1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 台風や竜巻など、自然災害に備えるための保険はどれ?

台風や竜巻など、自然災害に備えるための保険はどれ?

花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

おうちは人生の中で大きな買い物。そこでファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんに、<おうちとマネー>のアレコレを教えてもらいます。これで失敗しない体質を目指そう!

第19回 台風や竜巻など、自然災害を補償する保険はどれ?

編集部・シホ
編集部・シホ:最近、台風、竜巻、雷などの自然現象による被害が大きいですよね。自然災害からマイホームを守る保険はあるのでしょうか。
花輪さん
花輪さん:ご存知ない人も多いかもしれませんが、実は火災保険でカバーできることが多いです。
編集部・シホ
編集部・シホ:火災保険というと「火事の時だけ」というイメージがありました。
花輪さん
花輪さん:火災保険に入っていれば、火災以外の落雷、ガス漏れによる破裂や爆発、風災・ひょう災・雪災、水災、盗難などのケースでも補償が受けられます。補償される事故の種類は商品によって異なるので、契約時の書類や保険代理店で確認してみましょう。例えば、「風災・ひょう災・雪災」が入っていれば、竜巻や台風などでの暴風が原因で損害が生じた場合に保険金が出ます。

火災保険は商品や契約内容に応じて、火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災、水災、盗難などの補償を受けることができる。

編集部・シホ
編集部・シホ:例えば、火災などで自宅を焼失してしまった場合、元の状態に戻せるくらいのお金は出るのでしょうか?
花輪さん
花輪さん:「新価(再調達価格)」で保険金が出る契約になっていれば、以前と同等の建物に建て直したり、同等の家財を取得できる額が補償されます。
また古いタイプの火災保険の場合、「新価」ではなく、「時価」での補償という契約もあります。「時価」の場合、新価から経過した年数に応じた価値の減少を差し引いた時価額を補償します。つまり、保険金では時価額までしか復旧できないということに。
編集部・シホ
編集部・シホ:例契約内容によって、保険金で元のように復旧できるかどうか、大きな差が出るのですね。
花輪さん
花輪さん:「最近の火災保険は「新価補償」が主流になっているようです。火災保険はずっと昔に入ったままで補償の内容もはっきりわからないという人は、一度保険代理店などに確認をしておくと安心です。
今回のポイント

火災保険は火災だけではなく、落雷、風災・ひょう災・雪災、水災など様々な自然災害による損害を補償する。「新価補償」か「時価補償」によって、受け取ることができる保険金は大きく異なる。
アーカイブ

一覧はこちら

花輪陽子さん(写真)

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子さん

CFP認定者。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

元外資系の投資銀行に勤務。リーマン・ショックの際に夫婦同時失業を経験しFPに転身。著書に『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)など。現在のレギュラー番組に「ニコニコ生放送」「ニコニコ生活講座」がある。

twitter:花輪陽子 https://twitter.com/yokohanawa

花輪陽子オフィシャルサイト http://yokohanawa.com/

 

ニコニコ生放送「ニコニコ生活講座」(http://live.nicovideo.jp/a/nicosei
9月19日(木)21:00~放送予定
この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 台風や竜巻など、自然災害に備えるための保険はどれ?

会員登録・変更