1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 梅雨どきの“ニオイ三悪”追放作戦開始!

梅雨どきの“ニオイ三悪”追放作戦開始!

“暮らしは心を見る鏡”をモットーに、片付け、収納、掃除、衣類の管理、インテリア選びなど、すぐにできることをわかりやすくお伝えしていきます。

第10回 梅雨どきの“ニオイ三悪”追放作戦開始!

本格的な梅雨に入り、ジメジメとうっとうしい日が続きます。この時期、家のあちこちのニオイが気になりませんか。そこで今回は特に気になる玄関、キッチン、ベッド&枕の近藤流ニオイ対策、早速教えてもらいましょう。
 

身近なもので玄関のニオイをストップ!

まず、お客様を迎える玄関のニオイ、ここの対策はしっかりおさえておきたいですね。玄関で最も気になるのが下駄箱まわりのニオイ、これをまずシャットアウト。
手っ取り早くて超簡単なのが、半分ほどの巻きになったトイレットペーパーにアロマオイルを数滴たらして下駄箱に入れる方法。紙が湿気を吸い取っていやなニオイを押さえてくれ、お気に入りの香りも漂うといういいこと尽くめ。おまけにトイレットペーパーは、ぬれた靴を拭いたり靴先に詰めて形を整えたりと、便利に大活躍。また靴のムレ臭の予防策としては、同じ靴を続けて履かないこと。そして脱いだ靴はすぐしまわずに一晩置いてから翌朝下駄箱へ。
それでもニオイが気になったら、靴の中に重曹を2つまみ入れて前後に振り、全体に行き渡らせて1時間ほど放置し、その後重曹を掃除機で吸い取ればイヤなニオイが薄らぎます。重曹は消臭剤の役目もしてくれます。

●キッチンの生ゴミ臭は新聞紙でガード!

生ゴミのニオイを防ぐための第一は、ゴミの水分を取り除きバクテリアを発生させないことです。これには新聞紙が効果的。古新聞紙をA4サイズに切って、調理台周辺にストック。調理中はまな板の横に敷き、魚や野菜の皮や切りくず、食べ残しなどを包んでゴミ箱に捨てればニオイがかなり防げます。さらに上から重曹をひとつかみ振りかけておけば完璧。玄関で使った重曹がキッチンでも消臭効果を発揮します。

イラスト/飛鳥幸子


ニオイを取って快適睡眠をゲット!

湿度が高くて蒸し暑く、寝汗をかいてぐっすり眠れないこの時季、寝具のチェックが大事です。何となく蒸れたニオイがするマットレスと枕の“困った”の解決法をご紹介。マットレスの長い方の両端に本や空き箱などを挟んで15~20cmほど持ち上げます。エアコンを除湿にして半日ほどおくか、マットレスの底面に扇風機の首を振り1時間ほど当てればOK。また汗のかき方が上半身と下半身で違うので、1年に1回は乾かしたあとにマットレスの上下をチェンジしておくと、湿度やへこみを均一にしてマットレスを長持ちさせます。

イラスト/飛鳥幸子


洗濯してもなかなかニオイが取れない、という悩みを訴える方が多いのは枕です。そんな方にカンタン解決法。枕にタオルを巻いてからカバーをしてみてください。タオルがずれずに効率よく汗を吸収してくれます。タオルにアロマオイルをつけておくと、いい香りに包まれて熟睡出来るはず。洗濯する際、酢と水を1:1の割合でスプレーしてから洗うと、消臭効果が上がります。

 
身近にあるものでカンタンにできるニオイ対策、ほんのひと手間の工夫で気持ちのよい空間に早変わり。さあ、ユウウツな梅雨を吹き飛ばしましょう。

プロフィール

近藤典子

近藤典子(アメニティアドバイザー)

  • これまで2000軒以上のお宅の暮らしの悩みを解決し、その経験から生み出された収納や家事動線、掃除術など近藤流のわかりやすい暮らし提案が好評。
  • メディアや講演会での活動のほか、企業との商品開発やコンサルティング、間取り監修など、幅広い分野で活躍中。
  • 2011年より使用されている小学校5・6年生の家庭科の教科書では、子供の目線での整理整頓や掃除の方法を提案し、「暮らしのアドバイザー」として登場。4月からは、高校の家庭科の教科書でアメニティアドバイザーという職業として、近藤が紹介されている。(ともに東京書籍)
  • 近藤典子自らが校長を務める「近藤典子の暮らしアカデミー」では、これまで培ってきた経験を生かし、暮らしを楽しむためのコツや近藤オリジナルの考え方、ノウハウなどの伝授にも力を注ぎ、現在、プロを目指す「住まい方アドバイザー養成講座」の開校準備に向けて取り組んでいる。
  • 近藤典子Home&Life研究所 オフィシャルサイト
    http://www.hli.jp/

トピックス

株式会社シンドーの「折り畳める食器かご」を
3名にプレゼント!

毎日のキッチンライフ、少しでも楽をしたいですよね。
一緒に商品開発をやっている株式会社シンドーさんの商品、「折り畳める食器かご」をプレゼントします。
この商品は、トレーにたまった水がそのままシンクへ流れてくれたり、トレーの脚部分にシンクを傷つけないシリコンゴムがついたり、タテ使いの省スペースでその分作業スペースを広くとれたりと、使う側に嬉しい機能がついた商品です。
その上折り畳めるので使用しない時の「食器カゴ」の置き場に困っていた人や、来客時にキッチンをスッキリしたい人にも扱いやすい商品だと思います。
組立時:W370×D288×H161 / 折り畳み時:W360×D288×H68

応募は終了いたしました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 梅雨どきの“ニオイ三悪”追放作戦開始!

会員登録・変更