1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 余った「栗きんとん」とカップケーキで♪簡単かわいいモンブラン【おせちリメイクレシピ】

余った「栗きんとん」とカップケーキで♪簡単かわいいモンブラン【おせちリメイクレシピ】

お正月に残ってしまったおせち、どうしていますか? 今回は、ごはんのおかずとしては使いにくい「栗きんとん」をプチサイズのかわいいモンブランに早変わりさせてしまうワザを紹介します。

口金さえあれば意外と簡単!なんちゃってモンブラン

「モンブランはケーキ屋さんで買うもの」と思っている人も多いかもしれません。その理由は、やはりあの繊細なマロンクリームではないでしょうか。

しかし、実はモンブラン専用の口金が市販されており、それを使えば簡単に絞り出せるんです。

2001_nc_remake_osechi_01_TM

口金は製菓用品売り場や通販で、600円前後で購入できます。

いますぐ作りたい!という場合は、ペットボトルのキャップに穴を開けたり、マヨネーズのキャップ(とくにお好み焼き用)で代用する方法も。

2001_nc_remake_osechi_05_TM

絞り袋は100円ショップなどでも手に入ります。生クリームに付属していた袋が余っている家庭も多いでしょう。

買い足す食材はカップケーキとホイップクリームだけ

新しく購入する食材は、ミニサイズのカップケーキと生クリームだけ。

筆者は今回、イオンの「しぼるだけホイップ」を使いました。名前のとおり、絞り出すだけでで使えるホイップクリームです。

2001_nc_remake_osechi_02_TM

2001_nc_remake_osechi_03_TM

ケーキは6個で118円、ホイップクリームは188円だったので、追加の材料費は税込みにして330円(筆者購入価格)。1個あたりわずか55円です。

作り方は簡単5分♪カットしてクリームを絞るだけ

作り方は本当に簡単。

まずはミニケーキの上部を、敷き紙の上のあたりでカットします。

2001_nc_remake_osechi_04_TM

断面にホイップクリームを絞ります。

2001_nc_remake_osechi_06_TM

口金をセットした絞り袋にきんとん(栗きんとんのペースト部分)を詰めます。かたい場合は、少量のホイップクリームや牛乳を混ぜて調整しましょう。

ただし、冷蔵庫から出したばかりで冷えている場合は、様子をみながら10秒ずつ電子レンジにかけてみて。

2001_nc_remake_osechi_07_TM

準備ができたらカップケーキの端から端へ、左右に往復するように絞り出します。

2001_nc_remake_osechi_08_TM

家庭用なので、ちょっと曲がっていてもご愛敬。子供がいる人は、一緒に作って楽しむのもいいですね。

最後に、てっぺんに栗を飾って完成です。ここまでで5分!

2001_nc_remake_osechi_09_TM

ミニサイズなので、お正月太りが気になる時でも罪悪感は少なめです(笑)。

栗きんとんのアレンジレシピ2種

そのほか、こんなアレンジ方法もあります。

●食パンやデニッシュに塗るだけ!ペストリー風

食パンやデニッシュにきんとんを塗ってトーストするだけ。あっという間にパン屋さんのペストリー風になります。栗が残っている場合は、細かく刻んで混ぜても◎。

さっくりしたトーストやデニッシュの生地にしっとりした栗きんとんがよく合い、幸せ気分を味わえます。

●バターを混ぜて焼くだけ!即席スイートポテト

きんとん100gに対して、溶かしバター小さじ1/2を加え混ぜます。アルミカップ(お弁当用でOK)に入れ、表面に溶き卵を塗ったら、オーブンまたはトースターで焼いて完成!

バターの量はきんとんのかたさに合わせて調節してください。

今回作ったモンブランは本当にお手軽ですが、家族にもなかなか好評でした。来年はこれのためにわざと多めに作っておこうと思うほど! いつも栗きんとんが残ってしまう人は、ぜひ一度試してみてくださいね。

(ライター/高谷みえこ)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. 料理・グルメ
  3. 余った「栗きんとん」とカップケーキで♪簡単かわいいモンブラン【おせちリメイクレシピ】

会員登録・変更