体の表面に塗ること)に使うにはちょうどよいなめらかさです。デコレーションに使うなら、もう少し泡立てて8分立てにしましょう。

ジャム入り生クリームの良さは、なんといっても、その見た目! 着色料を追加しなくても、ほんのりと色がつくのでデコレーション用にピッタリです。

下の写真のように、市販のカップケーキの上に少し絞ればかわいらしいスイーツに。ジャムの種類や分量を変えて、いろいろ楽しめます。

IMG_7757

生クリームの泡立ては電動のハンドミキサーを使うとラクですが、セットしたり洗ったりが手間に感じるもの。手動でも1分でササッと泡立てられれば、もっと気軽に生クリームを使ってみようと思えます。いつものおやつにちょっと添えるだけで、ぜいたく気分♪ ぜひ一度、試してみてくださいね。

(ライター/カフェくろねこ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 1番早いのはどれ?生クリームをあっという間に泡立てる3つの方法

会員登録・変更