1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 節電や時短にも! 冷蔵庫を賢く使う4つのポイント

節電や時短にも! 冷蔵庫を賢く使う4つのポイント

“暮らしは心を見る鏡”をモットーに、片付け、収納、掃除、衣類の管理、インテリア選びなど、すぐにできることをわかりやすくお伝えしていきます。

第14回 節電や時短にも! 冷蔵庫を賢く使う4つのポイント

猛暑の夏、大大・・大活躍してくれた冷蔵庫。毎日何気なく使っていますが、ちょっと待って!
無意識に何度もドアを開け閉めしたり、冷蔵庫に詰め込み過ぎて探すのにドアが開けたままだったり、きっと冷蔵庫が悲鳴をあげているはずです。8月も後半に入った今、もう一度冷蔵庫の使い方を見直してみましょう。効率よく使えば、節電や時短家事にもなり家計にも優しくなる近藤流です。
 

ポイント1:水道水で掃除をする

自動製氷器はメーカーや機種によっていろいろなタイプがあるので、掃除の仕方も一般的には取扱説明書に従うのが一番ですが、ここでは間違いがなく手っ取り早くできる掃除法をご紹介しましょう。水道水に含まれるカルキを利用して、1か月に1、2回できた氷を処分するだけでOK。これだけで氷も安心して気持ちよく使えますよ。
 

ポイント2:野菜室のスッキリ収納

(1) 野菜室の深い引き出しは、広告の紙と45Lのゴミ袋で汚れをガード。紙だけでは野菜から出る汁などで底にベッタリ貼りついてしまい、これが意外と手強く落とすのに面倒です。そこでゴミ袋を敷いた上に広告紙の重ねじきなら鬼に金棒!カゴを使って収納する場合でも下にゴミ袋と広告紙に敷いて置くと掃除がカンタン。
 
(2) ニンジンやキュウリ、アスパラガスなど長い野菜は立てて保管するのがベスト。そんなときに役立つのがペットボトルのマトリョーシカ。サイズ違いのペットボトルを野菜室の深さに合わせてカットし、底にキッチンペーパーを敷き野菜に合わせて収納していきます。使わないときはマトリョーシカにしてスタンバイ!場所もとりませんよ。

イラスト/飛鳥幸子


(3) 使いかけの野菜、ニンニクやショウガなどはすぐに行方不明になりがち。そうならないようよく密閉ケースを利用しますが、けっこうそこで便利なのが野菜ネット(オクラや玉ネギなどが入っているネット)。ラップに包んだ使いかけのものを入れて壁面に吸盤フックをつけ引っかけます。
 
(4) レタスやキャベツ、白菜など大きな葉ものの保存には何とシャワーキャップ!を使う近藤流。すっぽりとかぶせて口を下に向けて保存。これが野菜の乾燥防止に結構役立ってくれます。旅行先から持ち返ったシャワーキャップはさっとすすげば何度でも使え冷蔵庫収納に大助かりです。
 

ポイント3:アルミホイル下敷きで掃除いらず

ドアポケットや小物をまとめてのせるトレイなどにぜひおすすめの隠しワザ。瓶や容器をそのまま入れると、液ダレなどでいつの間にか汚れていますよね。拭きにくいし取り外して洗うのも面倒です。そこで登場するのが、アルミホイル下敷き。空き箱などの厚紙をポケットの底のサイズに切り、アルミホイルを二重にして包み底に敷いておきます。汚れたらアルミホイルを交換するだけでOK。超時短掃除でしょ!

イラスト/飛鳥幸子


ポイント4:冷凍庫は並べ方が大事

奥は縦に、手前は横に”、が冷凍用ジッパー袋を入れるときのお約束。引き出しをフルオープンにしなくてもちょっと開けただけで中身がわかるのがこの並べ方なのです。冷凍するものをジッパー袋に入れ、ブックエンドで仕切りをして立てて収納。重ねずに立てて並べる方がサッと取り出せます。また見える面に賞味期限や冷凍した日を書いておくと、食べ忘れも防げます。
そこで大活躍するのが、マスキングテープと油性ペン。必要な長さに切って「日付け」を書いて貼っておくだけ。外れにくく、のり残りもなく本当に重宝します。
冷蔵庫そばに必ずセットして、冷蔵室や野菜室の食材にも活用しましょう。
 
冷蔵庫のない生活なんて今や考えられないくらい、お世話になっている私たち。あるのが当たり前になっていて、ほとんど無意識に使っています。酷使してきた夏の終わりに冷蔵庫をチェックしてみましょう。ちょっとした心がけで効率がよくなり機能アップしてくれるはずですよ!

プロフィール

近藤典子

近藤典子(アメニティアドバイザー)

  • これまで2000軒以上のお宅の暮らしの悩みを解決し、その経験から生み出された収納や家事動線、掃除術など近藤流のわかりやすい暮らし提案が好評。
  • 2011年より使用されている小学校5・6年生の家庭科の教科書では、子供の目線での整理整頓や掃除の方法を提案し、「暮らしのアドバイザー」として登場。4月からは、高校の家庭科の教科書でアメニティアドバイザーという職業として、近藤が紹介されている。(ともに東京書籍)
  • 近藤典子自らが校長を務める「近藤典子の暮らしアカデミー」では、これまで培ってきた経験を生かし、暮らしを楽しむためのコツや近藤オリジナルの考え方、ノウハウなどの伝授にも力を注ぎ、現在、プロを目指す「住まい方アドバイザー養成講座」の開校準備に向けて取り組んでいる。
  • 8月25日同時2冊発売 「~暮らしを整える~住まい方ハンドブック片づけ・収納・掃除編」「同 LDK・洗面所編」(東京書籍発行)
  • 近藤典子Home&Life研究所 オフィシャルサイト
    http://www.hli.jp/

トピックス

★近藤典子がセレクトした今回のプレゼント★
 
レック株式会社より「吸着べんざシート」を3名にプレゼント!

一緒に商品開発をやっているレック株式会社の商品、「吸着べんざシート」(低反発タイプ)をプレゼントします。低反発のウレタンフォームを使用しているので、便座に座るたびにお尻にここちよくフィット。使う人に快適さや安心感を与えてくれるアイテムです。

この商品の特徴は、U型、O型、洗浄暖房型などと便座の形を気にせずつけるだけの簡単装着。
便座への吸着具合も好評で、便座の開閉でシートがずれてしまったり、外れることがなく、普段使用する時やトイレの内側を掃除する時にも便利ですね。また洗濯機で週1回洗濯をしたとしても、半年は吸着するそうです。
ピンク・グリーン・ベージュと3色あるので、トイレの小物に合わせて選ぶのも良いですね。是非一度お試し下さい。

応募は終了いたしました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 節電や時短にも! 冷蔵庫を賢く使う4つのポイント

会員登録・変更