1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 箱に入れて送るだけ! 思い出は「デジタル化×クラウド」で収納!

箱に入れて送るだけ! 思い出は「デジタル化×クラウド」で収納!

年末の大掃除で、押入れの奥に眠ったままのビデオテープを大量に発見! でもビデオの再生機が手元になく、もう一度見たくても見られない、ということはありませんか?

そこで、ビデオテープやアルバムなどのアナログデータを箱に入れて送ると、まとめてデジタル化してクラウド(インターネットサーバー)上に保存してくれるサービスを紹介します。パソコンやタブレット端末、スマホからもビデオの動画やアルバムの画像を見ることができて、とても便利!

ビデオテープも写真もネガも、まとめて送ってOK!

omoide_01

プラザクリエイトのサービス「おもいで玉手箱」は、ビデオテープ、写真、ネガなどのアナログデータをまとめて送れば、1箱2万4,800円~(数量の上限あり)の料金で、すべてデジタル化できます。クラウド使用料は、30ギガバイトで月々480円。

利用者からは「古いアルバムに興味を失っていた両親が、iPhone(アイフォーン)を使って再び見るようになった」(20代女性)「デジカメやデジタルムービーのデータも一括して整理・保管すると便利」(40代女性)という声が寄せられているそうです。

ビデオの中味をダイジェスト版で確認

NTTコミュニケーションズ「思い出あんしん保管 for マイポケット」は、デジタル化した写真やビデオをDVDにして届けてくれるサービス。アルバムは写真1枚ごとの画像にくわえて1ページごとにもデジタル化されるので、手書きの文章も雰囲気そのままに残せます。

動画の場合は自宅にDVDが届くほか、クラウド上に2分間程度のダイジェスト版がアップされます。スマホやタブレット端末で見たいデータは、DVDのデータをクラウド上に移す有料オプションを利用すると便利。

デジタル化の料金は、アルバム1冊あたり2,980円、ビデオ1本あたり2,680円(まとめ割引あり)。大量のアルバムやビデオを一度にデジタル化する人も多いそうで、中には200冊近く申し込む人もいるのだとか!

デジタル化で保存もスッキリ、劣化の心配なし

古いビデオテープやアルバムを処分することができれば、家もスッキリ。クラウド上に保存したデータは、色あせや傷など劣化の心配もありません。最近では出産や結婚などのほか、「終活」用に身の回り品を整理する方法としても利用されているそうです。

家族の大事な記録だけれど、整理や保管が面倒…と困っていたアナタ。このサービスを利用して、一気に片づけてみては。

<取材協力>
■ おもいで玉手箱 http://www.omotama.jp/
■ 思い出あんしん保管 for マイポケット http://omoide.ntt.com/

 <文:さわゆうこ>

 

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。
  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 箱に入れて送るだけ! 思い出は「デジタル化×クラウド」で収納!

会員登録・変更