1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. かさばる冬物を「たたむ」収納にしてクローゼット大改造

かさばる冬物を「たたむ」収納にしてクローゼット大改造

“暮らしは心を見る鏡”をモットーに、片付け、収納、掃除、衣類の管理、インテリア選びなど、すぐにできることをわかりやすくお伝えしていきます。

第3回 かさばる冬物を「たたむ」収納にしてクローゼット大改造

オフシーズンのコートやダウンなど本来ならクローゼットに吊るしてしまうのがベストですが、スペースに限りがあります。そこで衣替えをする今がクローゼットを見直す絶好のチャンスです!「オフシーズンのアウターは吊るしてしまう」という先入観にとらわれずに、傷まない工夫をした効率的なたたみ方を取り入れてみませんか!その結果、吊るす部分が広く使えてクローゼットの使い勝手もアップしますよ。

「吊るす」を「たたむ」にシフトした近藤典子さんの新提案とは・・・。

例年以上に厳しい寒さが続き、連日ダウンジャケットや厚手のコート類が大活躍でしたね。かさばりがちな冬物でも、型くずれやしわ防止を工夫したたたみ方をすれば、次のシーズンまで衣類を傷めずコンパクトにキレイに収納することが可能というのが近藤流。

まずは、意外なモノを使ったダウンジャケットの収納法。今や100円ショップで40種類もの数が並んでいる洗濯ネットが強力なお助けアイテム。サイズが豊富で、通気性もよくホコリもシャットアウト。外から中身も分かるので行方不明にもなりません。おまけに防虫剤もそのまま入れられるのでパーフェクトな収納グッズとして近藤さんも愛用しています。

●ダウンジャケットのファスナーを閉めて前見ごろを上にして両袖を重ね、半分に折って洗濯ネットに入れ膨らみを軽く押さえます。
クローゼットや押し入れのすき間に立てていれてもよし、重ねてもよし変幻自在にしまえるところがエライ!洗濯ネットは目の細かいものを選びます。ファスナーの色で人別に分けておくとさらに便利。

次は、近藤流手作りアイテムを使ったコートのたたみ方。シーズンオフの間たたんだまま収納しても型くずれせずしわになりません。“クッション棒”がその秘密アイテムです。

●前見ごろを上にしてボタンを外し、両衿の下にハンドタオルを挟んで肩まわりの型くずれを防止します。袖を内側に折り、折りじわがつかないようにクッション棒をひじと腰の2カ所に置き、裾から折りたたんで最後に肩のほうを重ねれば出来上がり。
このままプラスチックケースなどに入れて保管しておけば次のシーズンまでOKです。

 

(クッション棒の作り方)
2枚の新聞紙を2つ折りにしてくるくると巻き直径3~4cmの筒にします。古ストッキングの片足部分をカットし、その中に入れて口を結ぶだけ。
 
ダウンジャケットやコートを着る期間は約3か月、それ以外はしまっておくわけですからそれを吊るしておくのは、ただでさえ狭いクローゼットがギュウギュウになる原因です。アウター類は吊るしたまましまう、という常識を捨てて、たたむ収納を取り入れた目からウロコの近藤流新提案、お試しください。

イラスト/飛鳥幸子


プロフィール

近藤典子

近藤典子(アメニティアドバイザー)

  • これまで2000軒以上のお宅の暮らしの悩みを解決し、その経験から生み出された収納や家事動線、掃除術など近藤流のわかりやすい暮らし提案が好評。
  • メディアや講演会での活動のほか、企業との商品開発やコンサルティング、間取り監修など、幅広い分野で活躍中。
  • 2011年より使用されている小学校5・6年生の家庭科の教科書では、子供の目線での整理整頓や掃除の方法を提案し、「暮らしのアドバイザー」として登場。4月からは、高校の家庭科の教科書でアメニティアドバイザーという職業として、近藤が紹介されている。(ともに東京書籍)
  • 近藤典子自らが校長を務める「近藤典子の暮らしアカデミー」では、これまで培ってきた経験を生かし、暮らしを楽しむためのコツや近藤オリジナルの考え方、ノウハウなどの伝授にも力を注ぎ、現在、プロを目指す「住まい方アドバイザー養成講座」の開校準備に向けて取り組んでいる。
  • 近藤典子Home&Life研究所 オフィシャルサイト
    http://www.hli.jp/

トピックス

近藤典子の「片づく寸法」図鑑(講談社)好評販売中!

リフォームを考えているならこの一冊!どこに何を収納するのか、どんなスペースが必要なのか。台所、居間、寝室等、近藤典子独自の視点から、具体的に解説・提案します。これまで2,000軒以上のお宅を拝見していつも気になったのは「この棚は何を置くことを想定しているのか」ということ。せっかくの収納スペースがモノを突っ込むだけのスペースになっていると、使いたいモノがすぐに取り出せず、ストレスが溜まるばかりです。

このような無駄とストレスをなくすには、モノのサイズを知り、モノにあった収納スペースを考えること。すると、収納スペースの無駄がなくなります。この本には、モノと上手に付き合えるようになって、家の中がすっきり片づいた心地よい空間にするためのアドバイスが満載です。

近藤典子の「片づく寸法」図鑑

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. かさばる冬物を「たたむ」収納にしてクローゼット大改造

会員登録・変更