1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 3つのポイントでスッキリ!旅行の収納・パッキング術

3つのポイントでスッキリ!旅行の収納・パッキング術

“暮らしは心を見る鏡”をモットーに、片付け、収納、掃除、衣類の管理、インテリア選びなど、すぐにできることをわかりやすくお伝えしていきます。

第11回 3つのポイントでスッキリ!旅行の収納・パッキング術

旅行のパッキングは収納と同じ。あれもこれもと詰め込んだものの、入れ忘れたり探し物ばかりで、旅行先で無駄な時間と労力でイライラ、そんな経験をお持ちの方、今回の近藤流はゼッタイに見逃せませんよ。
必要な物を旅先で使いやすいようにコンパクトに詰める収納のルールに則った近藤流パッキングです。
旅行先に到着し、トランクを開けたらせっかく用意して行った洋服がしわになっていたり忘れてきたりではがっかり。旅の始まりは気持ちよくいきたいですよね。そこでしわも忘れ物もしないですむ詰め方を伝授しましょう。
 

詰め方のスッキリ!3つのポイント

・スケジュールに合わせてあらかじめコーディネートした上下の服(シャツやカットソーとパンツやスカートなど)をセットアップ。ボトムスの上にたたんだトップスをのせ、ボトムスで包むようにたためばOK。トランクにはセットアップしたものを洗濯ネット(後述)に入れてから詰めると完璧です。
  
・ワイシャツの衿が潰れないようにするには、衿の中にソックスやネクタイ、ベルトを丸めて入れれば大丈夫。

イラスト/飛鳥幸子


・昼間はスニーカーでも夜のお食事はちょっとドレスアップ、そんなときに履く靴を持って行く場合は、手作りシューキーパーがおすすめ。古ストッキング(ソックスやタイツでも)の足の部分に古新聞紙を詰め、口を結ぶだけで出来上がり。靴の中に入れておき、靴磨きや雨にぬれたら水けも吸収してくれる優れものです。

  

収納ワザに欠かせない3つの便利グッズ

次の近藤流は目からウロコのグッズ使いです。
収納ワザを生かすのに欠かせない3つの便利グッズが、洗濯ネット、ジッパー袋、ミニサイズの密閉容器。これら3つの身近なグッズたちを旅行用として活用する近藤流、旅行の行きと帰りで役目を変えて大活躍、どんな役目をしてくれるかをご紹介します。

・洗濯ネット:行きはセットアップした服(前述)を入れ、帰りは使った下着類やシャツなどを白いものと色ものに分別して入れます。旅行から帰宅し、トランクを開けたらそのまま洗濯機へ直行。ひと手間省けるおすすめの時短家事です。
 
・ジッパー袋:袋に下着を人別に入れて行きます。帰りは、ぬれたタオルや水着などを入れれば、水けやニオイを完全にシャットアウト。また圧縮袋としても使えるので荷物が増えた場合は、即変身です。

イラスト/飛鳥幸子


・ミニサイズの密閉容器:海外旅行などの場合、行きはサプリメントやアクセサリーなどの小物入れに、帰りは残った現地のコインを入れるケースとして便利に使えます。さらに隠しワザが。シャツにシミをつけたら、慌てず密閉容器にシャンプーと水を入れ、シミの部分だけをつけてふたをし、よく振ってからしばらく置いておきます。あとは軽くもんでササッとゆすぐだけのカンタンシミ取り法です。(手を洗う石鹸でもOK)
 
しわにならない詰め方と便利グッズを利用する方法がわかったら、さあトランクに詰めましょう。底全体に大判ストールを敷き、高さが均等になるように平らに入れ隙き間をポーチ類で埋めて最後にストールを上からかぶせると見た目もキレイでスッキリ。重いものやつぶれてもいいものは下側に入れると安定し、トランクの動きもスムーズになります。
 
もうすぐ夏休み、家族旅行?友人と旅行?プランのある方にぜひ参考にしていただきたい近藤流パッキング術。
荷物のストレスから解放されてステキな旅をお楽しみください!

プロフィール

近藤典子

近藤典子(アメニティアドバイザー)

  • これまで2000軒以上のお宅の暮らしの悩みを解決し、その経験から生み出された収納や家事動線、掃除術など近藤流のわかりやすい暮らし提案が好評。
  • 2011年より使用されている小学校5・6年生の家庭科の教科書では、子供の目線での整理整頓や掃除の方法を提案し、「暮らしのアドバイザー」として登場。4月からは、高校の家庭科の教科書でアメニティアドバイザーという職業として、近藤が紹介されている。(ともに東京書籍)
  • 近藤典子自らが校長を務める「近藤典子の暮らしアカデミー」では、これまで培ってきた経験を生かし、暮らしを楽しむためのコツや近藤オリジナルの考え方、ノウハウなどの伝授にも力を注ぎ、現在、プロを目指す「住まい方アドバイザー養成講座」の開校準備に向けて取り組んでいる。
  • 8月上旬同時2冊発売 ~暮らしを整える~「住まい方ハンドブック1・2」(東京書籍発行)
  • 近藤典子Home&Life研究所 オフィシャルサイト
    http://www.hli.jp/

トピックス

株式会社 テイクネットの「洗濯槽快」を3人にプレゼント!

今回は、梅雨でカビ臭くなってしまった洗濯槽を、地球にやさしく安心安全に洗浄できる「洗濯槽快」を紹介します。
地球にやさしい理由は、洗濯槽快がホタテ貝から作った貝殻焼成カルシウムという天然素材100%だから。
使い方は、「洗濯槽快」を洗濯ネットに入れ、洗濯物と一緒に洗うだけ。1回だけの使い切りではなく繰り返し約30回使用できるので経済的だそうです!また洗濯物のなま乾き・部屋干し等で発生する悪臭に脱臭効果もあるそうですよ。
排水管・排水口のヌメリ・悪臭にも効くというのですから、家事の強い味方になってくれますよ。

株式会社 テイクネットの「洗濯槽快」
http://www.takenet-eco.co.jp/pages/lineup/sentakusokai.html

応募は終了いたしました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 3つのポイントでスッキリ!旅行の収納・パッキング術

会員登録・変更