1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 夫の実家への帰省

夫の実家への帰省

お盆weekで、実家に帰省する人も多いのでは? 今回、「夫の実家への帰省」についてアンケートを実施しました。実際、ユウウツなの?楽しみなの? エピソードもたくさん集まりましたよ。

※アンケートは2011年8月4日~8日、えるこみで実施。集計数619

食べ物のウラミはこわいぞ!?

私がお風呂に入っている間、皆でハーゲンダッツアイスクリームを食べていた。意外に早くお風呂からあがった私に、慌てふためいた様子で「お前もアイス食えよ…」。でも、安~い棒つきのアイスキャンデーしかなかった。食べ物の恨みはこわいぞな~(ハチミツコ、33歳)

登場するみんなの表情がハッキリ浮かんでくる秀逸な(!?)エピソードですね。気を抜いた実家組と、バツの悪いハチミツコさん。その後の冷凍庫には、全員分のハーゲンダッツアイスクリームが入っていることをお祈りします。


夫の実家への帰省について、どんな気持ちですか?

夫の実家への帰省に対し、4人に1人が「少し気が重い」という結果に。でも5人に1人は「まあ楽しみ」なんですね。「すごく楽しみ」と「すごく気が重い」の差は歴然です。多くの人がいろいろな思いを抱えて、帰省していることがうかがえます。

Q.気まずい時間、早く過ぎて!

昔、旦那の家で風呂に入ったとき。私が入ってるとき外で楽しい話し声や笑い声が聞こえていたのに、私が出てきたとたん、し~んとなった事に非常にむかつきました。(くくくみん、44歳)

主人の実家でたまたまテレビを見ていたら、「嫁姑の確執エピソード特集」が始まった。私と姑の間でそんなことは一切ないのですが、なんだか気まずい空気が流れました。(よってぃー嫁、32歳)

義母が食事を用意してくれたが、一人分足りなかった。もしかして私の分?(かっチャン、34歳)

方言がわからずいつも会話に入れません。ある時言葉がわからずただ笑っていたら義父に「この子頭悪いの?」と言われ愕然としました(あやや、39歳)

とにかく食べることを強要してくるので、すごくつらいです。ご飯は自分のペースで好きなものを食べたい(るぞう、41歳)

お互いがすごく気使ってて、気付いたらグッタリしてお互い食欲なくなってた(大好き、36歳)

毎回のように夫が宴会で悪酔いして私や子供にからむ。実家では気が大きくなるようだ。器の小さな男だとあきれる(wanwan、43歳)

Q.なにかと疲れるんです…

義弟の嫁たちは何もしないのに何で私だけ台所に立ちっぱなしなの~~~!!(もえっち、30歳)

あまりにも帰省したくなくて、一度だけ、風邪をこじらせたという理由で、夫一人に帰省してもらいました。でも、集まっている皆から、ほぼ同じ内容で「今度は二人で来てください」というメールが何通も届き、かえって泣きたくなりました(ねんね、38歳)

姑は遠慮ない人なんで「あんた」よばわりされる(-_-;) 慣れない…(コロリン、39歳)

お義母さんが、楽しくもない自分の事をペラペラ喋り続けるので、相手をするのが大変。その間、お義父さんはどこかへ行き、夫はテレビを見て眠りだすしまつ。さらに、賞味期限の切れた乾物や、親戚からもらったという古着をくれようとする。今から頭が痛いです(きょん、38歳)

帰省するとお布団の厚みにランクがあって、厚い順に、夫、娘、私と指定される(笑)(びびあん、50歳)

年に3回帰って来いと言われ、我が家は帰省貧乏です。まるで参勤交代のよう(ええじゃないか、37歳)

群馬県人なら子供から大人まで必ず暗記している上毛カルタに付き合わされ、「そんなことも知らないの?」とバカにされる(たけ、47歳)

朝、寝てていいよと言われ、昼前まで熟睡してたら、起床後冷たい目線をおくられた(まさや、31歳)

初めて泊りに行ったとき、緊張していたんだけど「疲れたろうから二階で少し休んだら」の言葉に「じゃあちょっと…」と二階へ行った私は真昼間からしっかり爆睡してしまい恥ずかしかった!!(ぽこ。、37歳)

Q.居心地よくって楽しみです

毎年お盆、お正月には帰省をしてきました。最初はよく働き、よく気を遣う嫁もいつの間にかあつかましいオバサンに。いつのまにか気を遣うのは姑の方かも???(鬼嫁、46歳)

初めて帰省した時に、私の布団だけではなく、パジャマやパジャマの上に羽織るものまで用意してくださっていたのにはうれしかったがびっくりした(おじょじょママ、45歳)

何年か前の夏休み、夫の実家近くの釣り公園で夕方釣りをしたところ、小アジが100尾くらいおもしろいように釣れました。翌日は自宅に帰る日だったので主人の母が、小アジの内臓を全部取り除いてくれて、そのあと冷凍して持たせてくれました。おかげで自宅でも新鮮な小アジを食べることが出来ました。お義母さんありがとう!(なおひろママ、50歳)

実家が名古屋なので、子供達は、喫茶店のモーニングに連れて行ってもらうのを楽しみにしている。帰省すると一度は必ず、近所の喫茶店で家族みんなでモーニングする(ゆうりょう、39歳)

いつも夏に帰省すると、庭でバーベキューをしてくれます。近所の親戚が、ひっきりなしに出入りするので、少し慌しいのですが。子供が小さいときは、川岸でしてくれました。花火ができたりするので、食事がすんでも子供同士で遊んでくれて、ちょっとのんびり…(笑)。こちらでは出来ないことなので、楽しかったです(ぱんだ、47歳)

家事が忙しいけど、新鮮な山の幸、川の幸がたくさんあって、楽しいことがたくさんある(Alfa12、42歳)

お正月には毎年すき焼きをご馳走になるので、少し気が重い帰省ですが、それだけが楽しみです(REIMAMA、41歳)

お義母さんに家事もしてもらえるし子どもの面倒はみてもらえるし、自分の家にいるより楽です。おばちゃんはひ孫に合えるのを楽しみにしてくれてるし(なお、35歳)

帰省すると、庭の草むしりが私の仕事です。東京の家はマンションで庭がないので、実家の庭をいじれるのがとても楽しいです。きれいになった庭を、近所の方がほめてくださると、義母は「息子の嫁がきれいにしていってくれたんですよ」と話してくれるそうです。頑張り甲斐があります(あさり、42歳)

親が健在だった頃、よく帰省したが、夫以上に自分の子供のように温かく扱ってくれて、感謝している(クララ、33歳)

久しぶりに夫の実家に行くと、ご馳走! やっぱり行くのは、久しぶりに限る!(NANA、36歳)

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 夫の実家への帰省

会員登録・変更