1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 主人がかまってくれず、私に魅力がないのかと不安です

主人がかまってくれず、私に魅力がないのかと不安です

nana_columnicon

“自分のアンテナは“夫が7で、子どもは3”くらいがちょうどいい?

なんでわかってくれないの?とか、私と結婚した主人なんだから私のことわかってくれるハズ!とか、その思い込みが一番ケンカの原因になるのよ。「夫だからわかってくれるハズ」とか「言わなくても気付いてくれるハズ」とかは本来ないものだから。気付いてくれるのは、血がつながった子どもだけ。だから実際、子どもはわかってくれるわけじゃない?

夫とは血がつながっていないからこそ、もっと思いやりをもたないといけないの。だから、自分のアンテナを張り巡らせるのは、“夫が7で、子どもは3”くらいでいいと思うのよ。バランスが崩れると子どもには過干渉になっちゃうし、夫は「ほっとかれている」と思ってしまって関係が悪くなっちゃう。

吉井奈々

columnpic_04

愛があればわかってくれるなんて、恋愛して1、2年よ。最初は相手のことを知りたい、わかりたいって努力するけれども、結婚した途端、もう私のこと全部わかってくれてるだろうってなっちゃう。それまでの数年はわかってるだろうけど、今のこの状態はわかっていないんだから、わかってもらえるようにしなきゃだめだよね。

私の場合、夫に求めるんじゃなくて、自分から言う。聞いてくれなくても、「このネイル、かわいいでしょう♪うん、私かわいいの!」とか自己完結して終わるようにしてる(笑) 答えが無かったら、「私がかわいすぎて言葉失ってるね!」とかお笑いでネタっぽくしてる(笑)やっぱりユーモアが大切だよね。女優女優女優!私は女優!って自分でおまじないを唱えて、おもしろい自分を演じるの。おうちは舞台、私は女優よ!って(笑)

やってほしいことをやってくれないときに私は「なんで自分の食べたもの片づけてくれないの?チューするよ!」とか言って(笑)「チューするよ!」は私がケンカするときに必ず出てくるフレーズ。うちではチュー貯金いっぱいたまってるわよ(笑)みんなもやってみて。これも夫婦円満のレシピのひとつよ♪

<< かまってちゃん”を卒業!パズルでも始めてみたら?!

あなたも吉井奈々さんに
相談してみませんか
nana_btn

吉井奈々

プロフィール吉井奈々 接し方アドバイザー
元男性でありながら、女性として中学時代の同級生と結婚をし「普通の女性の幸せ」を手にいれる。

現在は、10代より数々の経験を通して導き出した「人との接し方」や「仕事も、恋愛も、人間関係も、がんばらないで上手くいくコミュニケーション」、また「恋愛上手は仕事上手」などを伝えている。

自身の結婚を機に、恋愛、コミュニケーションを学びながら相談できる「ウィステリア」を設立し、多くの悩める人たちのサポート・アドバイスをしている。人と接することの大切さ、女性と男性の生き方、家族のパートナーシップ、頑張らないホスピタリティなどの授業をメインになどを、複数の大学にて教鞭をとる。

「解決!ナイナイアンサー」では「性転換した大学講師」としてレギュラー出演中。

http://ameblo.jp/xoxo-nana-xoxo/
■ameba オフィシャルブログ
「昭和の母から学んだ、女らしさと男らしさ…」更新中

  1. 1
  2. 2
この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 主人がかまってくれず、私に魅力がないのかと不安です

会員登録・変更